ページの本文へ

Hitachi

画像判定トータルソリューション

長年培った画像処理技術とAIノウハウを使って、人の目視作業から解放し、貴重な人財の高度活用を支援します。

少子高齢化による労働力不足、技術継承は、日本の企業が抱える大きな課題です。
なかでも製造業は、製品の検品作業や欠損の分類、設備のモニタリング、図面探しなど、
人による目視作業が欠かせません。一方、熟練技術者の引退、若手人材の不足もあり、
技術継承や品質の均質化が困難な状況となっています。
画像判定トータルソリューションは、長年培った画像処理技術とAIのノウハウを活用し、
さまざまな判定作業を自動化します。

現場の課題を解決し、高品質の維持と生産性の向上を支援します。
人を目視作業から解放し、人財の高度活用を支援する―それが、
画像判定トータルソリューションのミッションです。

画像判定トータルソリューション
3つの強み

業務に最適なAI活用を
コンサルティング

さまざまな業界や業務の課題に対する
提案実績を活かして、
お客様の目視業務の課題に対する最適なAIの
活用領域・活用方法、AI適用時における
効果的な人とAIの分担を提案します。

必要な設備・ソフトウェアを
トータルで支援

多種多様な検証実績を活かした、
最適なカメラ・照明選定を含めた撮像環境支援から
画像処理、AI学習、保守までご提案。
システム・インフラの構築、
アプリケーション開発などのSI作業を含めて
ワンストップでご提案します。

保守・再学習まで継続的に
サポート

さまざまな現場における組込ソフト開発で培った
画像処理技術、
システム構築やビッグデータ解析で
蓄積したAI技術、
それらを組み合わせた独自技術を、
保守・再学習を含めて継続的にサポートします。

コンサルティングから導入、保守まで
ワンストップで提供します。

日立ソリューションズは、画像データをまだお持ちでないお客様であっても、
画像を取得する段階の撮影環境構築やハードウェア選定といったコンサルティング部分からサポートします。

STEP1:コンサルティング 課題整理、STEP2:要件定義、STEP3:画像取得 撮影環境構築、STEP4:PoC 実証実験、STEP5:PoV 試験導入、STEP6:本番稼働、STEP7:運用保守

ソリューションの流れ

継続的な再学習サポートにより、
判定精度を向上させます。

画像処理:最適な画像加工ができるアルゴリズム、ツールを選択 機械学習(AI) 最適な機械学習法:Deep Learning技術の設定 データ分析:特徴量の統計解析可視化ツールによるAI判断分析 判定処理 ・検出閾値設定 ・異常判定チェック ・ライン制御etc 追加画像データ 再学習サポート

保守運用サポート

カメラ選定、撮像環境構築支援、
システム・インフラ構築、
アプリケーション開発など
SI作業も含めて実施

お問い合わせ