| TOP | この人に学ぶ | ヒロインの視点 | 第1回 |

【ヒロインの視点】 第1回 持統天皇〜日本の土台をつくった女帝〜

ジェンダー格差がなかなか解消されない日本。日本の歴史上、大きな役割を果たした
女性を取り上げ、あらためて日本という国の成り立ちや本質を考えます。
持統天皇、北条政子、日野富子、淀殿、春日局。旧来の日本史観にとらわれない
女性を主役にした新しい視点から歴史上の人物を見つめることで、
ジェンダー格差解消のヒントを探りたいと思います。

政略結婚からはじまった運命

出展:東京新聞Web「<女性に力を>2020年女性幹部30%達成遠く一橋大学教授・佐藤文香さん/ジェンダー専門家・大崎麻子さん」
出展:東京新聞Web「<女性に力を>2020年女性幹部30%達成遠く
一橋大学教授・佐藤文香さん/
ジェンダー専門家・大崎麻子さん」

イギリスの経済誌「エコノミスト」は毎年、女性の働きやすさについて主要29カ国を評価してランク付けをしていますが、2021年3月8日に発表されたデータでは、日本は下から2番目の28位でした。
世界経済フォーラムでも毎年各国の「ジェンダーギャップ指数」を発表していますが、2019年12月の発表では世界153カ国のうち、日本は121位でした。2018年の110位からさらに後退しています。ランクを下げている原因は、政治・経済の分野のスコアが低いためで、政治は144位、経済は115位でした。「日本はもともと政治・経済に女性の参画が少ない国だったから仕方がない。」果たしてそうでしょうか。日本の歴史を遡ると、この分野でめざましい功績を残した女性が少なからずいます。

持統天皇(出典:百人一首之内) 乙巳の変(出典:談山神社所蔵『多武峰縁起絵巻』)
上:持統天皇(出典:百人一首之内)
下:乙巳の変(出典:談山神社所蔵『多武峰縁起絵巻』)

その代表ともいえるのが、飛鳥時代の女帝、持統天皇です。かつて日本には推古天皇にはじまり、8人の女性天皇がいました。なかでも持統天皇は、夫である天武天皇の後を継ぎ、現代の日本のかたちをつくった、日本古代史上最強の天皇ともいわれています。1300年以上も前の時代の話ですが、現在のジェンダー問題を考えるうえで、何らかのヒントをもたらしてくれるのではないでしょうか。

持統天皇が誕生したのは645年。当時の権力者だった蘇我入鹿(そがのいるか)が暗殺された乙巳の変(いっしのへん)が起こった年でした。持統天皇はその事件の中心人物であった中大兄皇子(なかのおおえのおうじ/のちの天智天皇)と、遠智娘(おちのいらつめ)の娘として生まれました。鸕野讚良皇女(うののさららひめみこ)が即位前の名前です。

大海人皇子(のちの天武天皇)肖像(大和国矢田山金剛寺蔵)
大海人皇子(のちの天武天皇)肖像
(大和国矢田山金剛寺蔵)

その人生はちょっと辿るだけでも驚きの連続です。シェークスピアの戯曲以上にドラマチックかもしれません。
5歳のときに祖父の蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだいしかわまろ)が謀反の疑いをかけられ自害し、母の遠智娘がそのショックで亡くなってしまいます。祖父と母を死に追いやったのは、なんと父である中大兄皇子でした。そして13歳で父の弟である大海人皇子(おおあまのみこ/のちの天武天皇)の妻に。このとき姉の大田皇女(おおたのひめみこ)も一緒に嫁ぎ、姉妹で叔父の妃となりました。中大兄皇子が大海人皇子の離反がないようにと布石を打った政略結婚でした。大海人皇子にはすでに複数の妻があり、そのなかに歌人として名高い額田王(ぬかたのおおきみ)がいました。中大兄皇子は娘たちを嫁がせた代わりに額田王を妻に欲しいと要求します。大海人皇子はそれを受け入れざるを得ませんでした。いわば略奪愛とパワハラで、現代ではすぐさま炎上しそうなジェンダー格差の連続ですが、鸕野讚良皇女はそれを克服する強さと才覚を備えていました。

大海人皇子の窮地をサポート

現在の白村江
現在の白村江

鸕野讚良皇女が10代の後半になったとき、日本を揺るがす大きな戦争がありました。「白村江(はくそんこう/はくすきのえ)の戦い」です。朝鮮半島で関係の深かった百済が唐と新羅によって滅亡の危機に陥り、その窮状を救うべく出兵しますが惨敗。この戦いの過程で斉明天皇(さいめいてんのう)が崩御し、その子である中大兄皇子こと天智天皇が即位します。唐が攻めてくるのを恐れ、天智天皇は各地に城を築くなど防衛を強化しますが、これが国の財政を逼迫することとなり政権は弱体化します。そして天智天皇の健康状態も次第に悪くなっていきます。

壬申の乱

天智天皇は死の間際に、大海人皇子に後を託しますが、皇子は後継者となることを辞退し、僧となって吉野に隠居します。天智天皇の本心は子の大友皇子(おおとものみこ)に後を継がせることにある。そう考えた大海人皇子は命が狙われると察し、しばらくは吉野に隠れて力を蓄え、時期を見て大友皇子を討つという戦略を練ります。これが古代日本で最大の内乱「壬申の乱」に発展します。672年のことです。

このとき大海人皇子の妻のなかで唯一、行動を共にしたのが鸕野讚良皇女でした。大海人皇子にとっては妻であるとともに戦友。プロジェクトチームを共同で運営するパートナーのような存在だったと考えられています。鸕野讚良皇女は学習意欲が旺盛で占星術や陰陽道、兵法にも通じていたといわれています。まだ呪術的な世界観が残る社会のなか、先進国の中国からもたらされた学問はいわば現代の先進テクノロジーのようなもので、その幅広い知識と明晰な頭脳が大海人皇子をよく補佐したといわれています。

瀧浪 貞子著「持統天皇-壬申の乱の「真の勝者」」 (中公新書)
瀧浪 貞子著「持統天皇-壬申の乱の「真の勝者」」 (中公新書)

僧となり吉野に向かう大海人皇子を見送りながら、朝廷の官人たちが「虎に翼をつけて野に放つが如し」と述べたという記録があります。日本古代史の研究者である瀧浪貞子氏は『持統天皇 -壬申の乱の「真の勝者」』(中公新書)のなかで、「虎のように勇猛な大海人皇子に、さらなる飛躍をもたらす翼とは鸕野讚良皇女を指す」という説を取り上げています。鸕野讚良皇女の政治における才覚が、それほど世の中に広く知れ渡っていたとする解釈です。

戦がはじまると、大海人皇子は前線に出向き、鸕野讚良皇女は幼い皇子たちを守りながら後方支援のロジスティクスを受け持ち、陣営を勝利に導きます。そして673年、大海人皇子は天武天皇、鸕野讚良皇女は皇后となります。27歳のときでした。

現代のビジネス社会では夫婦で経営する企業が増えていますが、成功の秘訣は目標とモチベーションを共有して2人が常に同じ方向を向いていることだといいます。大海人皇子と鸕野讚良皇女は、まさにそうした関係で、白村江の戦いでの敗戦を踏まえて、中国と対等に向き合える中央集権国家を築かなければならないという目標を共有し、必ず実現したいという強いモチベーションをもっていました。男女共同参画などという言葉が存在していない時代から、ジェンダーの壁を超えた強力タッグを組んでいたのです。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「この人に学ぶ -Expert-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「この人に学ぶ -Expert-」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • ヒロインの視点
  • 挑む人
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内