| TOP | この人に学ぶ | ヒロインの視点 | 第3回 |

【ヒロインの視点】 第3回 日野富子〜財政危機を切り抜けた御台所(みだいどころ)〜

ジェンダー格差がなかなか解消されない日本。日本の歴史上、大きな役割を果たした
女性を取り上げ、あらためて日本という国の成り立ちや本質を考えます。
持統天皇、北条政子、日野富子、淀殿、春日局。旧来の日本史観にとらわれない
女性を主役にした新しい視点から歴史上の人物を見つめることで、
ジェンダー格差解消のヒントを探りたいと思います。

日野富子はなぜ「守銭奴」と呼ばれたのか

近年になって世界では女性が国家や組織のリーダーを務めるケースが今まで以上に増えています。2021年アメリカではジャネット・イエレン氏が財務長官に就任しました。アメリカ史上、初めてのことです。イエレン氏はアメリカの中央銀行FRB(連邦準備理事会、Federal Reserve Board)の議長を務めるなど確かな実績があり、ジェンダーに関わらずキャリアから見ても順当な就任といえます。

日野富子像(宝鏡寺蔵)
日野富子像(宝鏡寺蔵)

アメリカの財務長官は日本では財務大臣に相当しますが、大蔵省の時代も含めて、このポストを女性が担当したことはありません。ただ、日本でも今から500年以上前に国家の経済に深く関わった女性がいます。室町幕府の第8代将軍、足利義政の正室だった日野富子です。江戸時代の戯作者たちから金銭に対する欲が強い「守銭奴(しゅせんど)」といわれ、北条政子と同じように悪女として扱われることが多い日野富子ですが、その評価は適切なものなのでしょうか。

足利義政像(伝土佐光信画、東京国立博物館蔵)
足利義政像(伝土佐光信画、
東京国立博物館蔵)

日野富子は1440年、足利将軍家と深い姻戚関係をもつ公家の日野家に生まれ、1455年、16歳で足利義政の正妻となります。義政は将軍としての職務をおざなりにし、銀閣寺を創建したり、芸術や文化に没頭した将軍として知られています。いうなれば芸術家肌の道楽者で、義政が仕事をおろそかにする分、誰かがその穴埋めをしなくてはならない。その役割を担ったのが富子だったわけです。史実をつぶさに検証すると「守銭奴」のような汚名を着せられる女性ではなく、これまでのステレオタイプな評価が変わりつつあります。

富子の人生の契機となったのは「応仁の乱」です。数年前になぜか大ブームとなった応仁の乱は、戦国時代のような英雄も登場せず、何が争いの原因なのかも曖昧なまま、ズルズルと11年も続いた戦です。このよくわからないありさまが、不透明で出口のない低迷期が続く現代の日本の現状と似ている。そんなことから共感を得たのではないか、と分析する向きもあります。

『真如堂縁起絵巻』より応仁の乱の部分(掃部助久国画、真如堂蔵)
『真如堂縁起絵巻』より応仁の乱の部分
(掃部助久国画、真如堂蔵)

応仁の乱は応仁1年(1467年)に起こり、文明9年(1477年)まで続いたことから、最近では応仁・文明の乱ともいわれます。将軍である足利義政の後継者争い、管領の畠山氏や斯波(しば)氏の相続争いを発端に、それぞれの利害や思惑が複雑に絡み合い、細川勝元の東軍と、山名宗全の西軍が激突します。
日野富子は乱の当事者のひとりです。義政と富子の間には男子が生まれなかったため、義政は弟の義視(よしみ)を次期将軍にして、自分は隠居しようとしました。義視は僧の身でしたが、兄の執拗な依頼によってわざわざ還俗(げんぞく)して将軍になることを決意します。ところが、その矢先に富子が男子を授かり、義視との対立が生まれます。ただ、その対立は応仁の乱のほんの一部に過ぎず、東軍側だった義視がやがて西軍につくなど、戦局は混乱を極め、泥沼化していきます。この終わりの見えない戦に決着をつけたのが富子でした。

利害を調整して、応仁の乱を終わらせる

日野富子はどのようにして応仁の乱に決着をつけたのでしょう。まず仲違いしていた足利義政と義視の兄弟を和解させます。さらに戦乱の後半からキーパーソンとなっていた西軍の好戦派、大内政弘と幕府との交渉を取り持ち、彼を四カ国の守護職として安堵、すなわち所有権を承認し、官位も上げることで和睦させて京都から撤収させます。政弘と対立していた乱の中心人物である畠山義就(よしひろ/よしなり)も、この撤収によって戦う意味がなくなり京都から退去。その見返りとして富子は義就に1000貫文を貸し付けた(一説には贈与とも)といわれています。
意地の張り合いで引っ込みがつかない状況において、それぞれの利害関係を見極め、落としどころをうまく考えた調停であり、富子の提案は出口戦略を見失っていた当事者たちにとっても歓迎すべきものだったといえます。

足利義尚像(地蔵院蔵)
足利義尚像(地蔵院蔵)

長引く戦乱で幕府の財政は混迷を極め、財源を確保するために行ったのが、「京の七口」と呼ばれる要所に関所を設け、財源に当てることでした。この施策は人々の不評を買いましたが、他に打つべき手がなかったとも考えられます。応仁の乱で京の町は甚大な被害を受け、幕府どころか朝廷の財源も困窮していたからです。歴史ある神社・仏閣はもとより、天皇の御所まで焼失してしまい、当時の後土御門天皇(ごつちみかどてんのう)は将軍家の邸宅である室町第で10年間、居候するという苦渋に満ちた生活を強いられます。そうした厳しい財政を切り盛りしたのが富子でした。
1474年には義政が隠居し、子の義尚(よしひさ)が第9代将軍に就任。まだ9歳だった彼をサポートする後見人として富子は、より深く政治に関わるようになります。

上:尋尊像(興福寺蔵) 下:銅銭(イメージ)
上:尋尊像(興福寺蔵)
下:銅銭(イメージ)

奈良の名刹、興福寺大乗院の門跡(もんぜき)、尋尊(じんそん)らが著した日記である『大乗院寺社雑事記(だいじょういんじしゃぞうじき)』では、「御台一天御計之間(みだいいってんおはからいのあいだ)」という記述があります。これは御台所である富子が天下のことを仕切っているという意味で、政権の中枢が将軍ではなく、富子だったことを記しているのです。権力者の元には料足(銅銭)や刀剣などの贈り物が集まります。富子はそれらを私財として蓄え、現代の貨幣価値にして70億円ほどの資産を有していたと伝えられます。現代のコンプライアンスからすると賄賂なのですが、当時は大名などの陳情を聞く見返りに金品を受け取ることが、将軍家ではごく普通に行われていました。こうした蓄財を富子は経済的に困窮する朝廷への献金や献品、内裏の修復や新邸の築造、さらには戦乱で焼かれた神社・仏閣などの修復に当て、世の平安を願ったといわれています。

足利将軍家を存続させるためにも朝廷との良好な関係を維持することは大切であり、将軍の後継となった子の義尚のために有利な政治環境を整えたいという思いもあったようです。京都の米座といわれる米の取引市場で利益を上げたという言い伝えがありますが、これは戦乱で不足する米を蓄えるための米蔵を建てる計画があった話に尾ひれがついたものといわれています。富子の実家である日野家の領内が商人の多く住むところで、経済活動が盛んだったため、領内で行われた商いがすべて富子のしたことに見えてしまったのではないか、とも考えられています。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「この人に学ぶ -Expert-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「この人に学ぶ -Expert-」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • ヒロインの視点
  • 挑む人
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内