| TOP | 潮流を知る | なぜ今、サステナビリティ経営が必要なのか | 第1回 |

【第1回】明治時代からすでにあったサステナビリティ経営

渋沢栄一は明治時代に日本初の銀行を発足させた。お金の循環が企業の発展を後押しし、「富の永続」と「幸福の継続」をめざすことができる。銀行の設立には、こうした思いが込められていた。では、現代にも通じるサステナブル(持続可能)な考え方は、この令和の時代ではどのように経営に取り入れていけばいいのか。渋澤健氏にそのヒントをお聞きした。

※本記事は2022年2月に掲載されたものです

渋澤 健(しぶさわ・けん)
渋澤 健(しぶさわ・けん)
シブサワ・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役
講師プロフィール
1961年生まれ。渋沢栄一の5代目の子孫。83年テキサス大学化学工学部卒業。財団法人日本国際交流センターを経て、87年UCLA大学MBA経営大学院卒業。米系投資銀行、ヘッジファンドを経て、2001年にシブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業。07年コモンズ株式会社を創業(08年コモンズ投信株式会社に改名し、会長に就任)。2021年にブランズウィック・グループのシニアアドバイザーに就任。経済同友会幹事、岸田内閣「新しい資本主義実現会議」有識者メンバー、UNDP(国連開発計画)SDGs Impact 運営委員会委員などを務める。
著書『渋沢栄一100の訓言』、他多数。

なぜ今、渋沢栄一が注目されるのか

今、渋沢栄一が注目を浴びています。確かに、新しい一万円札の肖像に描かれることが決まり、2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』に取り上げられたことも関係しているのでしょうが、それだけではないと思います。

渋沢栄一は20代後半で明治維新を迎え、封建国家から近代国家へのグレートリセットを体験しました。激変した社会のなかで信念をもって生き抜き、新しい日本の形をつくったことが、激変する現代に生きる私たちの琴線に触れるのではないかと感じています。

『論語と算盤』が書かれた時代背景

栄一の残した言葉は数多くありますが、なかでも代表的なのが『論語と算盤』という書籍です。1916(大正5)年に出版された講演集で、ここには本人の生の声がまとめられています。内容について論じる前に、まず当時の時代背景を頭に入れておきましょう。

明治末期から大正初期というのは、明治維新によって新たな時代が訪れてから40年以上が経ち、ようやく先進国に追いついてきた時期です。また、直前の1914年に第1次世界大戦が勃発するとともに日本の景気が上向き、成金という言葉ができたのもこのころでした。いわば、イケイケドンドンという時代です。なぜそのタイミングで、『論語と算盤』が出版されたのでしょうか。

おそらく、栄一は日本の将来を危惧していたのだと思います。そのことは、『論語と算盤』にある「大正維新の覚悟」から、「一般が保守退嬰(たいえい)の風に傾いておる」と述べていることからもうかがえます。つまり、一般の人びとには明治維新のころのような覇気がないので、改めて大正維新が必要だというのです。

さらに、「今日の状態で経過すれば、国家の前途に対し、大いに憂うべき結果を生ぜぬとも限らぬのであることを思い、後来、悔ゆるがごとき愚をせぬように望むのである」とも述べています。このままでは将来大変なことが起きかねないと心配しています。

現に、栄一が亡くなった1931(昭和6)年11月11日の2カ月前に満州事変が勃発。イケイケドンドンの大正時代が終わって昭和を迎えると、まさに「悔ゆるがごとき」方向に日本は進んでいくことになります。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「潮流を知る -Opinion-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「潮流を知る -Opinion-」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  •  プロワイズコレクション -Prowise collection-
  • なぜ今、サステナビリティ経営が必要なのか
  • ニューノーマルの世界を生きる知恵
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内