| TOP | 潮流を知る | プロワイズコレクション -Prowise collection- | 第3回 |

【第3回】シリコンバレーから考えるトレンド 〜メタバースの拡がり〜

Gen-Z(Z世代)と呼ばれる世代の特性や影響力の大きさにより、メタバースはさらに広がっていくと考えられます。メタバースを含む今後のトレンドについて、シリコンバレーからお届けします。
※Gen-Z(ジェネレーションZ)、Z世代とは、アメリカ合衆国や英語圏、日本などにおいて概ね1990年代半ばから2010年代初頭までに生まれた世代をさす。生まれながらにしてデジタルネイティブである人類初の世代

※本記事は2022年5月に掲載されたものです

北林拓丈(きたばやし・ひろたけ)
北林拓丈
(きたばやし・ひろたけ)
2000年に日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(現:株式会社日立ソリューションズ)にSE職で入社。JavaエンジニアとしてECサイト開発・運用に3年間携わり、その後米国ITベンダーの製品開発研究所にて1年3カ月の海外業務研修。日本帰国後は主に大手通信事業者向けの業務・システム再構築プロジェクトにコンサルタント、ITアーキテクト、プロジェクトマネージャーとしてそれぞれ従事。2016年からワークスタイル変革ソリューションの事業企画・開発に従事し、2020年1月からシリコンバレーに駐在。スタートアップとのパートナーシップや日系企業間連携による新規事業立ち上げ、事業拡大に従事。

初めまして。私はシリコンバレーにてスタートアップの発掘やトレンド調査を行っています。今回は2022年1月5〜8日にラスベガスで行われた世界最大の電子機器見本市/IT複合イベントであるCES2022に見る2022年のトレンドについてご紹介します。今年のCESは2年ぶりの現地会場(ラスベガス)での開催でしたが、COVID-19オミクロン株の影響に伴いGoogle、Amazon、Microsoft、Meta(Facebook)、AT&T、NVIDIAなどの著名企業ほか合計153社が参加をキャンセルしたため、来場者数は2020年の1/4、出展企業数も半数という形でした。

ソニーの新型EV「VISION S 02」 新会社を設立し、EVの商用化に向けて本格検討に入る
ソニーの新型EV「VISION S 02」
新会社を設立し、EVの商用化に向けて本格検討に入る

こうした中、主催者のCTA(Consumer Technology Association)が発表したトレンドは今後に向けて注目すべき内容が含まれていました。まずTop Trends To Watchとして挙げられていたのは、モビリティ・物流を含めたTransportation、Space Tech、Sustainability、そしてDigital Healthの4つです。TransportationではEVが主流となる中、大手・スタートアップともに新規プロダクトが数多く発表され、異業種からの参入やEV技術のモジュール化・他社協業も拡大し、これまでのハードウェア中心からソフトウェアやエンターテインメントも含めた次世代のエクスペリエンスを提供するEVの発表が相次ぎました。

Space Techは火星や月での生活や発見から、天気予報、衛星システム・通信等を含む分野で、発表・展示数は少数でしたが、新たな注目領域としてフォーカスされました。

Samsungブースにて製品を梱包している箱を、階段や玩具などに再利用したりできる
Samsungブースにて製品を梱包している箱を、階段や玩具などに再利用したりできる

Sustainabilityは2021年10〜11月に開催されたCOP26を受けて、サステナビリティ宣言や企業の環境ビジョンを押し出す企業が出てきました。特にSamsungはキーノート・展示で企業ビジョン「Together for tomorrow」を宣言し、Everyday sustainability:サステナビリティはお客様の製品体験の一部となり、お客様はサステナブルな生活を送れる、というメッセージを発信していました。具体的には、製品ライフサイクルを見直して70万トンのCO2削減に貢献したり、テレビの箱にリサイクル素材を使用し、使用後も箱を階段や玩具として再利用したりできるということでした。

Digital Healthは今回Abbott Labsがヘルスケア企業として初めてのキーノート登壇となり、COVID-19での生活が続く中でフィジカルに加えてメンタルヘルスも含め、存在感を発揮していました。

次にコンシューマーの動向として、過去1年間で4K Ultra HD TVやスマート家電・スマートホームなど、従来の製品をレベルアップしたものへの消費が進んでおり、今後も続くということでした。また、価格指標値が業界標準よりも1.5倍以上高いプレミアムブランドが標準的なブランドに比べて4倍の成長を見せているということでした。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「潮流を知る -Opinion-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「潮流を知る -Opinion-」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  •  プロワイズコレクション -Prowise collection-
  • なぜ今、サステナビリティ経営が必要なのか
  • ニューノーマルの世界を生きる知恵
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内