| TOP | 興味を広げる | 「戦う城」に学ぶ経営戦略 城のストラテジー | 第4回 |

【「戦う城」に学ぶ経営戦略 城のストラテジー】第4回 築城の名手による難攻不落の城 熊本城

なぜ、そこに城があるのか。なぜ、このような構造なのか。軍事要塞である城には、城主の知恵や思惑が潜んでいる。その戦略の立て方は現代のビジネスにも通底することが多い。主要な建造物が現存する名城を中心に「戦う城」の実力に迫る。

◎所在地:熊本県熊本市中央区本丸 ◎主な築城:慶長6年(1601年)加藤清正

加藤清正の「ケーパビリティ」を結集した熊本城

熊本城(熊本市熊本市観光振興課 提供)の画像
熊本城(熊本市熊本市観光振興課 提供)

2016年4月の熊本地震で石垣が崩落するなど大きな被害にあった熊本城。完全な修復には長い歳月を要するが、2019年までには大天守を再建する計画だという。修復の過程も公開されるとのことで、日本屈指の名城が復活していく経過を見守っていきたい。
熊本城跡は国指定の特別史跡である。大天守・小天守は西南戦争のとき原因不明の出火で焼失してしまい、1960年に外観が復元されたものだ。櫓・城門・塀など13の建造物は築城時の姿がほぼそのまま残り、国の重要文化財に指定されている。なかでも宇土櫓(うとやぐら)は3層5階の大きなもので大天守、小天守に次ぐ第三の天守と呼ばれる。高さは19mあり、これは彦根城や松山城とほぼ同じ高さである。

宇土櫓(熊本市熊本市観光振興課 提供)の画像
宇土櫓(熊本市熊本市観光振興課 提供)

熊本城を築いたのは、藤堂高虎と並び、築城の名手とされた加藤清正である。江戸時代の儒学者、荻生徂徠(おぎゅうそらい)の書物では、この二人が関わった城のなかで、熊本城は名古屋城、大坂城とともに三名城と記されている。ちなみに第1回にとりあげた姫路城は池田輝政によるものなので含まれていないが、熊本城、名古屋城、姫路城を三名城とする人もいる。
現代においても「行ってよかった!日本の城ランキング(トリップアドバイザー調べ)」で3年連続1位に輝くなど、熊本城は高い評価を得ている。

加藤清正公(本妙寺所蔵 熊本県立博物館撮影)の画像
加藤清正公(本妙寺所蔵 熊本県立博物館撮影)

加藤清正が城づくりの名手となったのは、豊臣秀吉の影響が大きい。清正は秀吉の遠戚にあたり、幼少時から秀吉の小姓として仕える。秀吉が長浜城を築いた頃から天下統一に至るまで、その城づくりを間近で見てきた。清正は秀吉の築城術をベースにしつつ、みずからが戦で得た体験を活かした独自の城づくりを習得する。先進的な建築テクノロジーや土木工学を駆使する知力、新たな仕掛けを考案する創造力、第一級の職工や絵師を活用するプロデュース力、さらには城下町を整備して経済を発展させるマネジメント力。熊本城はそうした清正の多彩な能力を集大成した城なのだ。

城づくりがインフラ整備と経済成長につながる

画像

加藤清正の前に肥後の隈本(熊本)城主だったのは佐々成政(さっさなりまさ)であった。成政は強引に検地を行おうとしたところ、肥後の国人たちの抵抗にあい、大規模な一揆が起こった。この失政の責任をとり、成政は切腹を命じられる。かわりに肥後をまかされたのが加藤清正と小西行長で、肥後の北半分を清正、南半分を行長が治めることになった。天正16年(1588年)のことである。関ヶ原の合戦のあとは、南半分も清正の領地となり、清正は肥後54万石の大名となった。

佐々成政から引き継いだ隈本城は防御が十分とはいえず、清正は新たに茶臼山を中心とする新たな城を計画する。築城に着手したのは慶長6年(1601年)で、それから7年をかけて現在の熊本城を完成させる。このとき清正は地名を隈本から熊本に改める。隈には「畏まる」という字が含まれ、武運を重んじる国柄に合わないというのが理由だ。城下町の整備も大々的に行われ、さらには肥後の特産品をもとに海外との貿易も行った。これらの施策によって肥後の経済は大いに発展したという。

築城の前から並行して行ったのが治水・利水工事である。川の流れを変えたり、堤防を築くことで氾濫を抑え、また農業用水を整備して農地を拡大するなど、さまざまなインフラの整備をはかった。農業土木の工事を行う際には、清正は作業に駆り出した民たちをねぎらうことを忘れず、大きな人望を集めたという。
これらのインフラ基盤は当時の人々の暮らしを向上させただけでなく、現代の人々にも恩恵を与えている。熊本の人たちが清正のことを「清正公(せいしょこ)さん」と呼び敬愛しているのは、業績の数々が「せいしょこさんのさたこつ(清正公のなさったこと)」として広く知られているためである。400年以上も前に造ったものが、変わることなくベネフィットを提供し続けている。新たなビジネスを構想するうえで、熊本城は示唆に富んだ事例といえるだろう。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内