| TOP | 興味を広げる | PROWISE STYLE GOLF | 第9回 | 2ページ目 |

【PROWISE STYLE GOLF】第9回 曲がらずに飛ばせるショットをマスター

フェアウエーウッドを極める

フェアウェーウッドはライが比較的よく、距離の欲しい場面で活躍します。ティーアップできるドライバーと違いボールの下に余裕がない分、クリーンにボールをとらえようとするあまりダフリやトップが出やすくなります。ボールの右側面を払うように打ちましょう。力を入れず、軽く当てるくらいのつもりで振っていくと、いいショットが出ますよ。

ヒジがまっすぐに伸びた状態 西村さんのアドレスで気になったのが、右腕。ヒジがまっすぐに伸びた状態であるため、この形だと右肩が前に出てしまいます(左の写真)。足、腰のラインに比べ肩だけが開いた形になり、このまま打ってしまうとプッシュアウトやスライスが出てしまいます。そのため少し右ヒジを曲げ、肩をスクエアなラインに戻していただきました。

正しい肩の回転 西村さんのバックスイングは、シャフトが地面と平行になるあたりまではいいのですが、そのあとアップライトに上がってしまうため、正しいスイング軌道から外れる傾向がありました。そこで正しい軌道に乗ったシャフトの位置を確認してもらい(左の写真)、正しい肩の回転を体感してもらいました。 (右の写真)

ユーティリティーを極める

ユーティリティーを極める

ユーティリティーはフェアウエーウッドに比べシャフトが短く、体とボールの距離も近いため、いくぶん易しく感じるはずです。注意点としては、パー5のセカンドショットなど距離が欲しいケースで使うため、力が入って大振りになりがちなこと。距離を出そうとせず、軽く「パチーン」と叩くくらいの気持ちで丁度いいと思います。

どちらを選ぶ? UT or FW

手首をこねなくなる効果が出ます

フェアウエーウッド(FW)はウッドが得意な人、ユーティリティーはアイアンでダウンブローに打ち込んでいくのが得意な人に向いています。

体の回転でスイングすることが体感できます

クラブの特性についても知っておきましょう。FWとUTではこれだけシャフトの長さが違います(左がUT)。ボールの位置もFWの方が遠くなります。正しいボールの位置に合わせて、アドレスすることが重要です。

FWとUTの違い2

[ 下半身強化はどこでもできる! ]

多くの人が最も日常に取り入れやすい運動、それは歩くことです。朝、職場のひと駅前で降りてウォーキング。階段をうまく利用することも、選択肢のひとつです。もちろんゴルフ場なら、乗用カートからできるだけ降りることで、楽しく下半身を強化できます。

ひと駅前で降りてウォーキング

ひと駅前で降りてウォーキング

ウォーキングは、正しい基本姿勢が大切。壁を背にして自然に立ち、下からかかと、ふくらはぎ、お尻、肩甲骨、後頭部を壁につけてみます。どこかに無理な形が入らないように意識しましょう。両腕は自然に体の横に伸ばします。左右の耳の下に肩、その下に指先、その延長線上にくるぶしが来ます。

ひと駅前で降りてウォーキング

基本姿勢さえ身に付けば、歩き方も理にかなったものとなるはずです。最も大切なのは、かかとが最初に着地することです。つま先から着地すると、あちこちが故障する原因にもなります。どちらかの足が地面に着いているのがウォーキング。必ずかかとから、と意識しながら歩きましょう。

階段を使ったストレッチ

階段を使ったストレッチ

階段の段差につま先を乗せ、かかとをグーッと下げていく。この時、ヒザをまっすぐに伸ばしておくことも大事。これにより大腿二頭筋も伸び、さらに効果が増します。

階段を使ったストレッチ

階段の手すりにつかまり、段差で宙に浮いた片方の足首を10回ずつ回します。ふくらはぎは第2の心臓。むくみや足のだるさも解消され、仕事にも集中できます。

飛距離がアップするトレーニング

飛距離がアップするトレーニング

ヒジをつき、体をまっすぐ伸ばします。
肩甲骨を寄せ、肘をしめ、お尻をしめ、その体勢を10秒間。これを3セット毎日続けてください。

制作協力/清流舎
取材・撮影協力/スターツ笠間ゴルフ倶楽部(茨城県笠間市) TEL:0296-72-8126

  前のページへ 1   2 一覧へ戻る  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内