ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

導入事例

TOYOTA InfoTechnology Center, U.S.A., Inc.様

今まで把握できなかったネットワーク利用状況を可視化可能に

問題点

  • インターネットやアプリケーションの利用状況が把握できていない
  • 情報漏洩に繋がりうる活動が行われていないかが把握できていない
  • マルウェアや脆弱性の攻撃を受けていないかが把握できていない

解決策

  • PA-シリーズを導入し、ネットワークパケットを監視/可視化する
  • PA-シリーズ導入を社員に告知することで、自主的な抑止力を期待する
  • 施設外からの攻撃を防止し、セキュリティレベルを向上させる

導入効果

  • これまで把握できていなかったインターネット利用量、アプリケーション利用状況を確認できた
  • 通信速度に影響を与えていた原因がDoS攻撃であることが判明した

PA-500

導入時期:2014年2月
導入モデル:PA-500

TOYOTA InfoTechnology Center, U.S.A., Inc.

(US本社)465 Bernardo Avenue, Mountain View, CA 94043
(日本本社)株式会社トヨタIT開発センター 東京都港区赤坂6-6-20

https://www.toyota.com/usa/

TOYOTA InfoTechnology Center, U.S.A., Inc.

お客様談

「現状のインフラについてはHitachi Solutions Americaのサポートエンジニアが顧客サイトで、管理者運用代行サービスを週一回行っていたため、今回PA-シリーズの提案、導入、保守運用をHitachi Solutions Americaにお願いすることになりました。PA-シリーズの魅力だけではなく、Hitachi Solutions Americaの手厚いサポート力と信頼性が大きな選択の理由です。」
「将来的にはインライン導入を行い、不要な通信を制御し、不正アプリケーションの抑止、DoS攻撃の防御を実施していこうと考えています。」

詳しくはこちら

その他の導入事例

導入事例一覧
日本国内の導入事例(Palo Alto Networks社 Japanサイト)
米国の導入事例(Palo Alto Networks社 USサイト)

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る