ページの本文へ

Hitachi

画像判定トータルソリューション

ユースケース

外観検査ソリューション

  • 物体検知
  • 画像分類
  • コスト削減
  • 検査品質確保

製造業

目視検査削減。異物、傷、汚れ
などを高精度に判別・分類。

課題

異物・汚れ・キズ・打痕などの不良の分類は、人手による目視検査を実施しているが、工数がかかるうえ、個人の技能にバラつきがあったり、長時間作業の疲れによりパフォーマンスが下がったりするなどの問題がある。

解決策

生産物の不良をAI が学習し、異物・汚れ・キズなどの異常種別の判定結果を確率で出力することにより、人手による工数を削減するとともに、検査品質のバラつきを解消。また既存システムとの連携により異常品を自動仕分けできます。すでに外観検査装置を導入していて精度が良くない場合にも適用可能です。

お問い合わせ