ページの本文へ

Hitachi

画像判定トータルソリューション

ユースケース

画像プライバシー
保護ソリューション

  • 物体検知
  • 画像匿名化
  • プライバシー保護

サービス・小売業

商業施設で
カメラで映し出される
対象物を自動で画像処理。

課題

サービス向上を目的に、店舗の混雑状況や催事の様子などを施設内のカメラでエントランスなどのモニターに映し出したい。しかしその際に人の顔が映り込みプライバシー侵害の懸念があるため、何らかの対策を立てる必要がある。

解決策

カメラで認識される個人を特定するようなセンシティブな対象物を切り出して、自動でモザイクやマスキングなどの画像処理が可能です。プライバシーを保護した動画を大型ビジョンなどに映し出せます。

サービス・小売業

公共施設で
個人を特定する映像を
自動で画像処理・
リアルタイム配信

課題

駅や空港などで事故などがあった際、遅延情報とともに施設内の混雑状況をカメラ画像で利用者に配信するサービスを検討しているが、その際に人の顔などが映り込みプライバシーの侵害が懸念される。

解決策

カメラで認識される個人を特定するようなセンシティブな対象物を切り出して、自動でモザイクやマスキングなどの画像処理が可能。プライバシー保護を施した画像をリアルタイムで配信できます。

お問い合わせ