| TOP | 興味を広げる | ミレニアル世代のトリセツ | 第6回 | 2ページ目 |

【ミレニアル世代のトリセツ】第6回 ランキングで見る!上司世代が理解できない「若者の行動&言動」

上司世代が違和感を持つのは「言い訳」や「言葉遣い」

さて、ここからが本題です。これら若手の行動・言動の中で、上司世代が特に「違和感を覚える」のはどんなことなのでしょうか? 同じ項目に対し、今度は「あなたが部下や目下の人にされて違和感がある行動はどれですか」と聞いてみました。

画像

1位は「ミスをしても素直に謝らず、言い訳をする」で36.6%。
拮抗する形で「先輩や上司(あなた)に対してフランクな口のきき方をする」(35.9%)が続きます。4位の「先輩や上司(あなた)同席のランチや飲み会の最中に、スマホをいじる」(30.6%)も3人に1人が「違和感あり」としています。

一方で、回答者が少なかったのは「会議中に手書きのメモではなく、パソコンやスマホで議事録をとる」(8.4%)、「会社の飲み会や上司の誘いよりも、恋人とのデートや友人の集まりを優先する」(7.9%)といった項目。
このあたりはビジネスツールの移り変わりや、飲みニケーションに対するマインドの変化なども相まって、寛容度が高まっているのかもしれません。

次に、30〜69歳までの回答結果を年代別に見てみましょう。それぞれの年代で「違和感を覚える」割合が30%を超えた項目の数をピックアップすると、40代前半・40代後半の「4つ」が最も多い結果となりました。

画像
画像

興味深いのは、50代よりも若手と年齢の近い40代の方が、より多くの違和感を持っていること。直属の上司世代にあたる40代は、現場での若手との接点が多く、そのぶんストレスを感じやすいのかもしれません

実際、40代のフリー回答からは、若手に対するこんな不満の声も挙がりました。

●「自分を有能だと思い込んでいる」(40代前半・女性)
●「指摘されるとすぐにやる気をなくす」(40代前半・女性)
●「目線を合わせてこない」(40代前半・女性)
●「遅刻しても謝罪がない」(40代後半・男性)
●「気が利かない」(40代前半・女性)

一方、逆に若手を評価するコメントをしているのは50代が多く、やはり40代と50代では若い社員に対する目線が若干異なっていることが伺えます。

●「年齢の割にしっかりしている」(50代前半・男性)
●「優秀な人ばかり」(50代後半・男性)
●「最近も昔も同じ」(50代前半・男性)
  前のページへ 1   2   3 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内