活文 Managed Information Exchange 12-51 出荷開始のお知らせ|株式会社日立ソリューションズ

サポート情報

| 活文 Managed Information Exchange 12-51 出荷開始

トップにもどる

コンテンツ活用ソリューション 活文

活文 Managed Information Exchange 12-51
出荷開始のお知らせ

活文 Managed Information Exchange 12-51 2020年12月出荷開始

平素より格段のご配慮賜り深謝申し上げます。
この度、弊社製品「活文 Managed Information Exchange 12-51」の出荷開始についてご案内いたします。

今後も、お客様のニーズに適合する企業間情報システムとなるよう製品をご提供してまいりますので、よろしくお願いいたします。

バージョンアップ内容

今回のバージョンアップにより、次の機能追加・改善を実施しました。
詳細は、日立ソリューションズ@Service24にお問合せください。

分類 機能 概要
利用者向け
新機能
Zoom連携 活文 Managed Information Exchange の記事から、Zoomのオンラインビデオ会議を登録できるようにしました。 Zoomでのオンラインビデオ会議に、活文 Managed Information Exchange でのコミュニケーションを組み合わせることで、よりセキュアな会議が可能になります。
※別途Zoomライセンスが必要です。詳細は、担当SE、担当営業にご相談ください。
ファイル形式チェック 特定の拡張子のファイルを登録する際に、独自のファイル形式チェックをアドインできるようにしました。 アドインでファイルの形式をチェックし、不正なファイルを登録できないようにします。
通知メールへのファイル添付 ファイルを添付したメール通知ができるようにしました。 通知メールでファイルの配布が可能になります。
高速転送機能デフォルト利用化 大容量・高速転送機能の利用をデフォルトで有効にできるようにしました。 大容量ファイルの送受信操作がしやすくなります。
管理者向け
新機能
ユーザ有効期限 ユーザごとに有効期限を設定できるようにしました。有効期限切れのユーザは、ログインできないようになります。
動作環境 フレームワークのEOL対応 活文 Managed Information Exchange がWebアプリケーションのフレームワークとして利用している Spring Framework(*) 4.3が、2020年12月末にEOL(アップデート提供終了)となるのに伴い、Spring Framework 5.2 への更新を行いました。
(*) Spring Framework:Javaプラットフォーム向けのオープンソースアプリケーションフレームワーク
Microsoft Edge対応 サポートブラウザに、Chromiumベースの新しいMicrosoft Edgeを追加しました。

活文 Managed Information Exchange の動作環境につきましてはこちらをご確認ください。



お問い合わせ