閉じる

GeoMation 点検業務支援システム

現場のデジタル化で、点検業務の効率化を。
GeoMation 点検業務支援システム

現場作業の効率化を実現

「GeoMation 点検業務支援システム」は、電力業をはじめ通信業や道路を管理する自治体といった作業員が行う巡視点検業務の効率化を支援します。MMS(※1)を使って取得した3D点群データを活用して訪問回数の削減、点検設備の優先順位付け等といった業務を支援します。
3D点群データから、電力柱、通信柱、架線(電力線、通信線等)などの点検対象設備を自動抽出する機能により、広範囲に点在する点検対象設備の位置や高さ、設備周辺の障害物の状況を一度に確認できるようになります。設備を自動抽出することで、現地へ出向いて行っていた点検業務にかかる時間の削減を支援します。

※1 MMS : 車載センサ「モービルマッピングシステム」の略称で、3Dレーザスキャナー、GPS、全周囲カメラ画像により3D位置計測を実施することができます。

点検業務支援システムの図
MMSで取得したデータから電信柱、架線、架線周辺障害物を抽出した例

このページの先頭へ

システムの特長

4つのステップで保守点検業務の工数を削減

① MMSによる3D点群データの取得
② MMS計測データのシステム登録
③ MMS計測データからの設備情報自動抽出
④ 地図システム(GIS)での確認

オブジェクトの抽出結果は、GeoMation 地理情報システム等で管理している設備管理データベースの設備管理番号と紐づけて管理することもできます。

点検業務支援システム データ連携イメージ図
点検業務支援システム データ連携イメージ図

点検対象物の自動抽出により現状を素早く把握

オブジェクト抽出技術(特許第6069489号(特許権者 株式会社日立製作所))により、MMSにより収集した膨大な3D点群データから、点検対象物(オブジェクト)を自動で抽出、計測します。さらにGeoMation地理情報システムで管理する設備管理情報を用いることで、オブジェクト抽出率の向上が可能となっています。現在、以下のオブジェクトの抽出が可能で、今後他の設備も拡張していきます。

電力柱、通信柱、架線(電力線・通信線等)、架線周辺の障害物、電柱付帯設備

点検業務支援システム イメージ図
設備位置や架線と電信柱などを自動抽出         樹木などの障害物を自動検出


システム活用の効果例

  1. 業務の効率化
    点検対象物の自動抽出により、広範囲に広がる点検対象物の調査を効率的に実施することが可能です。
  2. 点検品質の向上
    測量機器であるMMSのデータ活用により、離隔計測等の目視点検時に発生する作業者ごとの差異の発生を防ぐことができ、点検結果の品質向上につながります。
  3. 点検計画の策定支援
    本システムの解析結果を蓄積することで、設備状況の変化を確認することが可能となるため、点検業務の中長期計画の基礎データとしての活用も期待できます。

このページの先頭へ

ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ
ご購入前の商品に関する質問・ご相談など

ウェブサイトからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ