| TOP | 興味を広げる | 「戦う城」に学ぶ経営戦略 城のストラテジー リターンズ | 第2回 |

【「戦う城」に学ぶ経営戦略 城のストラテジー リターンズ】第2回 知略を駆使した九州最大級の城郭 福岡城

豊臣秀吉の軍師として知られる黒田官兵衛の子、長政によって築かれた福岡城。関ヶ原の戦いで東軍につき、徳川家康の厚い信頼を得た黒田家が52万石の大名として筑前(福岡)に移封されたのが、そのはじまりである。大規模な天守台がありながら、天守は築かれなかったとされるが、真相はどうなのか。幻の天守に秘められた戦略を読み解く。

黒田官兵衛・長政の父子の英知を結集した城

福岡城
福岡城

福岡城は広大な敷地をもつ城だ。国の史跡に指定されているエリアの総面積は約48u、城下まで加えると248万uにも及ぶスケールの大きさである。海から眺めたとき、多くの櫓(やぐら)が立ち並ぶ姿が鶴が舞うように見えたことから、舞鶴城という別名をもつ。江戸時代からの建造物が残る、長大な南丸多聞櫓(みなみまるたもんやぐら)は国の重要文化財に指定されている。
この城を築いたのは黒田長政だが、豊臣秀吉の軍師として知られる父の官兵衛も関与している。当時は軍師という呼称はなかったが、秀吉の天下統一に多大な貢献をした官兵衛の仕事ぶりを評して、後世の人々が軍師と呼ぶようになったのである。

ビジネスの世界でも経営者の傍らには、しばしば名参謀が存在する。ただ参謀役が優秀すぎると、経営陣から疎まれることがある。官兵衛はまさにそのタイプに当てはまる。晩年の秀吉は人たらしと呼ばれていた頃の快活さが失われ、むやみに人を疑う傾向があった。官兵衛もその才能を恐れられ、いつか自分にとって代わるのではないかと警戒される。それを察した官兵衛は早々と家督を長政に譲り、隠居の身となった。そして如水(じょすい)と名乗る。如水とは老子の「上善如水」からとったもので、水のように争うことなく流れるまま自然に生きることを善とする思想だ。わざわざ改名までして秀吉の嫌疑を振り払うことに努めたのである。

黒田長政は幼い頃から織田信長の人質となり、加藤清正や福島正則らとともに、豊臣(当時は羽柴)秀吉とおねの夫婦の元で育てられる。いわゆる秀吉の子飼いである。この子どもたちが長じて「七将」となり、自分の子を持たなかった秀吉を支えたのである。
長政は秀吉恩顧の武将ではあるが、朝鮮出兵を契機に石田三成との溝が深まってゆく。官兵衛、長政ともに、秀吉の死後、後継者は家康と見極め、早くから家康に接近してきた。
慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いで長政は徳川家康の東軍につく。自ら最前線で並外れた武勇を示しただけでなく、東軍勝利の決め手となった小早川秀秋や吉川広家の寝返り工作を行い、関ヶ原で第一の功労者といわれるほどの働きを見せた。一方で官兵衛は自らの領地である豊前の中津城を拠点に速成で軍を編成し、九州の西軍をことごとく打ち破った。家康にこの功績を認められ、黒田家は52万石の大封を得て豊前から筑前に移封される。ここから福岡城の歴史がはじまる。

黒田家の成長戦略を託した城のデザイン

黒田父子が筑前に新たな城を築こうとしたとき、住吉、箱崎、荒津(あらつ)、福崎(ふくざき)と4つの候補地があったという。選ばれたのは、すでに商都として栄えていた博多にもっとも近い福崎だった。黒田家にゆかりの深い備前の福岡(現在の岡山県瀬戸内市長船町福岡)にちなんで、この地は福岡と命名される。

築城にあたっては黒田長政が「縄張り(*)」を行っているが、官兵衛の意向も盛り込まれていると考えてよいだろう。(*「縄張り」とは城の配置や構造を決める設計図のようなもので、この良し悪しが城の使い勝手や防御力を左右する。)黒田家に残る史料では、長政と官兵衛の出す指示が異なり、現場が困惑していたところ、長政が自分の指示通りでよいという回答を出している。官兵衛の助言を聞きながらも、長政がイニシアティブをとって、このプロジェクトを進めていたことがうかがえる。
黒田官兵衛といえば、軍略家としてだけでなく城づくりにおいても才能を発揮し、加藤清正、藤堂高虎とともに築城の名手と謳われた男である。秀吉時代の大坂城と姫路城の築城に関わり、秀吉の朝鮮出兵の拠点となった肥前名護屋城の縄張りも手がけている。筑前に移封される前の本拠地だった豊前の中津城は、今治城、高松城と並ぶ三大水城と評価されている。

福岡城跡周辺
福岡城跡周辺

福岡城は慶長6年(1601年)に着工し、7年の歳月をかけて慶長12年(1607年)にようやく完成する。
官兵衛は城の全貌を見届けることなく、慶長9年(1604年)にこの世を去っている。
多くの城攻めと築城を経験してきた黒田父子だけに、その縄張りには豊富な知識と経験に裏付けされた設計がなされている。たとえば小田原攻めの際に攻めあぐねた惣構えの小田原城の堅固さ、あるいは朝鮮出兵で苦戦を強いられた堅城、朝鮮半島の晋州城など、さまざまな城の長所が取り入れられている。徹底した実戦本位であることが福岡城の設計コンセプトである。
西は大濠(現在の大濠公園)、東は那珂川、北は博多湾と水の利を生かし、極めて攻めにくい構造になっている。この城を見た加藤清正は「もしこの城が攻められても30日から40日は持ちこたえるであろう」と高く評価したという。

なかでも国の重要文化財である南丸多聞櫓は、黒田家の戦に対する考えがよくわかる。この櫓は慶長12年(1607年)に建てられたものを、嘉永7年(1854年)に再建したもので、二層の隅櫓と30間もの奥行をもつ平櫓で構成されている。通常の平櫓は突き抜けになっているものが多いが、この櫓は細かく16の部屋に分かれている。戦闘時においても、組織的に緻密な作戦を実行できるつくりになっているのだ。

また商都・博多の近くに城を築いたことも計算ずくといえる。長政は周辺の干潟を埋め立て、城下町の整備にも力を入れた。この新興エリアを博多と交流させることで活性化させ、福岡を成長させたのである。現代のビジネスでは5年あるいは10年のスパンで事業計画を立てることが多いが、福岡城のグランドデザインを描いた黒田父子は、それを遥かに上回る長いレンジで福岡の都市計画を考えていたと推察される。黒田家の継続的な繁栄が期待できる場を福岡城に託したのである。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内