Oracle VM

データベース専用の高性能アプライアンス「Oracle Exadata」は、圧倒的なパフォーマンスで データの高速処理・分析を実現し、企業価値向上をサポートします。

データベースのデータ容量が肥大化すると・・・

-大量データの全件検索処理は、パフォーマンス処理に時間がかかり、業務効率が下がってしまう。
-膨大なデータを散在する様々なシステムで管理せざるをえない。
-運用コストやストレージコストの負担が増える。

 

Oracle Exadataの導入により

-データ処理の高速化を実現。処理時間が短縮され、業務効率が向上。
-データウェアハウス(DWH)、業務システムのデータを処理するオンライントランザクション(OLTP)や  バッチ処理などを1台に集約。
-システム統合やデータ圧縮により、運用コスト・ストレージコストなど、TCOを削減。

 

Oracle Exadata概要図

サービスメニュー(価格:個別見積)

サービス名 概要
Exadata 実機検証サービス 実機検証の支援など
Exadata Oracle 環境設計/構築サービス Database Server、Storage Server分割設計およびOracle Exadata独自のアーキテクチャを考慮した各種機能などの設計/構築
Exadata 運用設計/構築サービス DBバックアップ/リカバリ、監視(JP1との連携など)などの設計/構築
Exadata 災対環境設計/構築サービス 災害対策環境の設計、構築
Exadata チューニングサービス 性能評価時のDBチューニング(DB稼働評価、SQLチューニング)
Exadata DB 移行サービス 環境移行計画、設計、本番移行支援
Oracle VM Premier 稼働後の運用や障害時支援のための窓口対応
日立ソリューションズでは、インメモリ技術によりビジネス・インテリジェンス・アプリケーション等においてに卓越したパフォーマンスをもたらす、 Oracle Exalyticsも取り扱っています。

また、Exadataとのシームレスな連携を実現しつつ、安価にデータの大容量化・多様化を実現する、 Big Data Applianceも取り扱っています。
ページトップへ
(C)Hitachi solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.