NetInsightII-FM

|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

LANシステム設備運用管理システム NetInsightII

日立ソリューションズ

全てのIT資産を確実に把握してセキュリティ対策、資産管理を実現。

製品紹介:NetInsightII-FM

IT資産管理の統合に必要な各種機能を実装

社内のどこにどんなIT機器が設置され、どのように管理されているか、社内マップと連動させて把握することができます。
マップ上で各クライアントPCのセキュリティレベルを確認したり、リース期限管理や障害監視ツールと連携させることが可能です。
IT資産管理、構成管理
●IT資産管理をビジュアルに分かりやすく
資産情報(プロパティ情報)だけではなくロケーションマップをあわせて管理することができます。ネットワーク機器、サーバ、クライアントPCの設置場所をロケーションマップ上に配置。フォルダ、図面の概念を用いて資産情報を建屋やフロアごとに管理します。また、描画ツールにより図面の作成、編集が可能。ロケーションマップとしては、フロアのレイアウト図だけでなくラック構成図や写真データもあわせて管理できます。関連のある図面は自由にリンクできるため、見たい情報が見たい時にすぐに手に入ります。各機器のプロパティ情報は配置した機器をダブルクリックするだけで参照、編集が可能です。
●プロパティ情報の編集や検索が可能
登録した各機器やケーブルのプロパティ情報はGUIだけでなくCSV形式での編集も可能です。また、登録した項目すべてがDBに登録されるため高機能な検索も実現します。検索結果より機器の位置を表示することができます。また、CSV形式でエクスポートも可能なため、そのままExcelでさまざまな管理台帳を簡単に作成することもできます。
●登録した情報を共有化
クライアントサーバ構成を組んで複数の管理者で登録したロケーションマップやプロパティ情報を共有することができます。また、Webブラウザ経由で社内のユーザに情報公開を行うことも可能です。
ネットワーク構成管理、障害管理
●ネットワーク障害管理
IT環境を維持するにはネットワークの正常稼動が必要不可欠です。このネットワークの正常稼動を目的としてSNMPマネージャ(hp OpenView/NNM等)により稼動監視を行うケースは非常に多いのですが、SNMPマネージャは論理マップでの管理の為、その状態把握は実は大変なものとなり迅速な対応がとりにくくなっています。NetInsightではSNMPマネージャとNetInsightのロケーションマップを連動させることにより、障害機器の設置場所の特定や障害による影響範囲を容易に把握することが可能です。普段管理しているロケーションマップやネットワーク構成図での障害監視によりネットワークやサーバのダウンタイムを大幅に軽減できます。
●配線管理機能(LAN、先行配線)
LANケーブルや電源ケーブル、パッチパネル等の配線機器の管理が可能です。機器ごとにプロパティ情報や接続関係を定義できます。また、ケーブル自体にもプロパティ情報を定義できます。定義した接続関係から接続ルート図やツリー状の論理的なネットワーク構成図を自動生成できるため、ネットワーク障害発生時などに、障害範囲だけでなく、その影響範囲まで簡単に把握することもできます。
他システムの連携
●自動ロケーション配置を実現(NetInsightII-ND連携)
エリア(区画)を定義しておくことにより、NDで取得したクライアントPC情報をロケーションマップ上に自動配置(新設、移設)が可能です。この機能により、PCの自動ロケーション管理が実現できます。また、NDで収集した最新のインベントリ情報はロケーションマップ上からプロパティ情報として参照できます。
●不正接続箇所をビジュアルに表示(NetInsightII-PD連携)
PDで発見した不正接続PCをロケーションマップ上に表示することが可能です。管理者は、社内のどの場所で不正があったかを確認でき、迅速な対応が実現できます。
●外部データを統合化
インポート・エクスポート機能により大量の資産情報の登録、更新も簡単です。テキストファイルやCSVファイルの形式の資産情報データを一括して取り込み、追加や変更、削除が行えます。また、CADやVisio、Word等で作成した図面データをフロア図面として取り込むことが可能です。

お問い合わせ ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月~金(祝祭日除く)10:00~17:30

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

関連するソリューション・商品の専用サイト