| TOP | 興味を広げる | 「戦う城」に学ぶ経営戦略 城のストラテジー | 第5回 |

【「戦う城」に学ぶ経営戦略 城のストラテジー】第5回 高石垣を誇る藤堂高虎の城 伊賀上野城

なぜ、そこに城があるのか。なぜ、このような構造なのか。軍事要塞である城には、城主の知恵や思惑が潜んでいる。その戦略の立て方は現代のビジネスにも通底することが多い。主要な建造物が現存する名城を中心に「戦う城」の実力に迫る。

◎所在地:三重県伊賀市上野丸之内
◎主な築城:天正13年(1585年)筒井定次 慶長16年(1611年)藤堂高虎

築城のエキスパートにして戦国の転職王、藤堂高虎

伊賀上野城(伊賀文化産業協会 提供)の画像
伊賀上野城(伊賀文化産業協会 提供)

伊賀上野城は未完成の城である。天守の建造中に暴風雨を受け、完成間近に倒壊してしまい、現在の伊賀上野城は1935年に木造で建築された模擬天守である。しかし、ここには注目すべき遺産が残されている。高さ約30mの高石垣だ。徳川の再建大坂城ができるまでは日本一の高さを誇っていた。この石垣を築きあげたのは藤堂高虎。加藤清正と並び、築城の名手とうたわれた武将だ。もとは豊臣の家臣だったが、秀吉の死後は徳川家康に仕えるようになる。

藤堂高虎像(伊賀文化産業協会 提供)の画像
藤堂高虎像(伊賀文化産業協会 提供)

藤堂高虎の唐冠型兜(伊賀文化産業協会 提供)の画像
藤堂高虎の唐冠型兜(伊賀文化産業協会 提供)


藤堂高虎は主君を7度も変えたことから世渡り上手という声もある。政情がめまぐるしく変わる戦国の世では主君を変えることは珍しいことではない。ただ、ひとりの君主に仕え続けることが美徳とされた後世の江戸時代の価値観によって、高虎を義に欠けた男とみなす人がいたのだろう。しかし、その評価には曲解も多い。若い頃に主君に恵まれなかったり、主君の死に遭遇したりで、仕える相手が変わっただけであり、人一倍、忠義を重んじる人だったとの評価もある。豊臣秀吉の弟である秀長には死ぬまで忠誠を尽くし、徳川家康の信頼はとりわけ厚く、その死に際には枕元に呼ばれたほどである。

ビジネス社会においてもひとつの会社に勤め続けることが善という価値観があったが、もはやそういう時代ではない。勤務先が自分に合わないと思ったら、自己の能力を活かせる新天地を求めて、ステップアップするのはいまや当たり前のことだ。高虎は現代を先取りしていたともいえ、最近では「戦国の転職王」としてキャリア形成の視点からも注目されている。さらに藩主としての優れた実績があらためてクローズアップされ、江戸時代の藩政の基礎を築いた人としてマネジメントの分野でも脚光を浴びている。

伊賀上野城に秘められた徳川のトップシークレット

伊賀上野城は豊臣の天下では江戸の徳川家康を封じ、「大坂を守る城」だった。しかし、関ヶ原の戦いで家康が勝利したあとは、一転して「大坂を攻める城」となる。伊賀上野を重要視していた家康は慶長13年(1608年)に城主の筒井定次を改易し、かねてより高い信頼を寄せていた藤堂高虎を新たな城主に任命する。このとき家康は高虎に対して2つのミッションを与えていたという。

ひとつめは大坂攻めがはじまったとき、徳川の司令塔である名古屋城を守る前線基地となるように、伊賀上野城を大改修することだった。ふたつめは大坂城攻めが失敗したとき、この城を最後の砦にすることだ。つまり家康が絶体絶命の危機に陥ったときに生き延びるための城をつくれ、ということであった。
こうした家康の命を受けて大改修に着手した城は、前任の筒井氏の城郭の3倍の広さがあり、もし家康の兵が籠城しても十分なキャパシティを有していた。四方を水堀で囲まれ、高さ30mの高石垣の上にそびえたつ、まさに難攻不落の大要塞になるはずだった。

服部半蔵正成
服部半蔵正成

なぜ家康がここまで伊賀上野を重視したのか。その理由のひとつが「伊賀越え」の体験にある。天正10年(1582年)本能寺の変により、家康が滞在先である堺から急いで岡崎城に帰るときのことだ。政変の混乱に巻き込まれないよう、家康の一行は通常のルートを避け、人目につかない抜け道である伊賀越えを行う。しかし、行く先には盗賊や追い剥ぎが多く、何度も危険な目にあったが、伊賀忍者である服部半三保長(はっとりはんぞうやすなが)・半蔵正成(はんぞうまさなり)の親子に大いに助けられたという。家康は自らの苦い体験によって伊賀を統治する重要性を知ったのである。
藤堂高虎が伊賀上野城主となったときには、伊賀忍者の服部氏の一族を城代にしている。独立心が強く、毅然と権力に刃向かい、織田信長ですら手を焼いた伊賀衆を、藤堂高虎は現地の人材を積極的に登用することで巧みに統率したという。伊賀衆なら必ず窮地を救ってくれるに違いない。そんな家康の期待も伊賀上野城には込められていたに違いない。

このように伊賀上野城は単なる地方の城ではなく、大坂包囲網の秘密基地のような役割をもつ戦略上きわめて重要な城であった。高虎も城主であるとともに、伊賀忍者のネットワークを駆使してインテリジェンスの収集・分析を行うトップでもある。さらには家康からの特命を帯び、大坂攻めが不首尾に終わったときにどうするかというトップシークレットの情報も託されている。大坂攻略というプロジェクトに限っていえば、高虎は現代のビジネスでいうところのCIO、最高情報責任者に近い存在であったとも考えられる。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内