ページの本文へ

Hitachi

Microsoft ソリューション Microsoft ソリューション

Microsoft Silverlight / Windows Presentation Foundation (WPF)適用ソリューション
システムに、ユーザエクスペリエンスとスケーラビリティ

現在、インターネットの普及などにより、情報システムに対する依存度は増し、お客様が扱う情報は増え続けています。企業間での競争が激しさを増す中で、迅速で的確な判断を行うために、様々な状況で情報を効率よく扱える仕組みが求められています。
このような要求に対し、マイクロソフト社はユーザエクスペリエンスという発想で、SilverlightおよびWPF(Windows Presentation Foundation)と呼ばれる技術を投入し、対応しようとしています。
日立ソリューションズは、これらの技術を正しく理解し、技術の特性に沿った設計・開発を行うことで、お客様のシステムに、高い操作性によるユーザエクスペリエンスと、今後の要望に対応し続けるためのスケーラビリティをご提供します。
Silverlight/WPFの適用に関するコンサルティングから設計・開発まで、これまでに蓄積してきた.Netなどの経験を活かし、お客様に安心してご利用いただけるソリューションをお届けします。

ソリューション

マイクロソフト社が投入したSilverlight/WPFを活用し、日立ソリューションズがこれまでに培ってきたソフトウェア開発のノウハウをベースに、お客様に安心してユーザエクスペリエンスを実現していただくためのソリューションです。

Silverlight/WPF
Silverlight/WPF適用コンサルティング
お客様の御要望や、現在のシステムの状況などを調査し、Silverlight/WPFを適用するメリットについて、検討・提案を行います。また、Silverlight/WPFの適用によりユーザエクスペリエンスを高めるための検討をお客様とともに行う事も可能です。コンサルティングの結果を基に、お客様が最適な選択をするための支援を行います。
Silverlight/WPF設計・開発サービス
Silverlight/WPFに精通した技術者が、これまでに培ったノウハウを駆使し、.NETの特性であるスケーラビリティの高いアプリケーション設計と、技術の特性を生かした高品質なアプリケーション開発をご提供します。

上記の枠に捕らわれず、システム全体の設計・開発から、技術的にお困りの部分のみへの適用など、様々な御相談にお答えします。

対応技術:WPF

アプリケーションプログラムでは、利用形態に合わせた使い勝手のよい画面を効率よく開発することが求められてきています。
この要求に対し、これまでのWindowsアプリケーションでは、Graphics Device Interface(GDI)と呼ばれるAPIで対応してきました。
しかし、GDIは16ビット時代のWindowsから続いており、進化するハードウェアに対し、設計の古さから機能拡張が難しくなりました。

このような問題に対して、グラフィックハードウェアの機能を活用して高い描画性能を実現するDirectXをベースに、.NETのグラフィックスサブシステムとして提供されたのが、Windows Presentation Foundation(WPF)です。

WPFは以下の特徴を持っています。

【代表的な特徴】

  • XMLをベースとした、XAML言語による自由なレイアウトの実現
  • 様々な表示効果のサポート
  • グラフィックハードウェアを利用する高い描画性能
  • ベクトルグラフィックスサポートによる美しい表現
  • 3Dのサポート
  • タイムラインベースのアニメーションサポート
  • スタイル(XAML)とロジック(C#/VB.NET)の分離
  • Win32/Windows Formsの利用
対応技術:WPF

上記の特徴を利用することで、利用者には、高い描画性能を実現しながら、直感的な操作を可能とするUser Experience(UX)を提供する事ができます。また、開発者にとっては、スタイルとロジックの分離による分業が容易になり、画面レイアウトの変更を少ないコストで実現することが可能です。

対応技術:Silverlight

WPFの持つ利便性をマルチプラットフォーム上で実現するため、ブラウザ上で動くプラグインとして開発されたランタイムが、Silverlightです。 Silverlightは、WPFと同等の機能をインターネットで安全に利用できるように設計されており、WPFのサブセットの位置づけで開発されてきました。

Silverlightは以下の特徴を持っています。

【代表的な特徴】

  • Windows以外のOSをサポートするクロスプラットフォーム
  • 様々なブラウザで同じ実行結果を得ることができるクロスブラウザ
  • .NETでの開発による高い開発効率
  • WPFと共通の技術による高い実行性能
  • DeepZoomに代表される、他社技術にない表現方法
  • ブラウザが持つセキュリティ機能の利用や、ローカルリソースへのアクセス制限から実現する、セキュアな環境
  • HTMLブリッジ機能による、Document Object Model(DOM)へのアクセスサポート
対応技術:Silverlight

WPFと比較すると、セキュリティの確保やマルチプラットフォーム化による制約から、ランタイムが持つ機能に一部制限があります。
しかし、WPFにはないインターネット技術との親和性を持つため、Webシステムにおいて操作性や性能が要求される部分へ適用することにより、高い効果が得られます。
Silverlight/WPF共に、C#やVB.NETで記述するロジック部分と、XAMLで記述するスタイルを組み合わせることで実現されるアプリケーションであり、これまでのアプリケーションと比べ、高速で高品質、かつ高い表現性を持ったUIを実現することができます。

関連ソリューション

導入についてや、費用、事例など、お気軽にご相談ください。
資料請求・お問い合わせ
各種Microsoft ソリューション情報をダウンロードしてご覧いただけます。
カタログ・資料ダウンロード
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ