閉じる

GeoMation 農業支援アプリケーション

オプション

作業状況の可視化から施肥設計まで、
多彩なオプションを用意しています。

圃場・土壌管理スマートデバイスオプション

タブレットPCを使って、作業現場で簡単に圃場情報を利用・登録が可能です。

現地で圃場情報や肥料・農薬の情報の参照、撮影した写真や各種情報の保存が出来るため、現地作業の効率が向上します。

対応製品:圃場・土壌管理システム

特長

  • GPSにより圃場の場所と情報を正確に把握することができます。
  • 圃場情報の参照や検索機能により、現地で圃場の情報を簡単に調べることが出来ます。
    操作方法は、圃場・土壌管理システムのPC向け製品と同じなので違和感なく使えます。
  • タブレットPCの利用により、指で画面をタッチして操作ができます。(ペンの利用も可能)
  • データベースソフトや他のソフトが不要なため、低価格で導入できます。

タブレットイメージ画像
タブレットイメージ画像

このページの先頭へ

衛星画像解析オプション

衛星画像を利用して、小麦の生育予測や水稲のタンパク含有量の解析を行えます。

解析結果を利用して、小麦の適時刈取りにより乾燥コストの削減、品質の向上に役立てることができます。
また、水稲については、適切な施肥計画に利用することで高品質なお米の安定生産に寄与します。

対応製品:圃場・土壌管理システム

小麦の生育予測値を算出

圃場ごとに小麦の生育度を色分け表示します。
さらに、圃場内の生育むらの表示や、倒伏場所の表示、倒伏比率リストの出力が可能です。
小麦集団単位での小麦生育マップの利用により、刈取り順序の計画もスムーズに行うことができます。

畑作地域の衛星画像(マルチスペクトル画像)

圃場内部の生育状況を表示した画面

小麦の圃場単位での生育度を表示した画面

水稲のタンパクを解析

NDVI値により水稲のタンパク含有量を計測し、圃場ごとに色分け表示します。
圃場データベースを活用して、移植日を基点とした解析ができ、解析結果も地図データベース上に保存できるため、単なる画像解析ではなく、より信頼性のある分析を行えます。
収量と品質向上、適正な肥料の選択などに役立ちます。

圃場内部の食性指数を表示した画面

水田地域の衛星画像

マルチスペクトル衛星画像

このページの先頭へ

施肥設計オプション

土壌の状態、作物、生育ステージから最適な肥料の種類と量を導き、「土づくり」を支援します。

土壌分析データ、作付作物、土性、地域の施肥基準を利用して、土、作物、地域に合った最適な施肥設計を行えます。

対応製品:圃場・土壌管理システム

施肥設計ノウハウを共有

営農指導員が作成した施肥パターンを登録しておき、他の指導員もこれらの施肥情報を共有できます。
また地図を利用して圃場ごとに過去の施肥の情報を登録し、利用できます。

施肥設計ノウハウを共有

このページの先頭へ

農作業管理オプション

農業機械の位置や作業状況を地図上でリアルタイムに確認できます。

GPSを利用して農業機械の位置を地図上に表示し、農作業の状況をリアルタイムに管理。小麦の収穫状況やトラクターの安全運行、防除ヘリの作業エリアの把握、収穫した作物の運送トラックの位置管理など、さまざまな用途で、作業効率の向上を図ることができます。

対応製品:圃場・土壌管理システム

特長

小麦の収穫状況の管理

農業機械の現在位置をリアルタイムに把握し、作業状況を地図上で確認できるので、コンバインの運行計画の効率が向上し、収穫前・収穫中・収穫後の色分け表示も可能です。

トラクターや輸送トラックの位置の表示

それぞれの機械の位置や運行状況を確認できるため、作業指示、安全運行管理など、さまざまな目的で利用できます。

防除ヘリの作業状況の表示

地図上に防除ヘリの運行軌跡をリアルタイムに表示できるので、防除したエリアを地図上で確認できます。

広域表示画面

広域表示画面

作業状況を色分け表示した画面

作業状況を色分け表示した画面

このページの先頭へ

生産履歴管理オプション

圃場図と関連づけて農薬の使用情報、肥培管理、耕種概要などの生産履歴情報を登録し、必要に応じて検索、印刷、表示を行えます。

生産履歴の記帳と管理を簡単な操作で行える環境を提供することで、農薬の適正使用基準に従った積極的な食の安全・安心への取り組みをサポート。また、生産履歴データベースの整備によって「産地づくり」や「トレーサビリティ」へ向けた基盤を構築できます。

対応製品:圃場・土壌管理システム

入力作業の負担を最小化

生産履歴情報をタイムリーに登録できる手段を豊富に用意。
インターネットでの登録はもちろん、OCRシートでの登録、FAX-OCRの利用、EXCEL シートでの電子ファイルも利用できます。
OCRシートに圃場番号、生産者情報、作付情報、土壌、作付に従った農薬リストがあらかじめプリントされるため、作業者は農薬使用月日と使用量を記入するだけ。
農薬の適正な使用量と使用時期の基準も表示されるので、農作業の指針としても利用できます。

生産履歴の登録確認画面

農薬の適正基準判定

農薬データベースを利用して、農薬の使用量、使用時期、使用回数をチェックし、成分比較による適正基準判定を行えます。
基準を超えた場合には、生産履歴の登録時に「基準外」のメッセージを表示します。

多彩な生産履歴データ帳票を作成

生産履歴データの条件検索、印刷などを簡単な操作で行えます。
たとえば、特定の農薬を使用した圃場を地図上に表示することも可能です。
また、さまざまな帳票を作成できます。

作物別資材使用一覧
作物別使用農薬一覧
生産者別資材使用一覧
生産者別農薬使用一覧
基準外生産履歴一覧
未提出者一覧

生産履歴の検索結果表示画面

各種帳票

地図連携による参照/検索/印刷が可能

地図上で圃場を指定し、その生産履歴を参照できます。
逆に、資材名や使用回数などの生産履歴の条件を設定し、該当する圃場を検索して地図上で表示・印刷することも可能。
地図と連携することで、生産履歴データベースを効率的に活用できます。

このページの先頭へ

ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ
ご購入前の商品に関する質問・ご相談など

ウェブサイトからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ