| TOP | 興味を広げる | 三国志から学ぶ人財戦略 | 第2回 知力を武器とせよ -参謀たちの叡智[前編]- |

【三国志から学ぶ人財戦略】第2回 知力を武器とせよ -参謀たちの叡智[前編]-

三国志は今から1800年以上も前の中国を舞台に繰り広げられた物語である。
これまで幾度となく小説、映画、漫画、ゲームの題材となり、ビジネスでも教材に取り上げられてきた不滅のコンテンツともいえる。
なぜ、いま三国志なのか。それはこの物語で展開される人材活用の妙にある。
人材不足が問題となる一方で、多くの仕事がAIに代用されていく現代。
いかなる「人"財"戦略」が必要なのか。三国志を通して考えていきたい。

インテリジェンスが競争力の源泉に

インテリジェンスが競争力の源泉に

状況がめまぐるしく変わる現代のビジネスでは、情報、通信、先進的なテクノロジーの融合によって、さまざまなイノベーションが生まれている。経営トップ単独の知識や経験では判断が難しいことも多く、参謀役の役割がますます重要になっている。規模の大きな企業では、COO(最高執行責任者)、CFO(最高財務責任者)、CIO(最高情報責任者)が存在し、さらに昨今ではCHRO(最高人事責任者)なる補佐役も登場している。少数精鋭のスタートアップでも、専門的なアドバイスを提供してくれるブレーンを内外に持っている経営者は多い。

参謀役について考えるうえで、三国志は格好の教材である。勇猛な武将たちの激闘は三国志の見せ場のひとつだが、三国志のおもしろさは単なる武力の優劣ではなく、知謀を尽くした駆け引きに負うところが大きい。さまざまな情報を収集・分析し、味方に有利な戦略を導き出す参謀役の仕事ぶりは、とても1800年前の物語とは思えないほど知的だ。現代でいうところのビジネスインテリジェンスが巧みに活用されているのである。

「新訂 孫子」金谷治訳注(岩波文庫)
「新訂 孫子」金谷治訳注(岩波文庫)

ビジネスインテリジェンスという概念が広まりはじめたのは20世紀後半だが、戦略立案における情報活用の重要性は、はるか昔から認識されてきた。このメソッドのルーツもまた中国だ。紀元前6世紀に孫武の著した兵法書『孫子』である。『孫子』は単なる古典ではない。日本も多大な影響を受けたが、その研究者や読者は世界に広がっている。近代では20世紀を代表するイギリスの戦略思想家、ベイジル・リデル=ハートに影響を与え、現代においても欧米の軍事関連の教育機関などで研究されている。グローバルに展開するIT企業の経営者などにも愛読者が多い。
三国志はこの『孫子』ときわめて関わりが深い。魏の曹操は『孫子』における第一級の学者であり、現代に伝えられる『孫子』には曹操が書き込んだ注釈が生かされている。呉の孫権は孫子の末裔であることを自称している。蜀の劉備は学問が嫌いで読んでいないとされるが、『孫子』を熟知した諸葛亮を軍師として迎え入れている。三国志は『孫子』の実践の場ともいえるのだ。三国志の世界にビジネスの視点を投影する人が多いのは、『孫子』の戦略、ひいてはビジネスのストラテジーをそこに見い出すことができるからだ。

今回のテーマは「参謀たちがいかに知力を駆使したか」。三国志のなかでも特に興味深い題材のため、前編・後編の2回にわたってお届けする。前編では魏・呉・蜀それぞれの陣営でもっとも重要な役割を果たしたと思われる参謀役にフォーカスを当てる。そして後編ではその他の主要な知恵者たちを取り上げる。あなたが右腕にしたい参謀役は誰だろうか。

曹操が絶大な信頼を寄せた賢才、荀

荀 曹操の覇業を支えた天才軍師
「荀 曹操の覇業を支えた天才軍師」
風野真知雄著 PHP研究所 電子版のみ発売中

曹操には多くの優秀な参謀役がいたが、最良のひとりをあげるとすると、荀掾iじゅんいく)になるだろう。彼は袁紹(えんしょう)を見限って曹操を主君に選んだ人物だ。若い頃から王を補佐する「王佐の才」があると注目された切れ者である。荀揩得たとき、曹操は「自分にも張良(ちょうりょう)が来てくれた」と大いに喜んだという。張良とは漢を建国した劉邦の軍師として活躍した人で、参謀役の理想ともいうべき存在である。

曹操肖像
曹操肖像
(Pen 2019年8月1日号
CCCメディアハウス イラスト:阿部伸二)

荀揩フ知力は、敵を攻略するためだけでなく、経営トップの手腕を高めるためにも活かされた。その好例が当時最大の勢力を有していた袁紹(えんしょう)と雌雄を決した「官渡(かんと)の戦い」である。

豪胆で自信家の曹操だが、袁紹からの挑戦状を受け取ったときは、すっかり戦意を失っていた。袁紹軍10万に対して曹操軍は2万に満たない。明らかに兵力差がある。このとき曹操を鼓舞したのが荀揩セった。彼は袁紹と曹操を比較して、曹操に勝ち目があることをわかりやすく説いた。ポイントをまとめると次のようになる。

荀揩ェ説く!曹操が袁紹より有利である4つのポイント 荀揩ェ説く!
曹操が袁紹より有利である4つのポイント

部下の起用法

袁紹:鷹揚に見えて猜疑心のかたまりで、部下に仕事をまかせながら、疑うところがある。

曹操:細かなことにこだわらず適材適所に徹している。袁紹よりも度量が大きい。

意思決定力

袁紹:腰が重くて煮え切らず、いつも好機を逃している。

曹操:決断力、応変の才があり、袁紹よりも謀略に長けている。

軍の統率力

袁紹:軍の統制を欠いて軍令が行き渡らず、兵力はあっても強さを発揮できない。

曹操:軍令を確立し、信賞必罰を徹底している。兵の数は劣っていても士気が高い。

側近の資質

袁紹:名門としてのプライドが高く、教養のあるところを見せたがり、まわりの評判ばかりを気にしている。その結果、彼の元に集まっているのは口先だけで行動を伴わない人々が多い。

曹操:わけへだてなく部下を遇し、自分は質素な生活をしながら、功績をあげた者には賞を惜しまない。心ある人物はいずれ曹操のために働きたいと願っている。

絵本通俗三国志 2の3編 曹操官渡戦袁紹
絵本通俗三国志 2の3編 曹操官渡戦袁紹
(国立国会図書館蔵)

もとは袁紹に仕えていた荀揩セけに、袁紹の弱点を鋭くついた競合分析を行い、曹操のモチベーションを高めるインテリジェンスを生み出している。曹操の側にも弱点はあったはずだが、それはあえて伏せておき、進言すべき内容を取捨選択して戦局を有利にする内容に絞ったのである。

新事業をスタートしようとした矢先に、大手企業が競合として参入してきた。現代のビジネスに置き換えるとそんな状況だろう。そこで、絶対に勝てるから迷わず事業を進めましょう、と言い切るのが荀揩ナある。こんな賢才が参謀役にいたら経営者はこの上なく心強いに違いない。
晩年の荀揩ヘ不幸な死を迎える。曹操が漢王朝を廃して禅譲によって帝位につこうとする動きを見て、出過ぎた行為であると諌めたことをきっかけに、曹操との関係が冷え込んでしまう。荀揩ヘ国政の中枢から外され、追い詰められていく。自分がもう曹操には必要のない人間になったと悟ったときに自ら死を選んだのである。たとえ経営トップに煙たがれようと自分が正しいと思ったことを貫き通す。結果がどうであれ、これこそ参謀役の王道というべき姿といえるだろう。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内