| TOP | 興味を広げる | PROWISE STYLE GOLF | 第7回 |

【PROWISE STYLE GOLF】第7回 寒〜い冬ならではの上達法

スコアアップしたいなら、ショートゲームをマスターすることが上達への近道といえます。
そこで今回は「冬だからこそできる上達法」をテーマに、様々な練習法をご紹介します。
白戸 由香

しろと・ゆか
1969年青森県南津軽郡出身。
日立ソフトウェア女子ソフトボール部で活躍後、93年にプロゴルファー転向。
2014年に女子シニアのレジェンズツアー「シブヤカップ」で初勝利。
17年に「ふくやカップマダムオープン」と「シブヤカップ」を制覇し、レジェンズツアー賞金女王に輝いた。日立ソリューションズ所属。

QUESTION●お悩み アプローチでザックリ、トップになってしまう

相談者・高山さん グリーン周りからのアプローチで時々大きなミスが出ます。ボールの手前でダフってしまい少ししか飛ばなかったり、逆にトップしてグリーンをオーバーしたり。
プロのようにピンのすぐ近くまで寄せるには、どうしたらいいでしょうか。

ANSWER●回答 クリーンヒットにこだわり過ぎない

 アマチュアの方でよく見かけるのが、ボールと地面との間に、クラブフェースのブレード(リーディングエッジ)をきれいに入れようとし過ぎることです。花道のような整ったライほど、そう打とうとする意識が強まる傾向にあります。

 実はこの思いが、アプローチをかえって難しくしてしまっています。いいライであれば、それほどクリーンヒットにこだわる必要はありません。あまり難しく考えず、地面と平行にクラブを振り抜いていくイメージでスイングしてください。

 また、手首をこねたりするような動きも良くありません。カップに近いため、ついつい手の動きに頼ってしまいがちなのですが、テークバックからフォローまで、同じスピードで振り抜いてスイングすることを心がけてください。

白戸プロのお手本
連続写真
正しい呼吸法でリラックス
正しい呼吸法でリラックス

 パットやアプローチの場面で「入れなければ」とか「寄せなければ」と過度に緊張してしまい、ミスをしたという経験をしたことのある方は多いと思います。

 そんな時に有効なのが「4秒かけて息を吸ったら、8 秒かけて息を吐く」呼吸法です。細く長くゆっくり吐くのがコツです。

 人は緊張すると呼吸が浅くなり、猫背になる傾向があります。背筋を伸ばして、空を見上げ、深呼吸することがリラックスへの第1歩。ショートゲームにも、きっと良い影響が出るはずです。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内