| TOP | この人に学ぶ | ヒロインの視点 | 第4回 |

【ヒロインの視点】 第4回 淀殿〜逆境に立ち向かった大坂城の主〜

ジェンダー格差がなかなか解消されない日本。日本の歴史上、大きな役割を果たした
女性を取り上げ、あらためて日本という国の成り立ちや本質を考えます。
持統天皇、北条政子、日野富子、淀殿、春日局。旧来の日本史観にとらわれない
女性を主役にした新しい視点から歴史上の人物を見つめることで、
ジェンダー格差解消のヒントを探りたいと思います。

期せずして豊臣家の経営を担う

帝国データバンクによると、日本における社長の女性比率は8%(2020年4月末時点)で、世界の水準からすると、まだまだ少ないのが現状です。女性社長の継承理由は夫や父など身内からの事業承継が51%で、自分が社長になることを予期していなかった人がほとんどのようです。
男性は小さい頃から周りに期待されて後継者となることを自覚するものの、女性は自分が後を継ぐことを想定しておらず、親の死などで突然バトンを渡され、戸惑ってしまう人が多いのではないでしょうか。
経営者となる備えが不十分で、相談相手もなく孤独になりがちな女性社長は多く、最近ではそうした女性たちを支援するネットワークが生まれるなど、サポート環境がわずかながら整いはじめています。

伝淀殿画像(奈良県立美術館所蔵)
狩野光信筆 豊臣秀吉像(高台寺蔵)
上:伝淀殿画像(奈良県立美術館所蔵)
下:狩野光信筆 豊臣秀吉像(高台寺蔵)

時代もスケールもまったく違いますが、自分の意に反して大組織を経営する重荷を背負ってしまった女性がいます。それが淀殿です。豊臣秀吉の妻となり、秀吉の死後、子の秀頼の後見役として政局に関わるうちに、いつのまにか豊臣家の命運を左右する存在になってしまったのです。
秀吉は臨終の間際に「秀頼のことをくれぐれも頼む」と、主要な家臣である五大老に忠誠を誓わせ、豊臣家の行く末を託しました。五大老とは、徳川家康、毛利輝元、上杉景勝、前田利家、宇喜多秀家らの有力大名たちです。ところが秀吉の死後まもなく、秀吉の盟友で、秀頼を見守る傳役(ふやく/もりやく)だった前田利家が世を去り、徳川家康が専横的な振る舞いをするようになります。そして関ヶ原の戦いが起こり、東軍の徳川家康と西軍の毛利輝元、上杉景勝、宇喜多秀家が対立することで五大老体制は消え去り、家康の天下がはじまります。秀吉の構想した事業承継プランはまったく機能しなかったといえるでしょう。

現代のビジネスに置き換えて淀殿の視点で見ると、このような図式になります。
後継者が成人になるまで後見役をまかせていた重役が死去。
最も力のある重役が権力を掌握し、事前の断りもなく別会社を設立。
優秀なスタッフを引き抜いて勢力圏を拡大し、本社をしのぐ力をつける。
わが子はまだ幼く、このままでは後継者の座を奪われてしまう。

絹本着色高台院像(高台寺所蔵)
絹本着色高台院像(高台寺所蔵)
※高台院:北政所のこと

こうした危機感をもって、やむにやまれず豊臣家の経営に携わるようになったのが実状です。豊臣家に仕えていた有力な大名は関ヶ原の戦い以後、多くが徳川につき、豊臣家を支える人材が手薄になってしまったのも淀殿の不安をかきたてました。秀吉にはおねの名で知られる北政所(きたのまんどころ)という正室がありましたが、秀吉の死後は大坂城を去り、尼となり豊臣家の供養に専念します。北政所は長年、秀吉と苦労を重ねてきた共同経営者のような存在であり、マネジメント力やコミュニケーション力が高く、秀吉が遠征中は家のことを巧みに取り仕切り、家臣からの信頼も厚い人でした。人柄の良さから織田信長や徳川家康からも一目置かれる存在であり、彼女が豊臣家を率いればうまくまとまったのではないかと考える人もいます。
歴史学者の田端泰子氏によると、淀殿が子を授かったせいで、秀吉の後家としての役割は淀殿と北政所で二分されたといいます。後継者が幼少の場合、北条政子や日野富子のように後家と後継者が共同で、もしくは後家自身が執政しつつ夫の菩提を弔うのが一般的ですが、豊臣家の場合は淀殿が執政、北政所が弔いと役割を分担したのです。そのため豊臣家の結束力が弱まってしまったのではないか、という見方もあります。

凄絶な人生を歩んだ浅井三姉妹の長女

三姉妹像(北ノ庄城趾(柴田神社)蔵)
三姉妹像
(北ノ庄城趾(柴田神社)蔵)

淀殿は「戦国一の美女」とうたわれた織田信長の妹、お市の方と北近江の戦国大名、浅井長政(あざいながまさ)の間に生まれた浅井三姉妹(あざいさんしまい)の長女です。淀殿はしばらくの間、淀城に居たことからついた当時の通称で、手紙のやりとりでは幼名の茶々(ちゃちゃ)をそのまま名乗っていました。明治になるまで日本の武家は夫婦別姓だったので、北条政子などと同じように、本来は浅井茶々と呼ぶべきではないか、と考える人もいます。

淀殿は北条政子、日野富子とともに日本三大悪女の一人といわれてきました。政子や富子が必ずしも悪女でなかったように、淀殿もまた後世の人たちによって作為的に悪女にされた人といえます。現代では淀殿の人物像を見直す動きがあり、NHKの大河ドラマを例に見ても、ここ最近で淀殿を演じたのは深田恭子(天地人)、宮沢りえ(江〜姫たちの戦国〜)、二階堂ふみ(軍師官兵衛)、竹内結子(真田丸)と、悪女のイメージはなく、苛酷な運命に立ち向かう悲劇のヒロインとして描かれているようです。

「絵本太閤記5巻」より浅井長政最期(国立国会図書館蔵)
「絵本太閤記5巻」より浅井長政最期
(国立国会図書館蔵)

すでに広く知られている淀殿の生涯ですが、あらためて簡単に振り返ってみましょう。
お市の方と浅井長政との間に生まれた浅井三姉妹は、長女が淀殿、次女が初(はつ)、三女が江(ごう)です。浅井長政は織田信長を裏切り、朝倉義景と手を組み敵対し、小谷城の戦いで滅ぼされます。このとき浅井氏が籠城する小谷城を攻めたのが木下藤吉郎(豊臣秀吉)でした。長政は自刃しますが、お市の方と三姉妹は信長の指示で救出されます。1573年、淀殿が5歳のときでした。

柴田勝家像(個人蔵)
柴田勝家像(個人蔵)

その後、お市の方と三姉妹は信長の弟である織田信包(のぶかね)のもとで保護され、しばらくは平穏な日々を過ごします。しかし1582年、本能寺の変で信長が非業の死を遂げると状況は一変。お市の方は、信長の有力な家臣だった柴田勝家と再婚し、三姉妹も勝家のもとに身を寄せます。まもなく勝家は急速に力をつけた羽柴(豊臣)秀吉と対立し、1583年の賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いで破れ、北ノ庄城の戦いで滅ぼされます。お市の方は勝家とともに自害しますが、三姉妹は秀吉に保護されました。淀殿13歳、初11歳、江9歳。三姉妹は秀吉のもとで暮らすようになります。

浅井三姉妹にとって秀吉は、母のお市、父の浅井長政、柴田勝家を死に追いやった親の敵であり、憎しみを抱いて当然の相手ですが、長女の淀殿としては幼い妹たちを守らなければならないという思いが強く、やむなく秀吉の世話になったと伝えられます。長じて次女の初は大名の京極高次の正室に、三女の江は二度の結婚を経たあと、徳川幕府の第2代将軍、徳川秀忠の正室となります。そして自らは秀吉の妻となり、妻たちの間で唯一子を授かります。最初の子である鶴松が3歳で夭折、2番目の子、秀頼が生まれたとき秀吉は57歳、淀殿は25歳。その5年後、秀吉は亡くなります。

淀殿は実質的に大坂城の主となり、幼い秀頼を豊臣家の後継者として育てますが、次の天下人となった徳川家康にじわじわと追い詰められます。そして1615年、大坂夏の陣で豊臣家は滅亡。淀殿は秀頼とともに自害し、炎上する大坂城のなかでこの世を去ります。
幾多の悲劇が展開された戦国時代、織豊時代のなかでも、三英傑、信長、秀吉、家康のすべてに深く関わり、三度も落城を経験した淀殿の人生は、ひときわドラマチックなものでした。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「この人に学ぶ -Expert-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「この人に学ぶ -Expert-」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • ヒロインの視点
  • 挑む人
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内