| TOP | 興味を広げる | PROWISE STYLE GOLF | 第8回 |

【PROWISE STYLE GOLF】第8回 シーズンインとともにレベルアップ

久しぶりのゴルフであれば、気持ちよく飛ばしたい!と思っている方も多いはず。
そこで今回は飛距離アップをテーマに掘り下げました。
白戸 由香

しろと・ゆか
1969年青森県南津軽郡出身。
日立ソフトウェア女子ソフトボール部で活躍後、93年にプロゴルファー転向。
2014年に女子シニアのレジェンズツアー「シブヤカップ」で初勝利。
17年に「ふくやカップマダムオープン」と「シブヤカップ」を制覇し、レジェンズツアー賞金女王に輝いた。日立ソリューションズ所属。

QUESTION●お悩み 飛距離をアップさせたい!

相談者・高山さん 広いホールほど、ボールがあちこちに行ってしまう傾向にあります。
うまく当たったと思ってもそれほど飛んでいないことも多いです。
どこに問題があるのでしょうか。

ANSWER●回答 フィニッシュを一定にすることに集中

 高山さんは、俗にいう「ギッタン、バッコン」のスイングになっていました。テークバックでは左に体重が移り(写真A)、ダウンスイングでは逆に右足へと移動しています(写真C)。

 またスイング中に、下半身が動き過ぎることも問題です。トップの位置で右膝が大きく動いてしまっていることで、スイングのバランスも崩れてしまっています(写真B)。

 右足に重心がある状態でインパクトしているので、ダフリやトップになりやすくなります(写真D)。体重が左右に動いてしまうスウェーを怖がってボールに対してスイングしようとすると、かえってリズムが悪くなります。

フィニッシュを一定にすることに集中
メンタル面の強化ポイント

 ドライバーが安定しない原因の1つに、ボールに当てようとする気持ちが強過ぎて、他のことに全く意識がいかなくなってしまうことがあります。むしろ打つ前から、フィニッシュをいつも同じところに収めることだけを考える方が得策です。

 ボールの先、すなわちフィニッシュに意識を向けることによって、リズムが一定になります。 Bの写真を見てください。私の左肩が、右膝の上にきています。体重も右にのっているのが見て取れると思います。

 トップでは右膝の上に左の肩がくる、という意識を持つことも1つの方法です(写真B)。またボールの右側を見てテークバックし、当たるまでそこを見続ける、という方法も有効です。

白戸プロのお手本
メンタル面の強化ポイント

 ●矯正法 正しいフィニッシュの形を意識して振り切る

正しいフィニッシュの形を意識して振り切る 私の場合、ここにフィニッシュが収まります。左足に体重がのり、背中にシャフトが当たるように、フィニッシュを収めることだけを考えれば、いいリズムで打てるはずです。ボールにクラブヘッドをちゃんと当てたい、などと考えると、スイングが崩れてしまいます。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内