イノベーションを創出するGISなら日立ソリューションズ GeoMation

GeoMation 位置情報活用マーケティングソリューション

位置情報を活用して
お客様とより良いコミュニケーションを!
GeoMation 位置情報活用マーケティングソリューション

概要

位置情報を活用して企業と顧客のエンゲージメントを強化

近年、企業では蓄積された様々なデータ(購買履歴、Webサイト、広告、SNS、位置情報など)を活用し、お客様とのエンゲージメントを強化するデジタルマーケティングへのシフトが加速しています。
その一方で、蓄積されたデータは、業務ごとに分散し、フォーマットが異なり、またデータ量が飛躍的に肥大化しているなどの原因で、データ分析の精度低下や、それを避けるためのデータクレンジング作業におけるコスト増大など、さまざまな課題が生じています。
「GeoMation 位置情報活用マーケティングソリューション」は、これらの課題を解決するため、高精度なデータクレンジング機能、ロケーションインテリジェンス機能、AI連携機能を提供し、企業のマーケティングを強力に支援します。

地理情報(GIS)にAIを活用して営業支援

特長

データクレンジングで優良顧客を発見

複数の業務アプリケーションに登録された顧客情報を統合する時には、住所や名前、電話番号などの正規化・書式整形を行い、重複削除や名寄せを行います。
特に、名寄せの精度向上に重要な住所情報においては、市町村の住所改定にも対応し、最新の情報に正規化するなど、きめ細やかに対応します。さらに、住所情報が一致するメンバーを家族として世帯名寄せも行います。
これにより、企業は、ダイレクトメールの重複配信の防止や、世帯単位でのキャンペーン情報の提供など、顧客満足度の一層の向上を図れます。

データクレンジングで優良顧客を発掘
住所名寄せと世帯名寄せによる顧客満足度(CS)の向上

ロケーションインテリジェンスで分析&顧客コミュニケーションを

複数の業務アプリケーションに登録された顧客情報や購買情報、スマホアプリから取得できるGPS情報、市販の地図統計情報などの公開データを統合・分析し、顧客の性別や年齢、収入などの顧客属性や嗜好、来訪頻度などの行動パターン、現在位置を地図上で可視化します。
企業は、これにより、商圏分析や出店戦略策定に加え、顧客の位置情報を活用したスマートフォンへの広告のプッシュ通知、通行人の属性に合わせたデジタルサイネージへのコンテンツ配信など、効果の高い広告戦略を策定することができます。

位置情報を活用した分析でマーケティングや顧客コミュニケーションを

AI × GIS でより高度なマーケティングを

「GeoMation 位置情報活用マーケティングソリューション」は、AIへのパラメータとしていた従来のテキストベースの情報に加えて、空間的な特性を付与した各種情報を提供し、AIに新しい視点を与えます。また、AIで得られた結果を地図上に表示することで、結果に対する理解を深められます。
例えば、企業が保有する顧客情報、営業情報だけでなく、顧客位置に関する空間的特性(道路密度、半径500m以内の競合店舗数…など)をAIに投入することで、売上予測や成約予測において、従来より精度の高い予測をめざします。

空間的な特性をAIデータとして活用

本ページで利用している地図コンテンツは、地理院タイルです。(©地理院タイル

Column

地理情報システムに関する空間情報活用コラムを不定期に掲載しています。ビジネスで地理情報システムを活用する際に役に立つ基礎知識や、将来の展望などをやさしく紹介していますので、ぜひご覧ください。