| TOP | 興味を広げる | 「戦う城」に学ぶ経営戦略 城のストラテジー | 第1回 |

【「戦う城」に学ぶ経営戦略 城のストラテジー】第1回 美しい外観に高度な防御力 世界遺産 姫路城

なぜ、そこに城があるのか。なぜ、このような構造なのか。軍事要塞である城には、城主の知恵や思惑が潜んでいる。その戦略の立て方は現代のビジネスにも通底することが多い。主要な建造物が現存する名城を中心に「戦う城」の実力に迫る。

◎所在地:兵庫県姫路市本町 ◎主な築城:天正8年(1580年)羽柴秀吉 慶長6年(1601年)池田輝政

室町時代、すでに城の原型があった

春の姫路城(改修後)
春の姫路城(改修後)

別名、白鷺城(はくろじょう/しらさぎじょう)の名をもつ国宝、姫路城。現在、国宝に指定されている城は、姫路城をはじめ、松本城、犬山城、彦根城、松江城(2015年指定)の5城のみである。なかでも姫路城は1993年に日本初のユネスコ世界遺産に指定されるなど別格の存在であり、日本を代表する名城として世界に広くその名を知られている。2015年に「平成の修理」を終えて、まばゆいばかりに白く輝くさまは、400年以上も前に築城された当時の清新な美しさをいまに伝える。

いつこの城が築かれたのか。そのルーツは室町時代にさかのぼる。1346年に播磨を所領していた赤松貞範(さだのり)が姫山と呼ばれるこの地に砦を築いたことがはじまりとされる。このあたりは山陽道と山陰道を結ぶ基点で、出雲・因幡・但馬の街道が分岐する交通の要衝であった。のちにこの地には赤松氏の一族、小寺氏の重臣である黒田氏の居城が築かれることになる。

黒田考高像(福岡市博物館蔵)
黒田考高像(福岡市博物館蔵)

世は戦国時代。黒田孝高(よしたか)、すなわち黒田官兵衛(かんべえ)の代に、姫路城は一躍、歴史の表舞台に躍り出る。織田信長の命で中国地方攻略をうかがっていた羽柴秀吉に、黒田官兵衛はこの城を献上。中国地方を攻める拠点として活用することを進言する。秀吉はこの進言を受け入れ、黒田氏の居城を大規模に改修し、長大な石垣と3層の天守をもつ近世城郭に造り替えた。権力を誇示する政治的要素と、防御を固める軍事的要素をあわせもつ、いわば織豊系城郭の典型ともいえる城である。当時の西国ではまだ天守閣をもった城はなく、空高くそびえ立つ堂々たる城の偉容は西国の武将たちを畏怖させたという。

この豊臣の城をガラリと造り変えたのが、現在の姫路城である。徳川の天下となり、ライバルをいかに封じ込めるかという戦略が姫路城には秘められている。その築城のプロセスは激しいシェア争いを繰り広げる現代のビジネスにも通じるところがある。

豊臣から徳川へ。競争力を高める城

現存の姫路城を築いたのは池田輝政(てるまさ)である。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで東軍の徳川につき功績をあげた輝政は、52万石の大名として家康より姫路の藩主に命ぜられる。輝政は家康の次女、督姫(とくひめ)をめとった娘婿であり、「西国将軍」「姫路宰相」といわれるほどの権勢を誇った。かくして姫路城は豊臣のものから徳川のものとなり、秀吉の築いた城郭は取り壊され、5層6階の大天守に3棟の小天守をもつ壮大な白亜の城郭が築かれた。

連立式天守閣群
連立式天守閣群

姫路城は単なる大名の居城ではなく、徳川が豊臣を封じ込める「大坂包囲網」の要所である。大坂包囲網とは豊臣家に恩顧のある西国大名を牽制するためのもので、大坂城に通じるルートに睨みをきかせるものだ。かつて秀吉が家康を封じ込めるために敷いた「徳川包囲網」と似ているが、大坂包囲網は西国大名を牽制するだけでなく、江戸を攻める大名を迎え撃つ城塞の役割をより強化していた。

①壮麗な外観で豊臣恩顧の西国大名を威圧する。②戦に備えて城の防御を徹底する。
姫路城の役割は、この2つに集約される。
現代のビジネスに置き換えると、大坂包囲網はいわば徳川という急成長の最中にある企業の支社ネットワークであり、なかでも姫路城は西日本支社ともいうべき重要な戦略拠点といえる。中国地方という未開拓マーケットにおけるシェアを拡大しつつ、ライバル企業の攻勢を食い止める。そんなミッションを担っていたといえる。池田輝政は有力大名であるが、姫路城のプロジェクトに関しては「創業者オーナー」である家康の意向に忠実に従ったものと思われる。

まず、第一の役割である「西国大名の威圧」についてどのような策を講じたか。新しいターゲットである中国地方を確実に掌握するために、家康と輝政がとった戦略が姫路城というランドマークを活用した徳川ブランドの価値向上である。当時の中国地方を代表する城といえば広島城と岡山城だが、どちらも外観は黒である。姫路城のような連立式天守の堂々たる外観をもち、まばゆいばかりに白く輝く城を人々は見たことがない。さぞかし強烈な印象を覚えたことだろう。もはや徳川に敵対するのは得策ではないということが暗黙のうちに了解されたに違いない。テレビもインターネットもない時代、姫路城という壮麗にして優美な建造物そのものが強力な広告メディアとなり、徳川ブランドの価値向上に多大な効果を発揮したともいえる。
徳川の権力を世に広く知らしめることで抵抗勢力を帰順させる。これは「戦わずして勝つ」を最善とする孫氏の兵法にも通じる戦略でもあった。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内