| TOP | この人に学ぶ | 挑む人 | 本間ますみ |

【挑む人】第36回   ペットボトルアーティスト 本間ますみ「ペットボトルから見えてくる持続可能なアートの世界」

人類が石油からつくり出した容器、ペットボトル。近年はプラスチック削減の掛け声のもと、悪者扱いされることも多いが、そこにアート材料としての可能性を見いだしたのが、ペットボトルアーティストの本間ますみ氏だ。ペットボトルとLED照明だけで表現するネイチャーワールド。ペットボトルを工芸美術にまで高めることで、人々の使い捨ての意識を変えたいという。

※本記事は2021年9月に掲載されたものです

「エコなクリスマス」なのに使い捨てている自分に違和感

本間ますみ(ほんま・ますみ)プロフィール

女子美術大学絵画科卒業。2006年からペットボトル・ソフィストケイティド・アートの制作を開始。生物学的見地に基づいた実物大のリアルな作品は、沼津港深海水族館、滋賀県立琵琶湖博物館、日田市立博物館などに常設展示。近年はあすたむらんど徳島 徳島県子ども科学館や福岡市科学館でのSDGs関連のイベントにも関わる。

※黒字= 本間ますみ 氏

──ペットボトルのリサイクル率は85%以上といわれますが、ポイ捨てされ、ゴミになるものも少なくありません。近年はマイクロプラスチックの海洋流出も危惧されています。そのペットボトルをアート作品としてよみがえらせようと考えたきっかけは何だったのでしょうか。

1992年に美大を卒業して、就職したのが動物園や水族館、博物館などの修景工事・展示演出を手がける専門の会社でした。自然豊かな佐渡で生まれ育ち、将来は生物学者になりたかったほど生物が大好きでしたから、まずはアルバイトから始め、1年後に就職できたんです。ちょうど、日本の動物園が「種の保存」の観点から生物が野生で生息している環境を再現する生態展示に取り組むようになった時期。私も会社に入るとすぐに、東京都立の動物園・水族館の修景工事に携わりました。横浜市立の動物園にも着工初期から関わり、オランウータン舎では生息地のボルネオ島の石灰質の地質を再現したこともあります。博物館や科学館でも学術的な展示に関わることができました。

上/萼(がく)が花びら状に変化したガクアジサイをペットボトルとLED照明で表現 中/体を立体的に表現したアマガエル。作品を展示しながら子ども向けのワークショップを開催することも 下/1枚1枚の羽にまでこだわったスズメ
上/萼(がく)が花びら状に変化したガクアジサイをペットボトルとLED照明で表現
中/体を立体的に表現したアマガエル。作品を展示しながら子ども向けのワークショップを開催することも
下/1枚1枚の羽にまでこだわったスズメ

生物学者にはなれませんでしたが、動物園や水族館の修景展示に携わり、生物学者や獣医師の方々と専門的な話をすることができて意欲的に頑張れていたところ、バブル崩壊で会社が解散。その後は装飾展示の工房を自分で立ち上げ、ホテルや駅のディスプレーにオリジナルのLEDイルミネーションを取り入れることも始めました。

そんな時、あるホテルのクリスマスイベントの話が舞い込みました。省エネ、省資源を意識した「エコなクリスマス」がテーマ。素材をリサイクルに絞り、木や空き缶などで試行錯誤した結果、クリスマスのオーナメント(装飾品)に、初めてペットボトルを使ってみました。LED照明で浮かび上がらせると、ガラスのような透明感でなおかつ、耐久性があり、元がペットボトルとは思えない美しい輝きを発してくれました。展示は大好評だったのですが、ふと思ったのです。

「この飾り物はクリスマスが終わったら、全部産業廃棄物になってしまうんだな」って。エコだというのに、材料を使い捨て、多くのゴミを排出している自分にわだかまりを感じました。そんな時、2011年の東日本大震災があって、改めて自分の姿勢を考え直し、地球環境のことを大きく広く意識するようになりました。

表現の可能性を感じるペットボトルのアートは続けよう。胸を張ってエコ活動の芸術性というものを追求してみよう。ただ、そのためには作品づくりに接着剤や塗料を使うのをやめようと、まずはそこから試行錯誤を始めました。

──接着剤や塗料を使わなければ、そのまま資源として再利用しやすいからですね。

そうなんです。私の作品の材料は、すべて家庭で使用済みのペットボトル。もちろん自宅で使ったものもあれば、近所の人が持ってきてくれるものもあります。それを作品のパーツに合うように切ってストックしておいて、組み立てる時は、接着剤ではなくハンダゴテで溶着。着彩はせずに、色はLED照明で演出します。作品を廃棄する際は、解体して資源ゴミの日に出せば、そのままリサイクル資源にしてもらえます。

ペットボトルをアートとして再生すれば、ペットボトルの価値が見直されるし、地球環境を考える何かのきっかけになるはず。アーティストがペットボトルに新たな価値を吹き込み、資源としてよみがえらせる作品を、私は「ペットボトル・ソフィストケイティド・アート」と名づけました。海外ではジャンクアートと呼ばれることも多いですが、リサイクルのことも考えながら精緻に設計、装飾するという意味で「ソフィストケイティド」なのです。

本間ますみ氏

──本間さんのアート作品に登場するのは、森や海や川にすみ、空を飛ぶ動物たち。生態系を再現するようなネイチャーワールドです。深海や水辺の生物たちが生き生きと躍動しています。

2010年に新江ノ島水族館で「サンゴ礁の世界」を展示したのが、本格的な展示の最初でした。翌年には沼津港深海水族館で4.6mサイズのリュウグウノツカイが初めて常設展示されました。リュウグウノツカイはめったに生きている姿を見ることはなく、資料も乏しい。それでも、実物標本や、インターネットで泳ぐ姿を見て創作しましたね。その後、私の活動はメディアにも盛んに取り上げられるようになりました。

──作品を通して、普段触れることのない大自然を感じ、それに癒やされる人も少なくありません。

私の作品展示にはタイトルがあるだけで、説明書きもなく、ナレーションもありません。ただ波の音と、LED照明に浮かび上がる動物たちがそこにいるだけです。それでも、作品の前に置いたベンチにぼーっと2時間も居続けた人がいます。その人のブログには「ペットボトルごときに癒やされてしまった」と書かれていました。私の作品に接することで「ペットボトルごとき」でも、何かを感じ取ってくれればいいな、と考えています。 「わあ、きれい!」という驚きでも、場合によっては、「海洋に捨てられたペットボトルで魚もプラスチックになってしまった」というシュールな印象でも、感想はどんなものでもいいんです。

地方の展示ではできるだけ、その地方の特徴的な景観や動物相、植生を再現しようとしています。沖縄の博物館ではジュゴンをつくったこともあります。今考えているのは北海道の動植物。シマフクロウなどの希少動物も含めた固有の生物環境を表現してみたい。日本は亜熱帯から亜寒帯まで季節が豊かな国ですから、その生態系をペットボトルですべて再現できたら素晴らしいけれど、あと何年かかりますかね。

作品のために生物の世界をゆがめることはしたくない

上/キャップを分別し、きれいに洗った空きペットボトル。これが画材のすべて 下/ペットボトルの形状や材質ごとに分けられた素材ストック
上/キャップを分別し、きれいに洗った空きペットボトル。これが画材のすべて
下/ペットボトルの形状や材質ごとに分けられた素材ストック

──本間さんがつくる動植物は、サイズも実物大、極めて精巧で、ウミガメの甲羅の模様や、イワシのうろこの一つひとつまで丁寧に刻まれています。標本ではなくアートなのに、そこまでこだわられるのはなぜですか。

展示を通して自然界のことに関心を持ってほしいという思いがありますし、そうであれば、嘘はつけないからですね。

展示イベントではよく子どもたちを集めてワークショップを開きます。「ここにカエルがいるよ、探してごらん」とか「トンボやメダカはどこにいるのかな」などとクイズを出して、子どもたちに探してもらう。「メダカはセリの葉の陰に隠れているかもね。冬にはトンボはいないから、きっと夏のコーナーだね」とか、時々ヒントを出しながら。子どもたちはなんとか見つけ出そうと目を凝らします。その時、メダカは本物のメダカ、カエルは本物のカエルに近い形でなければ、子どもたちの感性を育てる上では意味がありません。

これは私が動物園の生態展示に関わった経験があるからかもしれませんが、作品のために生物の姿をゆがめることはしたくないんです。特に子どもたちには姿や形を間違って受け取ってほしくない。ペットボトルのカエルを発見して、「あっ、僕がこの前草むらで見つけたカエルと同じだ」と言ってもらいたいんです。

裁断にはハサミ、パーツの溶着や模様づけにはハンダゴテが使われる。コテ先は0.5mmと細いものも
裁断にはハサミ、パーツの溶着や模様づけにはハンダゴテが使われる。コテ先は0.5mmと細いものも

──ただ、芸術には模倣がある一方で、省略や誇張もありますね。それが芸術性と呼ばれるゆえんではないのでしょうか。

自分の個性を主張したい芸術家にとってはそれが重要ですが、私は私という存在はできるだけ消して、作品の世界とだけ向き合ってほしいんです。その世界に没入していただくためにも、できるだけリアルに近づけたい。

例えば江戸期の画家、伊藤若冲が描いた鶏の絵を、鶏を実際に飼っている農家の人が見て、「これは、うちの庭のチャボじゃない」と言ったとしたら、若冲もしょげてしまったはずです。徹底的な写実があるからこそ、絵の中で鶏が生き生きと動きだす。私がつくる作品もそうありたいと思います。

もちろん最初からそんなに精密につくっていたわけではありません。ペットボトルアートをつくり始めた頃、スズメの作品をブログで紹介したところ、それを見た見知らぬ方から「雰囲気は出ていますが、羽が違います」というコメントをもらったことがありました。鳥の羽には、風切羽というのが何列かあり、さらに雨覆羽や小翼羽、尾羽などがあり、それぞれ形が異なるというのです。バードウォッチングをしている方のようでしたが、その指摘にハッとしました。

たかがスズメ一羽といってもおろそかにはできない。手を抜いたつもりはないのですが、そう指摘されると悔しいじゃないですか。そこで野鳥の羽だけを集めた図鑑を買ってきて、勉強し直しました。次の作品は「ちょっと太っているけれど、まあ、冬スズメということで」とOKをいただきました(笑)。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「この人に学ぶ -Expert-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「この人に学ぶ -Expert-」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • ヒロインの視点
  • 挑む人
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内