日立ソリューションズがITモダナイゼーションセンターを開設し、日本マイクロソフトと共同でお客様IT資産のモダナイズを推進 クラウドを活用した新システム構築、システム再構築を支援

日本マイクロソフトと共同でIT資産のモダナイズを推進

ITモダナイゼーションセンター


ITモダナイゼーションセンターとは? EOS対策で必要なこと EOS対策ソリューション まかせて安心!

"ITモダナイゼーションセンター"が企業の対策を強力に後押し

“ITモダナイゼーションセンター”が企業の対策を強力に後押し

「最新製品への移行だけでも大変なのにクラウド移行まで検討する自信がない」「 Microsoft 365 なんて初耳。導入メリットなど見当もつかない」といった企業におススメしたいのが、日本マイクロソフトの支援を受けて日立ソリューションズが開設した“ITモダナイゼーションセンター”です。
ITモダナイゼーションセンターでは「ビジネスソリューション on Microsoft Azure 」をベースに、EOS対策は言うまでもなく、お客さまのIT資産のクラウドシフトを支援し、Microsoft Azure 環境への刷新を推進していきます。

※EOS:End of Support
ビジネスソリューション on Microsoft Azureとは(概要)

マイクロソフトが提供するクラウドサービスと日立ソリューションズの技術+業務ノウハウを組み合わせることで、さまざまな業務を「 Microsoft Azure 」上に刷新し、ITモダナイゼーションを実現するソリューションです。マイグレーションサービスをベースに、アプリケーション開発支援、ビジネスアプリケーション、マネージドサービスをハイブリッドで提供します。

図版:ビジネスソリューション on Microsoft Azure

ビジネスアプリケーション 第1弾

ビジネスアプリケーションのご紹介

基幹システム向けモダナイゼーションのご紹介

基幹システム向けモダナイゼーションのご紹介

■背景

某大手メーカーでは、事業規模の拡大と従業員数の大幅な増加に伴い、スクラッチで開発された基幹システムの機能追加を繰り返し対応してきました。

その結果、データ構造が複雑化/肥大化し、複数システムへの二重入力が必要になるなど業務が個別最適化され、煩雑化するという課題が発生していました。加えて、システム間のデータ連携が上手く機能していないため、経営者は経営情報をタイムリーに把握することが困難な状態に陥っていました。


■解決する課題

  • スクラッチで開発を続けてきた基幹システムのため、システムが複雑化/肥大化しており開発/運用/保守に関するコストが増加していた。
  • システム間のデータ連携が上手く機能しておらず、手作業で行う業務が多く、手順が煩雑化していた。
  • 経営情報をタイムリーに把握することが困難になっていた。

■モダナイゼーションの効果

  • 積極的にクラウドサービスを活用したことで、今後の事業環境変化へ柔軟に追従していくことが可能となった。
  • 「受注、納品、工数、外注、納品、検収」までのワークフローをシステム化したことで、手作業で行っていた従来のワークフロー業務を改善し、生産性を向上させることが出来た。
  • 鮮度の高い経営情報を収集することで、タイムリーな経営管理やデータ分析が可能となった。

■モダナイゼーションについて

日立ソリューションズは、背景のような老朽化した基幹システムをクラウドサービスや最新製品を最適な形で組み合わせることでモダナイゼーションを実現し、煩雑化した業務をシンプルに最適化致します。


財務会計システムをマイクロソフトのクラウドサービスである「Microsoft Dynamics 365」、勤務工数/人事・給与システムを弊社ソリューションの「リシテア」 、社内稟議ワークフローをマイクロソフト製品の「Microsoft SharePoint」とNintex社の「Nintex Workflow」、「Nintex Forms」の組み合わせで構築致します。運用開始後は、マイクロソフトの「Power BI」を活用して基幹システムに蓄積された企業データを分析/可視化することが出来ます。また、今後ますます増えるクラウド活用を見越してクラウド型ID管理サービスの「Okta」もご利用いただけます。


  • Nintex社の「Nintex Workflow」、「Nitex Forms」を利用
    ⇒ Microsoft SharePointを介して基幹システム間のデータ連携を自動化し、煩雑化した業務を改善。
  • 「Microsoft Dynamics 365」への置き換え
    ⇒ 肥大化/複雑化したデータ構造を標準化し、データリソースの運用・管理に関するコストを最適化。
  • 「Power BI」を活用
    ⇒ 蓄積された企業データをリアルタイムに収集/分析/可視化し、経営の意思決定をサポート。
  • クラウド型のID管理サービスに「Okta」を導入
    ⇒ Microsoft Office 365、Microsoft Dynamics 365、Salesforceなどのクラウドサービスのアカウント管理を効率化。

■基幹システム向けモダナイゼーション概要図

マイクロソフト主要製品のEOSラッシュ迫る

マイクロソフト主要製品のEOSラッシュ迫る
※EOS:End of Support

2019年から2020年にかけて、企業IT担当者にとって憂鬱な問題が迫っています。多くの企業で広範に導入され、企業ITにおいてかなりのウェイトを占めるマイクロソフト製品のEOS(サポート終了)対策です。2019年7月の「 SQL Server 2008 / R2 」に続き、2020年1月に「 Windows Server 2008 / R2 」と「 Windows 7 」で山場を迎え、同年10月には「 Office 2010 」…と主力製品のEOS(サポート終了)が続きます。
※ EOS:End Of Supportの略

図版:マイクロソフト主要製品のEOS予定


最新製品へのマイグレーションは不可避

最新製品へのマイグレーションは不可避

ほとんどのマイクロソフト製品は、市場投入後5年間のメインストリームサポートと、それに続く5年間の延長サポートの10年間を経てEOSを迎えます。この時点でセキュリティ更新プログラムや有償サポートを含むすべてのサポートが受けられなくなります。それ以降は新たな脅威に対し無防備な状態になり情報漏洩などのリスクが高まるため、例外なく最新バージョンへの乗り換えが必要となります。

図版:サポート終了後は脅威に対し無防備の状態に

対応次第では競争力低下も…これまでと異なる2つの事情

対応次第では競争力低下も…これまでと異なる2つの事情

今回のマイグレーションでは、シンプルに最新製品に乗り換えればOKだったこれまでとは少し事情が異なり、より深く複雑なアプローチが求められます。その背景にあるのが下記2つの事情です。

1.クラウドノーマル時代への対応
クラウドファーストならぬクラウドノーマルの時代に突入している今日。システムのクラウド移行を前提に検討するとなると、単なるマイグレーションでは済まなくなります。マイクロソフトのクラウドプラットフォーム Microsoft Azure なら、クラウド移行と同時のマイグレーションを最小限の工数/時間で実現できますが、導入後の運用もオンプレミスとは全く異なることから、今から余裕をもって準備を進める必要があります。
Microsoft Azure
2.ソリューション選択肢の拡大
Office ソフトをクラウド型で提供する Office 365 が登場したのが2011年6月。クライアントPCやサーバのOS製品で“WaaS(Windows as a Service)”コンセプトを打ち出してきた延長で、Windows 10 / Office 365 / EMS( Enterprise Mobility + Security )をパッケージで提供する Microsoft 365 も新たに登場しています(2017年11月)。導入済みの製品をそれぞれ最新版に移行するだけでなく、こうした最新ソリューションも踏まえ最適な選択を行う必要があります。
Microsoft 365

システムのクラウド移行や最新ソリューションの導入は企業の競争力を一気に高める可能性があるだけに、単なるマイグレーションにとどまらず、10年20年後の自社の飛躍を実現するために、今こそじっくり時間をかけて検討するべき時です。

【Inspire 2018 緊急レポート】 Azure 移行で更にサポート延長!の特典発表

Inspire 2018 緊急レポート/イメージ7月15日から19日まで米国のネバタ州ラスベガスで開催された Microsoft Inspire 2018 では、今年もさまざまなニュースが発表されました。このイベントは、全世界132か国から 1万7000名以上のパートナーが集まり、マイクロソフトのビジョン、戦略、製品、それらをベースとしたソリューション情報ならびに業界情報のセッションや展示会を通じて、まさにInspireされるイベントです。今回このイベントにおいて、SQL Server 2008 / R2 および Windows Server 2008 / R2 のサポート終了に関する新たなオプションが発表されました。
このオプションは「 Azure だけが SQL Server 2008 / R2 および Windows Server 2008 / R2 用の延長セキュリティ更新プログラムを無償で提供する」というものです。これにより、対象製品を Azure Virtual Machines に移行するだけでサポート終了からさらに3年間にわたって保護されることになります。まずはクラウド化を進めることで将来に向けた計画に時間を十分にかけたうえで、SQL Server 2017 や Windows Server 2019 などの新しいバージョンへのアップグレードや、Azure で提供されるリッチなプラットフォームやデータ サービスの活用を実施することができます。サポート期間が終了する前にすべての資産をアップグレードすることが難しい場合には、まずオンプレミス環境の Azure 移行からご検討されてみてはいかがでしょうか。

EOS対策ソリューション for Windows Server 2008
EOS対策ソリューション for SQL Server 2008
EOS対策ソリューション for Windows 7

EOS対策ソリューション for Windows Server 2008

EOS対策ソリューション for Windows Server 2008
※EOS:End of Support

モダナイゼーションの第1ステップとして、お客様のオンプレミスの既存システムをAzureへクラウドシフト致します。サードパーティの移行ツールを利用することで、オンプレミス(VMware、Hyper-V)や他クラウド(AWS)からAzureの仮想マシンへの移行をスピーディかつ確実に実現いたします。

また移行元/移行先のシステムを並行稼働させながらシームレスにデータの同期を行えるので、移行元のシステムに影響を与えずに移行先のシステムを安心して動作確認いただけます。


クラウドシフトに関するメニューとしましては、「コンサルティング」/「マイグレーション」/「仮想ネットワークとセキュリティ」/「マネージドサービス」の4つをご提供することで、下記のようなお客様のお悩みを解決致します。

  • どうやってクラウドを使ってシステム構築したらいいか分からない
  • クラウドの新しい技術を使ってシステムをモダナイズ(最新化)したい
  • 既存システムの棚卸を行い、サーバの統合・廃止をすることで運用コストを削減したい
  • OSのサポート終了をきっかけにクラウド環境に移行したい
  • パブリッククラウドでもオンプレミスと同様のセキュリティを確保したい
  • クラウド監視・運用だけでなく、アプリケーションの問い合わせなどを含めた幅広い対応をしてほしい
  • Azureのライセンスを包括的に提供してほしい

詳細情報はこちら からご覧ください


■Azureへのクラウドシフト


■ご提供メニュー



EOS対策ソリューション for SQL Server 2008

EOS対策ソリューション for SQL Server 2008
※EOS:End of Support

EOSを迎えるSQL Serverの移行や延命をお考えのお客様をご支援致します。

Data Migration Assistantによる事前アセスメントを実施することで、異なるバージョンのSQL Serverへ移行するための診断/評価を実施することができます。診断/評価によって移行に伴う問題を把握することで、コストの最適化や移行に伴うリスク低減を考慮した移行計画につなげてまいります。


詳細情報はこちら からご覧ください


■ご提供メニュー


■SQL Server の EOS 対策:移行シナリオ



EOS対策ソリューション for Windows 7

EOS対策ソリューション for Windows 7
※EOS:End of Support

コンサルティングから導入までWindows 10 を安全、確実に導入/支援致します。

Windows 10の仮想デスクトップをご導入いただくことで、働き方改革の一環として情報漏洩のリスクを低減しながら在宅勤務を推進することが可能になります。


Exchange Server 2010 または Share Point Server 2010 のEOS対策としまして、Office 365の導入/Exchange Server 2016 または Share Point Server 2016 へのアップグレードをご支援させて頂きます。

Office 365をご導入いただくことで、インターネットに繋がる様々なデバイスから最新機能のOfficeを利用することができます。またオンプレミスのように自前でサーバを購入して運用する必要がなくなるため、初期費用や運用費用を削減することが可能です。


詳細情報はこちら からご覧ください


■ご提供メニュー Windows 7 / Office EOS対策



■ご提供メニュー Exchange / SharePoint Server 2010 のEOS対策

『Office 365 への移行』

日立ソリューションズならまかせて安心

日立ソリューションズならまかせて安心
日立ソリューションズは、マイクロソフト社のGoldクラウドコンピテンシーパートナーであり、マイクロソフト認定 プロフェッショナル(MCP)を保有する技術者を1,300人以上※抱え、システムマイグレーションにおいて豊富な実績・ノウハウを誇ります。
インフラ移行にともなう既存アプリケーションの移行もサポート。マイクロソフトのテクノロジーだけでは実現できない課題やニーズに対応する多彩なソリューションをご用意しています。
※2018年8月時点
Gold Microsoft Partner
ノウハウ豊富な技術者がお客様の課題やニーズを解決
【オンプレ「 SQL Server 」の「 Microsoft Azure 」移行ならお任せを! 異種データベースから「 SQL Server 」への移行も支援します!】スマートライフソリューション事業部 クラウドソリューション本部 クラウドサービスビジネス部 葭矢 健太
【クラウドの「 Microsoft Azure 」や「 Office 365 」を活用してみませんか? お客さまの業務や予算にあわせた最適なマイグレーションで 働き方改革のお手伝いをさせていただきます!】スマートライフソリューション事業部 通信サービス本部 デジタルサービス部 和田 楓由希
【まさに至れり尽くせり!「 Microsoft 365 」をご存知ですか? サービス導入から活用まで、お客さまのワークスタイル変革を トータル的にご支援いたします!】スマートライフソリューション事業部 ライフスタイルイノベーション本部 MSサービス部 西田 裕之
【Microsoft製品のことなら 何でもお気軽にご相談ください。 私たちがお伺いします!】営業統括本部 産業営業本部 Microsoft&Dynamics営業部 中村 菜々(左)/ 木下 菜美(右)

新着情報/お知らせ

詳細資料ダウンロードはこちらから
お問い合わせはこちらから