イノベーションを創出するGISなら日立ソリューションズ GeoMation

GeoMation 地理情報システム データストレージ層

概要

汎用RDBMSの利用はもちろん、レガシーGISや市販GISデータとも連携できます。

多彩なデータ連携によるGISプラットフォーム

GeoMation 地理情報システムは、地図データベースとしてOracle Database、HiRDB、SQL Server、PostgreSQL、等の汎用RDBMSを使用することができます。加えて「GeoMation 地理情報システム 地図データ変換オプション」を導入することにより、レガシーGISや市販GISデータとリアルタイムで連携し、それらをシステムで統合的に取扱うことができます。また、「GeoMation 地理情報システム 地図データ変換オプション」の機能を利用し、対象のデータをシステムに取り込んだり、地図データベースを構築するための特殊なコンバータを開発することも可能です。

GeoMation 地理情報システム 地図データ変換オプション

OSやデータフォーマットを問わずに、さまざまな空間データへのアクセスをGeoMation 地理情報システム上から利用可能にします。

「GeoMation 地理情報システム クライアント」から、汎用RDBMSに格納されたGeoMation 地理情報システムの空間データと同様に「GeoMation 地理情報システム 地図データ変換オプション」で変換された空間情報/位置情報も扱うことができます。このため、ユーザ(クライアント)からは空間データのフォーマットの違いを意識することなく、どの地図に対しても同じ操作でアクセスすることができます。

GXML入出力モジュール

GXML入出力モジュールをオープンソース化しました。

データストレージ層のG-XML(Version 2.1)に準拠したファイルを入出力できる 「GeoMation 地理情報システム 地図データ変換オプション」のソースコードをオープンソースとして公開しています。また本G-XML入出力モジュールの開発環境も提供しています。

ライセンスについて

著作権

本G-XML入出力モジュールの著作権は(株)日立ソリューションズが所有しています。

ライセンス

本G-XML入出力モジュールはGNU一般公衆利用許諾契約書(GPL)に準じてリリースされています。GPLライセンスの正式な条件については、https://www.fsf.org/licenses/を参照してください。本モジュールはLGPL2.2に準じてリリースしており、無償で使用することができます。

管理

本G-XML入出力モジュールは(株)日立ソリューションズが管理しています。

無保証

本G-XML入出力モジュールには保障はありません。あくまでも自己責任においてご利用ください。 サポートが必要な場合には(株)日立ソリューションズまでお問い合わせください。

オープンソースプログラムの改変

本G-XML入出力モジュールを改変し、複製または頒布する場合、オープンソースとして公開する必要があります。

ダウンロード

注:開発方法はG-XML入出力モジュール開発環境内にあるreadme.htmlを参照してください。

Column

地理情報システムに関する空間情報活用コラムを不定期に掲載しています。ビジネスで地理情報システムを活用する際に役に立つ基礎知識や、将来の展望などをやさしく紹介していますので、ぜひご覧ください。