| TOP | 興味を広げる | 「戦う城」に学ぶ経営戦略 城のストラテジー リターンズ | 第3回 |

【「戦う城」に学ぶ経営戦略 城のストラテジー リターンズ】第3回 加賀百万石の美学を貫いた城 金沢城

豊臣秀吉の盟友、前田利家が築いた加賀百万石の本拠地、金沢城。豊臣政権の重鎮であったがゆえに、秀吉の死後、前田家は徳川からつねに警戒されることになる。たびたび謀反の嫌疑をかけられながらも、最大の所領をもつ大名としての存在感を維持し、家の命脈を保ってきた前田家のサバイバル戦略を金沢城は見守ってきた。

豊臣秀吉の盟友、前田利家まえだとしいえが築いた名城

金沢城
金沢城

金沢城といえば、加賀百万石の司令部である。城に隣接する大名庭園である兼六園は、日本三大庭園のひとつとして親しみ深いが、金沢城そのものはいまひとつ印象が薄かったといえる。というのも、明治以降の金沢城は「存城廃城令」で陸軍省のものになり、主要な建物以外は撤去されていたからである。しかも第二次世界大戦後の昭和24年(1949年)からは、金沢大学のキャンパスとなっていた。移転したのは平成7年(1995年)。つい最近まで城跡は大学だったのである。現在では金沢城を元の姿に戻そうという気運が高まり、かつての建物が次々と復元されている。加賀百万石の往時の姿を忠実に再現した壮麗な建造物や庭園は、城好きの人たちから熱い注目を浴びている。

兼六園
兼六園

最初にこの城を築いたのは、柴田勝家の甥で鬼玄蕃(おにげんば)として名を馳せた猛将、佐久間盛政(さくまもりまさ)である。もともとこの地には加賀の一向一揆の拠点、浄土真宗の寺院「尾山御坊」があった。織田信長の命により一向一揆を制圧した盛政は、尾山御坊の一部を生かして城を築いた。尾山御坊は寺院といっても石垣に囲まれた要塞で、ほぼ城に近い体裁を備えていたからだ。

この城の運命を変えたのは、天正11年(1583年)の本能寺の変である。織田信長の亡き後、豊臣(当時は羽柴)秀吉と柴田勝家の間で覇権争いが起こった。賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いである。のちの城主となる前田利家は与力として勝家の陣営に属していたが、秀吉は若い頃から盟友であり、敵対することを望まなかった。秀吉が佐久間盛政を破ったのち、利家は勝家の陣営を離脱して秀吉につく。勝家を破った秀吉は、利家を新たな加賀の領主に任命し、金沢城は前田家の居城となったのである。このときの所領は40万石で「加賀百万石」となるのは、二代目の利長の時代からである。

前田利家と豊臣秀吉は、深い絆に結ばれた特別な関係にあった。信長の家臣として二人はともに清洲城下に住み、年がほぼ同じ(秀吉が2歳上)で、家が近所だったこともあり親密だった。秀吉とおねの仲を取り持ったのは、利家の妻のまつである。子のない秀吉夫妻に、利家夫妻は四女の豪姫を養女に出すなど、家族のような関係でもあった。現代のビジネス社会でいえば、二人は同じ社宅に住む同期のようなものだ。その後、秀吉はマネジメントのトップに登りつめ、利家は部下となるわけだが、その友情は終生、変わることがなかった。
秀吉の治世下で有力大名になった利家だが、しばらくは佐久間盛政の築いた城をそのまま使っていた。これを見かねた秀吉が利家の地位にふさわしい城を築くよう勧めたのが、金沢城の大規模な修築を行うきっかけだったといわれている。

卓越したマネジメントでリノベーション

赤母衣衆 前田利家像
赤母衣衆 前田利家像

前田利家は180cmを超える長身で美形だったといわれる。若い頃は派手な衣装に身を包む傾奇者(かぶきもの)で、6mを超える長槍を振り回し、「槍の又左(当時の利家の通称)」と呼ばれていた。織田信長の寵愛を受け、信長の親衛隊のような役割をもつ、赤母衣衆(あかほろしゅう)の筆頭だった。
勇猛で豪傑なイメージが強いが、意外なことに経済にも精通した武将であった。倹約家であり、妻のまつからはケチと言われていたほどである。当時、日本に伝わったばかりの「ハイテクデバイス」だった算盤(そろばん)をいち早く使いこなし、前田家の決済は、すべて利家が自ら行ったといわれる。
加賀前田家のCEO(最高経営責任者)にして、CFO(最高財務責任者)だったのである。ちなみに現存する日本最古の算盤は利家が所有していたものである。

なぜ、前田利家は経済にも強かったのか。それは彼が若い頃に起こしたある事件がきっかけとなっている。織田信長のお気に入りの茶坊主だった拾阿弥(じゅうあみ)が、利家にしつこく嫌がらせをしていたことから、腹に据えかねて信長の目の前で斬り殺したのである。これが信長の怒りを買い、織田家から追放され、利家は2年間にわたり浪人の身となった。この浪人時代に経済的に困窮し、金銭の大切さを身をもって体験したことが、彼の経済感覚を磨いたといわれている。こうした財務のマネジメント能力が金沢城の改修にも生かされた。

前田利家が金沢城に入城したのは天正11年(1583年)だが、本格的な城の大改修を始めたのは、4年後の天正15年(1587年)からである。利家は「戦は城の外で行うもの」というのが持論だった。これは「自国の領土では絶対に戦をしない」と決めていた織田信長の影響を受けたものだ。そのため城の防御に経費をかける必要はなく、しばらくは佐久間盛政の築いた城で十分と考えていた。それよりもインフラを整備するなど、城下町の発展と領民の生活向上を優先したのである。
改修にあたっては、客臣(かくしん)として加賀に庇護していたキリシタン大名、高山右近(たかやま うこん)のアドバイスを得る。右近は摂津(大阪府)の高槻城の城主だったが、豊臣秀吉のバテレン追放令によって、多くのキリシタン大名が棄教を迫られるなか、あえて信仰を選び大名の地位を捨てた人である。信長と秀吉からも高く評価された才人で、戦のみならず築城にも精通していた。また千利休の高弟でもあった風流人である。彼を「プロデューサー」として起用することで、金沢城は当時の先端をゆく城郭に生まれ変わるのである。
文禄元年(1592年)には嫡男の前田利長(まえだとしなが)にさらなる改修工事を命じ、曲輪(くるわ)や堀の拡張が行われ、新たに天守や櫓(やぐら)が建てられた。天守は慶長7 年(1602年)、落雷で焼失するが、再建はしなかった。被災した領民に年貢や労働の負担をかけないためで、経済に通じていた前田家の高いマネジメント能力がうかがわれる。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内