| TOP | 興味を広げる | 「戦う城」に学ぶ経営戦略 城のストラテジー | 第2回 |

【「戦う城」に学ぶ経営戦略 城のストラテジー】第2回 唯一現存する漆黒の五重天守 国宝 松本城

なぜ、そこに城があるのか。なぜ、このような構造なのか。軍事要塞である城には、城主の知恵や思惑が潜んでいる。その戦略の立て方は現代のビジネスにも通底することが多い。主要な建造物が現存する名城を中心に「戦う城」の実力に迫る。

◎所在地:長野県松本市丸の内 ◎主な築城:天正18年(1590年)〜文禄3年(1594年)石川数正・康長

ライバル陣営からの転身組、石川数正が築城

松本城(松本城管理事務局提供)
松本城(松本城管理事務局提供)

日本最古の5層6階の天守閣をもつ国宝、松本城。漆黒の外壁に包まれていることから別名を烏城と呼ぶ人もいるが、松本城管理事務所の見解ではそうした歴史的な文献はなく、別名はあくまでも前身の「深志城(ふかしじょう)」だという。

松本城のルーツは信濃の守護、小笠原氏が16世紀前半に築いた深志城である。16世紀中頃には武田氏の支配下となるが、武田氏の滅亡後に激しい領土争いが繰り広げられる。結果としてこの地は徳川のものとなり、配下の小笠原貞慶が城主となる。天正18年(1590年)の小田原征伐によって徳川は関東に移封、小笠原氏も下総の古河に移ることになった。豊臣秀吉の命によって、かわりに城主となったのが石川数正である。この石川数正と嫡男の康長が現在の松本城を築いた。

石川数正は、もとは徳川の宿老だったが、天正13年(1585年)に徳川が真田氏を攻めた第一次上田合戦の直後、数正は一族を率いて徳川を出奔、豊臣の家臣となった。なぜ出奔したかは諸説あり、家康の勢いを削ぐための秀吉のヘッドハンティングという見方もあるが、真の理由は定かではない。
現代のビジネスに置き換えると、石川数正はライバル企業からの転身組。それもトップの側近を務めた大物である。それだけに周囲が寄せる期待は大きい。松本城を築くというプロジェクトは、みずからのマネジメント能力をアピールする絶好の機会であった。見事な城を築くことが秀吉に対する忠義の証明となる。逆に失敗すれば改易や御家取り潰しといったリストラにあう。数正・康長親子が築城に全力を傾けたことは言うまでもない。

秀吉の城としてのビジュアルを意識

秀吉は関東の統治を家康にまかせながらも、家康の勢力拡大を恐れ、江戸を封じるネットワークを築いた。いわゆる「徳川包囲網」である。のちに家康は秀吉の没後に「大坂包囲網」を構築するが、その前例ともいえる。京都と江戸を内陸で結ぶ中山道(なかせんどう)の要衝である松本城も重要な役割を担っていた。

松本城出土の金箔瓦(松本市立博物館蔵)
松本城出土の金箔瓦(松本市立博物館蔵)

徳川包囲網として、秀吉は松本城のほか、沼田城、上田城、小諸城、諏訪高島城、甲府城などに配下の武将を配置した。これらの城にはすべて「金箔瓦」が飾られたといわれる。金箔瓦とは当時の瓦の最高ランクに位置するもので、信長は自分の城にしか使うことを許さなかった。だが秀吉は自分の家臣たちにも使用を許可し、金箔瓦を各地に拡散させることで豊臣統治のシンボル、ビジュアル・アイデンティティとして活用した。徳川の者たちは各地の金箔瓦をあしらった城を見るたびに、秀吉の圧力を感じたに違いない。
こうしたやり方は、昨今の経営テーマとして話題になるデザインシンキングと通底するものがある。さまざまな分野でイノベーションを起こした秀吉であるが、デザインを戦略的に活用した点においても先駆者だったといえるだろう。ちなみに松本城では城内の土中から当時の金箔瓦が発見されている。

入母屋破風(いりもやはふ)(松本城管理事務局提供)
入母屋破風(いりもやはふ)(松本城管理事務局提供)

松本城の大天守は華美な装飾を抑えながらも、伝統様式に基づく気品と格調が追求されている。たとえば、入母屋破風(いりもやはふ)の妻飾(つまかざり)は、書院造に使用される木連格子だ。城にはあまり使われない様式だが、美観を高めるためにあえて採用されている。このあたりの趣味は石川数正・康長親子のものだろう。
外壁は秀吉の居城である大坂城と同様に黒漆である。黒は金箔が映えることから秀吉が好んで使用した色だ。いわば金と並ぶ豊臣グループのコーポレートカラーである。徳川包囲網の城のひとつであることを色でも強調したのだ。

後世、家康は姫路城をはじめ、白を強調した城を多く築く。これは秀吉政権との差別化を明確にするためのビジュアル戦略ともいえる。黒の豊臣と白の徳川。まさに碁石のような戦いの構図があったのである。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内