活文 File Server Optimizer 12-00 販売開始のお知らせ|株式会社日立ソリューションズ

サポート情報

| 活文 File Server Optimizer 12-00 販売開始

すべてはビジネスデータを活かしきるために
日立ソリューションズ
サイトマップ

トップにもどる

コンテンツ活用ソリューション 活文

活文 File Server Optimizer 12-00
販売開始のお知らせ

活文 File Server Optimizer 12-00 2019年12月販売開始

この度、ファイルサーバスリム化「活文 File Server Optimizer」の最新版の販売を2019年12月から開始します。

新バージョンでは、より幅広い環境でご利用いただけるよう、64bitOSのサポート、SMB1.0が無効化された環境への対応拡充、DFS(Distributed File System)が適用されているファイルサーバへの対応等を行いました。

以下に、バージョンアップ内容についてご案内いたします。

バージョンアップ内容

機能 概要
新プラットフォーム対応 管理対象データの大規模化に対応するため、64bit環境での動作をサポートしました。
あわせて、活文 File Server Optimizerの前提OSとして、Windows Server 2019に対応しました。
Java11 サポート 活文 File Server Optimizerの前提製品であるJava(Oracle JDK)で、Java11に対応しました。
SMB1.0無効化対応拡充 SMB1.0が無効化された環境で、ゴミ箱機能が利用できるようになりました。(*1)
高速クローラ改善 高速クローラ(コマンド)で、管理フォルダのサブフォルダを指定したクローリングが行えるようになりました。
DFS環境サポート DFS(Distributed File System)が適用されているファイルサーバを、活文 File Server Optimizerの管理対象とすることができるようになりました。

(*1) SMB1.0が無効となっている環境では、活文 File Server Optimizerの一部機能、およびオプション製品はサポート対象外です。詳細は、お問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

ご購入前の商品に関する
質問・ご相談など

ウェブサイトからのお問い合わせ 資料ダウンロード

お問い合わせ・資料請求

ご購入前の商品に関する
質問・ご相談など

ウェブサイトからのお問い合わせ ウェブサイトからのお問い合わせ

資料ダウンロード 資料ダウンロード