ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ オープンソース管理ソリューション

ソリューションメニュー

OSS教育

お客様の組織のOSSに関する知識レベルの向上を支援します。

OSS教育とは

組織としてOSS管理を行っていくうえで、組織のメンバーがOSSについてしっかり理解していることが重要になります。この「OSS教育」は、組織のメンバーのOSSに関する知識レベル向上を目的とし、OSSの基礎から教育を行うものです。
教材のみご購入いただくことも可能です。

OSS教育とは

教育の流れ

  • 1.教育コンテンツを調整
    1.教育コンテンツを調整
    お客様のご要望に応じ、教材のコンテンツをカスタマイズします。
    • 当社オリジナルの教材を用いて実施(標準)。
  • 2.講義の実施方法を調整
    2.講義の実施方法を調整
    教育の実施日時や実施方法、当日の流れなどを調整します。
    • お客様にて受講者を募集。
    • 座学形式で2時間/回の講義(標準)
    • 受講者は30名/回(30名以上の場合は講義を複数回に分けて実施)
  • 3.講義を実施
    3.講義を実施
    調整した教材および実施方法にしたがい講義を実施します。

サンプル(教材の例)

標準的な教育コンテンツは以下のとおりです。

1.オープンソース概要
OSSの定義、OSS活用のメリット、OSS活用に伴うリスクなど。
2.コンプライアンスリスク
著作権、OSSライセンスの類型、代表的なライセンスの解説など。
3.セキュリティリスク
OSSの脆弱性、セキュリティリスク対策など。
4.運用上のリスク
OSSコミュニティのライフサイクル、OSSの品質など。

事例

特殊車両メーカー様
課題

OSS管理のルールを全社に展開したいが、社員のOSSに関する知識レベルにばらつきがあり、ルールの理解や定着化に不安がありました。

結果

まずは優先してOSS管理を徹底させたい自社製品の開発者30名に対して、OSS教育を実施していただきました。受講後のアンケートで、受講者がOSSについてしっかりと理解できたことを確認できました。今後、段階的にOSS管理のルールを社内展開できそうです。