グローバルな生産環境におけるコストマネジメント|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

グローバルな生産環境におけるコストマネジメント
~サプライチェーンの最適化とIFRSの活用~無料

ご案内

 サプライチェーンの拡大、複雑化により、経営の意思決定に役立つ情報の把握が難しくなっています。東日本大震災では、工場の被災や物流網の寸断など調達・供給網が大きなダメージを受けましたが、その影響は国内に留まらず海外にまで及ぶことが明らかになり、サプライチェーン再構築の必要性が認識されることとなりました。サプライチェーンの最適化には、本社がグループ企業全体を通じてその影響を把握すべく、全体最適の視点で、連結経営のための情報を収集・管理する仕組みの重要性が高まっています。
 また、昨今の急激な為替相場の変動は、安定的な経営戦略の実行を妨げる主要因となっており、為替の変動に左右されない経営判断のためにも、グループ企業全体を通じた損益情報把握の重要性が増しています。
 本セミナーでは、グローバルにまたがる情報収集・管理において共通のものさしとなるIFRSの活用方法と、サプライチェーン全体を一つの会社と見なす新しいコンセプトによる損益情報の把握手法についてご紹介いたします。

開催概要

日時 【名古屋】2012年2月3日(金)14:00~16:50(13:30受付開始)
【大  阪】2012年2月17日(金)14:00~16:50(13:30受付開始)
場所
  • 住 所: 〒451-6028 愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー
  • 会場名: 名古屋ルーセントタワー28F RoomG・H
  • 住 所: 〒556-0011 大阪市浪速区難波中2-10-70 パークスタワー
  • 会場名: パークスタワー19F セミナールーム
定員 【名古屋】30人
【大  阪】40人
主催 株式会社 日立ソリューションズ
協賛 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
対象 製造業における経営企画、 原価管理・原価企画部門、 生産技術部門の責任者の方
なお、同業者(ITベンダー、コンサル)の方はお断りすることがあります。 
費用 無料

セミナープログラム

14:00~ ご挨拶
14:05~

グローバル生産時代における製造業とIFRS

 東日本大震災を通じて、多くの製造業では自社のサプライチェーンの実態を正確に掴んでいなかったこと、また、それを掴むことがいかに困難なことかを思い知らされました。これは様々なサプライチェーンリスクの1側面を示していますが、これからのグローバル生産時代においては生産拠点の集中と分散を様々な視点で検証することが重要な経営課題といえます。
 検証作業をより有効なものとするためにはグローバルで共通のものさしが必要であり、それは「貨幣価値による評価」と「貨幣評価の基礎となる会計基準の共通化」ともいえます。
 本セッションでは、最新のIFRSの動向をふまえ、グローバル生産時代の製造業にとって、IFRSが単なる会計基準の変更という位置づけではなく、「貨幣評価の基礎となる会計基準の共通化」という経営管理のインフラ改革として捉える考え方について考察します。

株式会社ビジネスブレイン太田昭和
アカウンティングコンサルティング本部CPA部 部長
公認会計士 早川 功剛

14:55~ ご休憩
15:10~

製造業における新しいグローバルコストマネジメント

 グローバル・サプライチェーンが拡大・複雑化し、流通コストが増大する中で製品別・顧客別など意思決定に役立つ単位での連結利益が把握できない企業が多くなっています。従来の原価計算では会社別・工場別の製品原価しか計算することができません。また、管理連結処理のセグメントを詳細化して製品・顧客の利益を把握することは手間の面で限界があるようです。
 この課題を解決するためには、従来とは異なる考え方と仕組みが必要となります。ベースとなるのは、サプライチェーン全体を一つの会社と見なす新しいコスト・利益の捉え方です。そして、各社の既存システムを最大限有効活用するなど実現性を重視したIT活用方法です。
 本セッションでは、製造業への調査結果や取組み事例などを交えて、この仕組みについてご紹介します。

株式会社ビジネスブレイン太田昭和
マネジメントコンサルティング本部
シニアマネージャ 川手 健次郎

16:00~

グローバル競争時代の原価企画

 世界市場で勝てる機能・価格の設定とその実現力。その力を付けるためには、製品毎の実力値(実際原価)の正しい把握と、それに基づく原価企画(収益計画→目標原価の設定と達成シナリオ)が必要です。さらに、グローバルなサプライチェーンも考慮したうえで、目標通りに実践できているかを評価するという大きなPDCAサイクルを廻し、コストマネジメント力の一段のレベルアップを図る必要があります。
 本セッションでは、そのようなPDCAサイクルの実現を支援する、原価企画パッケージCostProducerと、原価管理パッケージCostACCとの連携によるソリューションを、事例を交えてご紹介します。

株式会社日立ソリューションズ
産業サービスソリューション本部
担当部長  板東 司

16:50 終了予定
お申し込み

定員に達した場合は、その時点でお申し込み締切りとさせていただきます。
開催日の2営業日前にて、お申し込みを締切らさせていただきます。
※都合により内容が変更される場合がございます。予めご了承ください。
※本セミナーは、法人向けエンドユーザ様を対象としたセミナーとなっております。
 個人の方・同業の方のご参加はご遠慮いただけますようお願い申し上げます。

セミナーお申し込み

セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するご質問などお問い合わせください。

【名古屋】中部営業本部 営業第3部 第1グループ 担当:青山、鈴木
Email:hayato.aoyama.wh@hitachi-solutions.com
TEL:052-569-2177 FAX:052-569-2178

【大  阪】関西営業本部 産業システム営業第2部 第2グループ 担当:田鍋
Email:masaaki.tanabe.he@hitachi-solutions.com
TEL:06-6647-9490 FAX:06-6647-9409

セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-958-545 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

セミナーに関するお問い合わせ

日立ソリューションズ 論より証言