| TOP | 興味を広げる | PROWISE STYLE GOLF | 第6回 |

【PROWISE STYLE GOLF】第6回 プレッシャーに打ち勝ち一気に上達

池を前にすると「入れたくない」とプレッシャーを感じるゴルファーは多いはず。
第6回は「心・技・体」の観点から、池越えのプレッシャーに打ち勝つ方法、さらに仕事の場面でも役立つ自律神経コントロール術をお届けします。
白戸 由香

しろと・ゆか
1969年青森県南津軽郡出身。
日立ソフトウェア女子ソフトボール部で活躍後、93年にプロゴルファー転向。
2014年に女子シニアのレジェンズツアー「シブヤカップ」で初勝利。
17年に「ふくやカップマダムオープン」と「シブヤカップ」を制覇し、レジェンズツアー賞金女王に輝いた。日立ソリューションズ所属。

QUESTION●お悩み 池の重圧を克服したい

相談者・高山さん 池越えのショートホールなどが苦手です。
プレッシャーからか、ボールの手前にダフってしまい、結果として池に入ってしまうことがあります。
アドバイスをお願いします。

ANSWER●回答 池の先に意識を持っていく

 池越えのパー3。多くのゴルファーが池ポチャの重圧を感じる場面だと思います。かといって目の前にある池を、ないものとするわけにもいきません。こんな時、有効なのがショットに対する心理的な負荷を軽くすること。

 このホールは2グリーンで、左右にランディングエリアが広がっています。「池を越えられるだろうか」という考えではなく「グリーンに乗らなくてもいい。2グリーンの間辺りでも、パーを狙える」と気楽に考えるのがお勧めです。それでも不安なら「バンカーでもいいや」くらいの意識で、気楽に振り抜いてみてはいかがでしょうか。目の前の池ではなく、グリーンの周辺に意識を持っていくだけで、スイングのリズムも本来のものに近づくはずです。

メンタル強化ポイント
1W→U3
心に余裕をもってショット
白戸プロのお手本

第1打の落とし所に意識を持ちスイングしましょう

連続写真
  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内