製品情報社内に侵入したマルウェアの感染拡大を防止

社内に侵入したマルウェアの感染拡大を防止

標的型サイバー攻撃で使用されるマルウェアは、攻撃対象の企業にあわせて作られているため、一般的なウイルス対策ソフトなどでは、感染を防ぐことは難しいのが現状です。
標的型サイバー攻撃から企業の重要情報を守るためには、「マルウェアに感染させない対策」に加えて、「感染時に被害を最小化する対策」が必要となります。

万が一社内にマルウェアが侵入してしまった場合、パロアルトネットワークス PAシリーズは、秘文 Device Control※と連携することで、マルウェアに感染したPCのネットワーク通信を自動遮断し、感染拡大を防止できます。

※秘文 Device Controlは、端末側でデバイスの利用や接続先ネットワークを制御するエンドポイント製品です。

パロアルトネットワークス PAシリーズと秘文 Device Controlの連携

インターネットから侵入してくる既知のマルウェアは、PAシリーズが入口でブロックします。
未知のファイルに対しては、PAシリーズのサンドボックス環境 WildFireでマルウェア判定を行います。
PAシリーズがマルウェアを検知すると、秘文 Device Controlが感染端末の利用者に警告表示することで、感染の可能性があることを注意喚起できます。
また感染端末をネットワークから自動遮断することも可能です。

パロアルトネットワークス PAシリーズと秘文 Device Controlの連携 詳細

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-571-488 受付時間 10時から17時30分(土曜・日曜・祝日および年末年始を除く)

ウェブサイトからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-571-488 受付時間 10時から17時30分(土曜・日曜・祝日および年末年始を除く)

ウェブサイトからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る

このページの先頭へ
このページの先頭へ