イノベーションを創出するGISなら日立ソリューションズ GeoMation

適用例 トンネル内所在管理

手軽な無線通信機器を使って、トンネル建設現場の安全管理強化をサポートします。

※NETIS登録済み(登録番号:KT-160040-A)

課題

  • 入坑札の利用忘れにより、十分な入坑管理ができていない。
  • トンネル内のどこで誰が作業しているかをリアルタイムに把握し、より高度な安全管理をしたい。
  • トンネル内で重機等の位置を把握し、効率的に作業したい。

解決イメージ

  • トンネル内に数10mから100m程度の間隔でルータを設置し、作業員にタグを携帯してもらうことで、
    作業員の入抗状況だけでなく、トンネル内の位置を把握し、現場の見える化を実現。
  • 重機にもタグを装着することで、重機の位置や稼働状況も把握でき、作業効率化や台数最適化に貢献。
  • 日々変わる業者の入坑履歴を正確に管理でき、ニューノーマルに対応。
トンネル内で位置を確認

対応製品

Column

地理情報システムに関する空間情報活用コラムを不定期に掲載しています。ビジネスで地理情報システムを活用する際に役に立つ基礎知識や、将来の展望などをやさしく紹介していますので、ぜひご覧ください。