GeoMation 地理情報システム

データストレージ層

汎用RDBMSの利用はもちろん、レガシーGISや市販GISとも連携できます。

GeoMation 地理情報システムは、地図データベースとしてOracle Database、HiRDB、SQL Server等の汎用RDBMSを使用することができます。加えて「GeoMation 地理情報システム 地図データ変換オプション」を導入することにより、レガシーGISや市販GISデータとリアルタイムで連携し、それらをシステムで統合的に取扱うことができます。また、「GeoMation 地理情報システム 地図データ変換オプション」の機能を利用し、対象のデータをシステムに取り込み、地図データベースを構築するコンバータを提供することも可能です。

データストレージ層の図

このページの先頭へ

GeoMation 地理情報システム 地図データ変換オプション

OSやデータフォーマットを問わずに、さまざまな空間データへのアクセスをGeoMation 地理情報システム上から利用可能にします。

「GeoMation 地理情報システム クライアント」から、汎用RDBMSに格納されたGeoMation 地理情報システムの空間データと同様に「GeoMation 地理情報システム 地図データ変換オプション」で変換された空間データも扱うことができます。このため、ユーザ(クライアント)からは空間データのフォーマットの違いを意識することなく、どの地図に対しても同じ操作でアクセスすることができます。

このページの先頭へ

GXML入出力モジュール

GXML入出力モジュールをオープンソース化しました。

データストレージ層のG-XML(Version 2.0)に準拠したファイルを入出力できる 「GeoMation 地理情報システム 地図データ変換オプション」のソースコードをオープンソースとして公開しています。また本G-XML入出力モジュールの開発環境も提供しています。

ライセンスについて

著作権

本G-XML入出力モジュールの著作権は(株)日立ソリューションズが所有しています。

ライセンス

本G-XML入出力モジュールはGNU一般公衆利用許諾契約書(GPL)に準じてリリースされています。GPLライセンスの正式な条件については、http://www.fsf.org/licenses/を参照してください。本モジュールはLGPL2.1に準じてリリースしており、無償で使用することができます。

管理

本G-XML入出力モジュールは(株)日立ソリューションズが管理しています。

無保証

本G-XML入出力モジュールには保障はありません。あくまでも自己責任においてご利用ください。 サポートが必要な場合には(株)日立ソリューションズまでお問い合わせください。

オープンソースプログラムの改変

本G-XML入出力モジュールを改変し、複製または頒布する場合、オープンソースとして公開する必要があります。

ダウンロード

注:開発方法はG-XML入出力モジュール開発環境内にあるreadme.htmlを参照してください。

このページの先頭へ

ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ
ご購入前の商品に関する質問・ご相談など

ウェブサイトからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ