イノベーションを創出するGISなら日立ソリューションズ GeoMation

GeoMation 農業支援アプリケーション 圃場・土壌管理システム

概要

効率的な営農支援を実現する、さまざまなシステムを提供。
既存システムとの連携にも柔軟に対応します。
航空写真や衛星画像を利用して圃場データの作成も簡単!

圃場・土壌の情報を地図と関連づけて管理するシステムです。
生産者ごとの圃場の作付体系、収益性などを的確かつタイムリーに把握する事を可能にし、現状に即した具体的な営農計画の樹立をサポートします。 C/S、スタンドアロンなどの運用方法を選べます。
航空写真・衛星画像上での圃場図作成はもちろん、GPSの座標情報を入力して圃場図を作図することもできます。
これにより圃場データベース構築の効率を改善し、より正確な圃場作図が可能になります。

特長

圃場情報を管理

圃場情報を管理

圃場情報を地図とリンクさせてきめ細かく管理することで、さまざまな活用が可能になります。

  • 作付状況に基づいた営農計画支援
  • 作付の経年管理による正確な輪作体系の管理
  • 生産履歴データの活用
  • 土壌の適正な管理
  • 飛地を表示した個人別圃場図の印刷
  • 生産者集団ごとの圃場図による作付・収穫管理

土壌情報を管理

土壌情報を管理

地図上の圃場図と土壌の情報をリンクさせて登録し、利用できます。

  • 土壌の分析値によって圃場を色分け表示します。
  • 過去の土壌分析データを登録可能。これにより収量との関連性を把握でき、作付計画に役立ちます。
  • 土壌分析データと土壌生産性分級図との組み合わせ、作付作物のデータを利用して、最適な施肥設計を行えます。*1
  • 土壌の条件を指定して条件に適合する圃場を検索できます。

*1 別途施肥設計オプションの追加が必要です。

水田情報を管理

水田情報を管理

水田の情報を地図上の圃場図に登録し、耕作者の年齢別、所有者別、集団別など、さまざまな条件による圃場の色分け表示を行えます。
これらのデータは、農地の集約、休耕地対策、転作面積の管理、農作業受委託管理など、さまざまな業務に利用できます。

Column

地理情報システムに関する空間情報活用コラムを不定期に掲載しています。ビジネスで地理情報システムを活用する際に役に立つ基礎知識や、将来の展望などをやさしく紹介していますので、ぜひご覧ください。