| TOP | 潮流を知る | なぜ今、サステナビリティ経営が必要なのか | 第3回 |

【第3回】日本と日本企業がサステナブルであるために進むべき道

私たちは今、コロナ禍のまっただ中にいて先が見えない生活を送っています。しかし、いずれは収束してアフターコロナの時代がやってくるでしょう。これまでとはすっかり姿を変えているであろうアフターコロナの世界において、日本はどのようにして持続的な成長を遂げることができるのでしょうか。

※本記事は2022年4月に掲載されたものです

渋澤 健(しぶさわ・けん)
渋澤 健(しぶさわ・けん)
シブサワ・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役
講師プロフィール
1961年生まれ。渋沢栄一の5代目の子孫。83年テキサス大学化学工学部卒業。財団法人日本国際交流センターを経て、87年UCLA大学MBA経営大学院卒業。米系投資銀行、ヘッジファンドを経て、2001年にシブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業。07年コモンズ株式会社を創業(08年コモンズ投信株式会社に改名し、会長に就任)。2021年にブランズウィック・グループのシニアアドバイザーに就任。経済同友会幹事、岸田内閣「新しい資本主義実現会議」有識者メンバー、UNDP(国連開発計画)SDGs Impact 運営委員会委員などを務める。
著書『渋沢栄一100の訓言』、他多数。

人類は感染症の危機を乗り越えてきた

2020年初頭はコロナ禍の時代となりました。まだ確実な出口は見えておらず、果たして世界はどうなるのかと心配になるのも無理はありません。しかし、よく考えてみると、いつの時代にも感染症の問題はありました。

渋沢栄一の時代にはペストもコレラもありました。栄一の最初の妻であり、私の高祖母にあたる千代もコレラで亡くなっています。当時はワクチンもなく、危機感は今よりもはるかに強かったことでしょう。

決して感染症を軽視するわけにはいきませんが、それでも人類は何度もの感染症を乗り越えて世界は継続しています。いずれこのコロナ禍も収束し、何年も経つと「2020年代初頭に新型コロナが流行した」という歴史上の出来事になるに違いありません。

コロナ禍を通じて得た「果実」

これは知人から聞いた言葉ですが、コロナ“禍”は、考えようによってはコロナ“果”でもあるというのです。つまり、コロナは「わざわい」ではあったけれども、同時に果実ももたらしたという考えです。不幸にして亡くなった方や後遺症を患っている方には申し訳ない言い方かもしれませんが、なかなか味わい深い発想ではありませんか。

確かに、コロナによって私たちが得ることも多くありました。業界や職種によっては、会社に行かなくても仕事ができると気づいたのも、その一つです。一方で、人とリアルに会えることが、いかに大切かということにも気づきました。

もちろんコロナによるマイナス面も数多くありましたが、ある意味で、私たちが当たり前だと思っていた社会や経済のシステムが、けっして当たり前ではなかったと気づいたことは大きな収穫といえます。ほんの少し歯車がずれただけで、こんな事態に陥ってしまうという気づきを私たちは得ました。

逆に、私たちの考え方が少し変わるだけで、世の中が大きく変わるということも知りました。環境やサステナビリティに対する考え方も同じで、私たちが少し考え方や行動を変えることで世界は意外と大きく変わります。それが、コロナを通じて得た果実だと思うのです。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「潮流を知る -Opinion-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「潮流を知る -Opinion-」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  •  プロワイズコレクション -Prowise collection-
  • なぜ今、サステナビリティ経営が必要なのか
  • ニューノーマルの世界を生きる知恵
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内