| TOP | 潮流を知る | プロワイズコレクション -Prowise collection- | 第5回 |

【第5回】激動する社会における企業の役割とは

世の中の様々な課題解決をめざす一般社団法人リディラバの代表を務める安部敏樹氏と、日立ソリューションズのサステナビリティの活動をけん引する取締役の紅林徹也。世代も立場も異なる2人が社会課題への向きあい方やこれからの企業の在り方について語り合った。

※本記事は2022年8月に掲載されたものです

安部 敏樹(あべ・としき)
安部 敏樹(あべ・としき)
1987年生まれ。一般社団法人リディラバ/株式会社Ridilover 代表。東京大学在学中にボランティア団体としてリディラバを立ち上げ、様々な社会課題に関する取り組みを始め、現在は事業化。コメンテーターとしてメディアでも活躍。
紅林 徹也(くればやし・てつや)
紅林 徹也(くればやし・てつや)
日立ソリューションズ 取締役・専務執行役員。1985年日立製作所入社後、情報・通信グループで公共システム事業などに従事。内閣府への出向を経て、2016年から現職。現在は経営戦略を統括している。
あらゆる社会課題に等しく取り組むことは不可能です。だから、どの領域に最も注力するのが有効かをしっかり考える必要があります。
あらゆる社会課題に等しく取り組むことは不可能です。だから、どの領域に最も注力するのが有効かをしっかり考える必要があります。
多様なステークホルダーと協創しながらサステナビリティの実現に貢献していく。それが私たちのSXの考え方です。
多様なステークホルダーと協創しながらサステナビリティの実現に貢献していく。それが私たちのSXの考え方です。

理想を共有するツールとしてのSDGs

紅林リディラバは「社会課題を、みんなのものに」というビジョンを掲げていますね。世の中には様々な課題があります。その中で優先的に取り組むべき課題をどう見極めているのですか。

安部まず、「課題とは何か」を明らかにしていくステップがあります。課題とは、「現状」と「理想状態」との乖離のことです。現状認識は比較的共有しやすいのですが、理想は人によって、あるいは集団によって異なります。その理想を互いに擦り合わせて合意を作ること、つまり「理想状態の調整」によって集団にとっての現状との乖離が明確になり、課題は可視化されることになります。

次に、そうやって可視化された課題を「社会課題化」していくステップがあります。社会課題化のポイントは、それを解決することでどのくらいのインパクトが生まれ、非当事者も含めどのくらいのレバレッジをかけられるかです。世の中の課題は相互に関わり合っています。一つの課題を解決すると、それが他の課題に影響し、その課題の解決にもなるケースもある。そのような可能性がより高いものをより重要な社会課題として捉え、優先的に取り組んでいくようにしています。

紅林理に適った考え方だと思います。理想状態を共有するツールとしてSDGsを活用するのも一つの方法ですよね。SDGsの17の目標と169のターゲットの中で、自分たちと関係が深いと思われるものを共通の理想とする方法です。

しかし、自らが従事している仕事の範囲だけでSDGsを捉えるようとすると、課題の把握の仕方がどうしても限定的になってしまいます。そこで私たちは、昨年からSDGsへの向き合い方を変えました。自分たちと関わりのある多様なステークホルダーと視点を共有し、SDGsを通じてステークホルダーと協創することによって様々な課題をクリアしていく。それが現在の私たちのスタンスであり、日立ソリューションズにおけるSX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)であると考えています。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「潮流を知る -Opinion-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「潮流を知る -Opinion-」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  •  プロワイズコレクション -Prowise collection-
  • なぜ今、サステナビリティ経営が必要なのか
  • ニューノーマルの世界を生きる知恵
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内