| TOP | 興味を広げる | PROWISE STYLE GOLF | 第2回 |

【PROWISE STYLE GOLF】第2回 得意なアイアンに磨きをかける

 ティーアップして打てるドライバーと違って、アイアンは様々なライからのショットを要求されます。今回も連続写真をたっぷり使って、一緒に上達していきましょう!今回の「ゴルフを楽しむ!ビギナー講座」は、「コース保護編」と題し、覚えておきたいマナーをご紹介します。
白戸 由香

しろと・ゆか
1969年青森県南津軽郡出身。
日立ソフトウェア女子ソフトボール部で活躍後、93年にプロゴルファー転向。
2014年に女子シニアのレジェンズツアー「シブヤカップ」で初勝利。
17年に「ふくやカップマダムオープン」と「シブヤカップ」を制覇し、レジェンズツアー賞金女王に輝いた。日立ソリューションズ所属。

QUESTION●お悩み 自分の予想とは違う球筋が出てしまう

相談者・松山さん

 時々プッシュアウト気味のボールが出て、苦手意識のあったドライバーに比べると、アイアンは割と好きなクラブです。ただ、様々なライから打つ時に、予想とは違う球筋が出てしまうことがあります。その原因を、まず知りたいです。
 次にグリーンを狙うショットの正確性を上げるには、どうしたらいいでしょうか。いいショットが出た時でも、アライメント(アドレス時における肩、腰、スタンスなどの向き)が間違っているのか、グリーンを外すこともあります。アドレスでのボールの位置や、スタンスの取り方などは、どのように決めたらいいでしょうか。

ANSWER●回答 斜面では低い方の足に6割の体重を乗せ、コンパクトに振る

【ダウンヒルのショット】

トップはコンパクトにして、フォロースルーも低く出します。低い球が出るのを想定に入れて、ボールを無理に上げようとしないことです。スイングが小さくなる分、飛距離も落ちます。7番アイアンの距離なら、6番を持ってください。

【アップヒルのショット】

地面をしっかり抑え込む感覚を持ち、ハーフショットのイメージでスイングしてください。

白戸プロのお手本

POINT

危険な方向は避けて、安全なエリア狙いで
アライメントの基本危険なゾーンを避ける

 アイアンショットの場合、斜面の影響を受けてボールが予想とは違う方向に飛んでいきがち。そこで許容範囲を設けることが肝心です。例えばグリーンの右手前にピンが切ってあって、その手前に池などがある場合。ダウンヒルのライからピンを直接狙うと罠につかまる危険性が高まります。グリーンのセンター狙いが正解です。

POINT

低い方に体重を配分。この場合は右足6、左足4の割合
アドレスの基本斜面では低い方に体重をかける

 斜面からはコントロールショットが原則です。写真のようなアップヒルのライでは、右足6割、左足4割の体重配分でアドレスしています。右足に10割の体重が乗り、左足への体重がゼロでは、振り抜きが悪くなってしまうからです。また、こうしたライでフルスイングは禁物。特に下半身の動きを制限してコンパクトに振り抜いてください。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内