PREMIUM SERVICE WEBPREMIUM SERVICE WEB
Hitachi Solutions

プロワイズの歴史プロワイズの歴史

20051120

「プロワイズ」創刊準備号発行

お客様と日立ソリューションズとのコミュニケーションツールとしてスタートしたプロワイズ。
創刊準備号の企画コンテンツは、ニューヨーク市立大学大学院教授 霍見芳浩氏を招いての対談。テーマは「問われるのはインテリジェンスと戦略センス」でした。

「プロワイズ」創刊準備号発行

2006113

「プロワイズ」創刊号(第1号)
発行

特集テーマは「コンプライアンス & ガバナンス」。いわゆる「日本版SOX法」の施行を控え、注目されていた課題を取り上げました。

「プロワイズ」創刊号(第1号)発行

2015612

2015日本BtoB広告賞PR誌の部
銅賞受賞

2015日本BtoB広告賞PR誌の部 銅賞受賞

「日本BtoB広告賞」は、日本BtoB広告協会が1980年から開催しているBtoB広告作品のコンテストで、経済産業大臣賞と、13部門(PR誌の部のほか、新聞広告、製品カタログ、Webサイトなど)で金賞、銀賞、銅賞が選ばれます。
「プロワイズ」は、2014年春号・夏号・秋号、2015年新春号の4号で、禅画を用いた表紙のインパクトや、花火師から絵画修復家といった多彩で読者の知識欲を刺激するインタビュー記事、お客様参加型の誌面づくりといった点が評価されました。

201667

2016日本BtoB広告賞 PR誌の部
銅賞受賞

2015年春号・夏号・秋号、2016年新春号の4号で、銅賞を受賞しました。

201767

2017日本BtoB広告賞 PR誌の部
銀賞受賞

2016年春号・夏号・秋号、2016年新春号の4号で、初の銀賞を受賞しました。

201842

「プロワイズ」50号発行

テーマは「開」。「2018年の漢字」は…というお題でお客様のご意見を募り、お寄せいただいた“声”をもとに設定したテーマです。誌面では、「あの人は今──」という視点で、過去に取材をさせていただいた方々に再取材を行い、当時からの変化や、ネクストステージについておうかがいしました。

「プロワイズ」50号発行

201865

2018日本BtoB広告賞 PR誌の部
銀賞受賞

2017年春号・夏号・秋号、2018年新春号の4号で、銀賞を受賞しました。

201964

2019日本BtoB広告賞 第40回
記念賞受賞

2019日本BtoB広告賞 PR誌の部
銀賞受賞

2015日本BtoB広告賞PR誌の部 銅賞受賞

「日本BtoB広告賞」開催40回を記念し、全13部門への応募企業約290社の中から1社を選定する「第40回記念賞」が設けられており、「プロワイズ」と、それに連動したWebサイトなどによる取り組みを通じて、継続的に有益な情報をお客様に発信する日立ソリューションズの姿勢が、企業プレゼンスの向上やお客様のロイヤルティ向上に寄与していると評価され、「第40回記念賞」受賞に至りました。
また「プロワイズ」も、2018年春号(50号記念号)・秋号、2019年新春号・春号の4号で、PR誌の部 銀賞を受賞しました。

202065

2020日本BtoB広告賞 PR誌の部
銅賞受賞

2019年令和号・秋号、2020年新春号・春号の4号で、銅賞を受賞しました。

202162

2021日本BtoB広告賞 PR誌の部
銅賞受賞

2020年秋号、2021年新春号・春号の3号で、銅賞を受賞しました。

2022330

「プロワイズ」全面リニューアル

お客様向け情報誌としてスタートした「プロワイズ」ですが、世の中の変化や読者の皆様のニーズに寄り添うべく、全面リニューアルをいたしました。日立ソリューションズの活動を知っていただくページを増やしつつ、従来より好評をいただいている識者へのインタビューなどは継続。また、素材もより環境に配慮したものに変更いたしました。これからも、皆様のお声をおうかがいしながら、誌面作りを行ってまいります。

「プロワイズ」全面リニューアル

202262

2022日本BtoB広告賞
SDGs賞受賞

2022日本BtoB広告賞 PR誌の部
金賞受賞

2022日本BtoB広告賞 PR誌の部 金賞受賞

情報誌「プロワイズ」(2021年夏号・秋号、2022年リニューアル号))が第43回「日本BtoB広告賞」において「PR誌の部」金賞を受賞しました。また、「プロワイズ」とカレンダー「SUSTAINABILITY CALENDAR 2022」が、今回新設されたSDGs賞を同時受賞しました。
「プロワイズ」とカレンダーは、内容や紙素材まで一貫して、サステナビリティの実現に向けた「未来につながる行動を続ける」というテーマで取り組んだ点を特に評価されました。