ページの本文へ

Hitachi

RPA業務自動化ソリューション RPA業務自動化ソリューション

RPA業務自動化ソリューション

Automation Anywhere
Enterprise A2019

Automation Anywhere Enterprise A2019
オートメーション・エニウェアが提供する最新のRPAプラットフォーム。
あらゆる種類のユーザーのニーズに対応する、完全Webベース・クラウド対応のRPAプラットフォームです。

Automation Anywhere Enterprise A2019とは

Automation Anywhere Enterprise A2019(以下Enterprise A2019)はEnterprise Ver.11の革新的な機能や使いやすさを継承しつつ、完全ウェブベースのユーザーエクスペリエンスを実現するためにゼロから設計された、最新のRPAプラットフォームです。

下記表は横にスクロールできます。
Enterprise A2019の全体構成イメージ

Enterprise A2019は、オンプレミス、クラウドでの提供が可能です。
どちらの場合でもブラウザベースで利用できるので、クライアントインストールの必要はありません。

Enterprise A2019の特長

「誰にでもすぐにわかる使いやすさ」

業務ユーザーから テクノロジーに精通したRPA開発スペシャリスト、企業全体のRPAの導入と展開を担うITマネージャーまで、すべてのユーザーが直感的に使用でき、すぐに利用を開始できます。

「無限の拡張性を実現するクラウド時代のRPA」

全ての機能がクラウドで利用できるため、企業の成長に合わせて簡単にデジタルワークフォースを拡張することが可能です。Enterprise A2019は、Amazon AWS、Microsoft Azure、Google Cloud、IBM Cloud など、世界の最先端のクラウドプラットフォームでのホスティングが認定されており、エンタープライズRPAとしてクラウド環境でも安心してご利用いただけます。

「誰にでも使える強力なAI」

Unattended Bot(人がPCにログインせず、サーバーから実行を指示するロボット)からAttended Bot(人がPC上で実行を指示するロボット)まで、コグニティブ オートメーションや人とロボットのコラボレーション機能など、人工知能(AI)のスキルとそれを利用するための機能がふんだんに盛り込まれています。さらに、AIスキルはドラッグアンドドロップするだけで使用できるため、スキルレベルを問わず、あらゆるユーザーがインテリジェントにプロセスの自動化を実現できます。

Enterprise A2019のメリット

  • 使い勝手がよい
    開発環境がWebブラウザベースになったことにより、どこからでも開発が可能に。
    画面も以前よりわかりやすくなりました。
    業務ユーザーも簡単に自分の業務を自動化することが可能です。
  • 高度な自動化を実現
    開発環境が拡張され、独自のコーディングおよびプラグ可能なコマンドを活用した柔軟な開発が可能。
    開発者と業務ユーザーとの連携も簡単で、業務ユーザーが作成したシンプルなBotにより高度な処理を追加できます。
  • 総保有コスト(TCO)の抑制
    Webベースかつクラウド対応により、クライアントソフトのローカルインストールとメンテナンスが不要に。
    OSも問わないので、TCOの削減に貢献します。

日立ソリューションズのRPA業務自動化ソリューション

RPAに関することなら
日立ソリューションズにおまかせください

見積依頼、製品・ソリューションへのご質問
お問い合わせ
製品・ソリューションカタログ
ダウンロード
RPAに関するセミナー・展示会情報
イベント情報を確認
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ