活文 Contents Lifecycle Manager 11-50 出荷開始のお知らせ|株式会社日立ソリューションズ

サポート情報

| 活文 Contents Lifecycle Manager 11-50 出荷開始

すべてはビジネスデータを活かしきるために
日立ソリューションズ
サイトマップ

トップにもどる

コンテンツ活用ソリューション 活文

活文 Contents Lifecycle Manager 11-50
出荷開始のお知らせ

活文 Contents Lifecycle Manager 11-50 2018年6月出荷開始

文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」の最新版の出荷を6月から開始しました。
新バージョンでは、主に対応OSや対応データベースなどの拡充、HTML5版画面の機能拡充を強化しました。

今後とも、さまざまなビジネスやお客様のニーズに適合する文書管理ソリューションを提供してまいりますので、よろしくお願いいたします。

機能追加内容

活文 Contents Lifecycle Manager
機能 概要
対応OSの拡充 OSとして、Microsoft Windows Server 2016 をサポートしました。
対応データベースの拡充 データベースとして、Oracle Database 12c Release 2 をサポートしました。
対応仮想環境の拡充 サーバー仮想化環境に、VMware ESXi 6.5 を追加しました。
HTML5版画面の機能拡充 (*1) 登録可能なファイルを拡張子で指定する機能をサポートしました。

(*1) 新旧Web画面で稼働環境、機能における差異があります。詳細はお問合せください。

多言語対応オプションについて、本バージョンの機能は次バージョン以降での対応を予定しています。

お問い合わせ・資料請求

ご購入前の商品に関する
質問・ご相談など

ウェブサイトからのお問い合わせ 資料ダウンロード

お問い合わせ・資料請求

ご購入前の商品に関する
質問・ご相談など

ウェブサイトからのお問い合わせ ウェブサイトからのお問い合わせ

資料ダウンロード 資料ダウンロード