活文とイノベーション

 

すべてはビジネスデータを活かしきるために
日立ソリューションズ
サイトマップ

活文とイノベーション

活文コンセプトストーリー Part 4 『イノベーションの成長プロセス』

企業は、事業発展のためにイノベーション戦略に取り組んでいます。そして、そのプロジェクトを任されたイノベーターは、イノベーションが実を結ぶ日まで、大切に育てていかなければなりません。私たちが、日々使っている文書や図面データなどのビジネスコンテンツ、これらは、イノベーションの「種」です。その「種」から、イノベーションを誕生させるか、眠らせたままにするかは、イノベーターの手腕にかかっています。活文が、イノベーターとともに、どのようにイノベーションの成長プロセスを管理し、イノベーションを誕生させるかをご紹介します。

「ひらめく」「創る」「試す」という3つのプロセス
イノベーションの成長プロセスには、「ひらめく」「創る」「試す」という、3つのプロセスがあります。このプロセスが円滑に回るように管理することが、イノベーターの役割です。
その成功の鍵を握るのが、ビジネスコンテンツ活用の自由です。活文は、ビジネスコンテンツ活用の活性化によりイノベーションの誕生を導きます。
イノベーターは、活文ともにどのようにイノベーションを育てるのでしょうか。
「ひらめく」というプロセス
まず初めのプロセスは、「ひらめく」というプロセスです。
しかし、ゼロからひらめきを得るのは、難しいものです。「今までにない製品を生み出したい」と考えた時、欲しいのは「ヒント」です。今まで蓄積してきた膨大なビジネスコンテンツの中に、ヒントがあるはずです。
いつでもどこでもヒントを見つけ出す
イノベーターは、「どこにいてもすぐにヒントを見つけたい。」と思っています。そのような時、活文なら、膨大なビジネスコンテンツの中から、いつでもどこでもヒントを見つけ出すことができます。
例えば、イノベーターが電車で移動中でも、自宅でも、あるいは遠く離れた海外拠点のスタッフでも、求めるビジネスコンテンツを見つけることができます。だから、活文なら、ひらめきを逃がしません。
「創る」というプロセス
次のプロセスは「創る」というプロセスです。
ひらめきをもとにイノベーションのシナリオを創っていこう、とした時、プロジェクトメンバーの限られた知識だけでは、ひらめきは進化しにくいものです。その時、欲しいのは新しい知識のピースです。新しい知識を結合させると、イノベーションのシナリオが生まれます。
独創的なシナリオ創り
イノベーターは「異業種のビジネスコンテンツを活用したい。」と思っています。そのような時、活文なら、組織の壁を超えて、ビジネスコンテンツに知識を降り注ぐことができます。
例えば、作成中の企画書に、使いやすさを追及しているデザイナーや最新の技術を研究している学識者などの知識を、スムーズに結合・活用することで、企画書を進化させることができます。だから、活文なら、独創的なシナリオを創ることができます。
「試す」というプロセス
第3のプロセスは、「試す」というプロセスです。
シナリオから生まれたプロトタイプや設計図を、検証しなくてはいけません。しかし、プロジェクトメンバーだけでは、見えない部分があるので、検証に確信が持てません。あらゆる角度から試してみて、検証の精度を高める必要があります。
さまざまな人々とのビジネスコンテンツ共有
イノベーターは、「さまざまなビジネスコンテンツで検証したい。」と考えています。そのような時、活文なら、ビジネスコンテンツをさまざまな人々とスムーズに共有できます。
例えば、さまざまなビジネスコンテンツを使って、経営者とは採算性を、ユーザーとは使い心地を、販売会社とは販売計画などを、横断的に検証することで、見えなかった部分が見えてきます。だから、活文なら、進むべき方向が確かになります。
ビジネスコンテンツ活用の自由を実現する活文
イノベーションの成長プロセスの円滑な回転のために、ビジネスコンテンツ活用の自由を実現する活文。イノベーターは、活文とともに、協創作業を活性化させ、イノベーションの誕生を導きます。
お問い合わせ・資料請求 ご購入前の商品に関する質問・ご相談などお電話でのお問い合わせ資料ダウンロードウェブサイトからのお問い合わせ
お問い合わせ ご購入前の商品に関する質問・ご相談など お電話でのお問い合わせ ウェブサイトからのお問い合わせ 資料ダウンロード