ページの本文へ

Hitachi

RPA業務自動化ソリューション RPA業務自動化ソリューション

RPA業務自動化ソリューション

Automation Anywhere
Enterprise A2019 機能・構成

Automation Anywhere Enterprise A2019の機能、構成をご紹介します。

業務ユーザー向けの機能・ポイント

業務ユーザーにとっては、自分たちが普段行っている業務をいかに簡単に自動化できるかがポイントです。
業務ユーザーの助けになる「使い勝手のよさ」、「開発のしやすさ」を実現する機能や特長をご紹介します。

Webブラウザベースの開発環境

開発環境がWebブラウザベースになったことにより、これまでのバージョンと比べてBot作成開始までのハードルが一気に下がります。
ブラウザで開発するので、PCにクライアントや開発用モジュールをインストールする必要がありません。また、OSの縛りもなくなり、すぐにBot作成を始めることができます。

よりわかりやすい開発画面

Enterprise A2019の開発画面には、これまでのリスト形式に加え、フロー形式が実装され、よりいっそうわかりやすくなりました。
また、アクション(=コマンド)を実行する際、アクションを検索できるようになりました。

レコーダー機能の統一

これまでのバージョンに比べ、より多くの業務をレコーダー上で作成することができるようになり、Bot作成がより簡単にできるようになりました。
Enterprise A2019では、ウェブ、主要アプリ、全てのプラットフォームに対し、単一でのレコーダーが提供されるため、これまでのように実施したいタスクによって複数のレコーディング機能を使い分ける必要がなくなります。

RPA開発スペシャリスト向けの機能・ポイント

RPA開発者にとって課題になるのは、いかにEnd to Endで高度なBotを作成できるか。また、End to Endを達成するために、業務ユーザーと上手く連携してBotを作成する環境が重要です。
RPA開発スペシャリストの助けになるEnterprise A2019のポイントをご紹介します。

開発環境の拡張

Enterprise A2019は、拡張性を念頭に置いて設計されています。
開発スペシャリストは独自にコーディングしたり、サードパーティのコマンドを利用して柔軟に高度な開発を行えます。

下記表は横にスクロールできます。
インラインスクリプティング インラインスクリプト言語の標準対応
Python、VBScriptやその他数多くのプログラミング言語をすぐに使用可能
クロスプラットフォーム開発 追加でコーディングする必要なく、LinuxやWindowsでのクロスプラットフォームに対応
強力な Bot のコード管理 シングルステップでBotのバージョン管理とバージョン間でBotのコードのマージを実現
管理用のSVNサーバーはもはや不要。Enterprise A2019では、Control Room側でバージョンの一括管理が可能に
プラグイン可能なコマンド プラグイン可能なアーキテクチャによりサードパーティによるコマンドの柔軟性と拡張性を実現
変数タイプの拡張 これまでのバージョンに比べ、変数タイプが2倍に。
Booleanや数字、操作対象アプリケーションに使えるウィンドウ、などの型が追加
Excelコマンドの強化 Excelコマンドが大幅に増えた上、Excelがインストールされていない環境でもExcelコマンドが使えるように

業務ユーザーとの連携

業務ユーザーが作成したシンプルなBotに対し、開発者が追加で高度な処理を加えることが可能です。
業務ユーザーがプロセス概要を作成し、開発者がインラインスクリプティングを利用して処理を追加する、ということができるため、開発者は業務ユーザーの必要を理解した上で複雑な作業を自動化することができます。

管理者向けの機能・ポイント

IT管理者は様々なことに気を配る必要があります。
展開、拡張を手間なく簡単にできること。セキュリティの担保。
また、拡張やバージョンアップ、メンテナンス費用を含む総保有コスト(TCO) の削減も、管理者の重要なミッションと言えます。
Enterprise A2019はこのような管理者のニーズに応える仕組みを備えています。

クラウドでもオンプレミスでも

Enterprise A2019では、RPA基盤のクラウド展開が可能になりました。
それにより、以下のようなことが実現できます。

  • 迅速な展開
  • サーバーレスでTOC削減
  • 最新機能をいつでも利用可能。バージョンアップの手間いらず

また、オールインワンのオンプレミス展開では、選択の最適化や拡張を自己管理しつつ実施可能です。
管理者のニーズや社内事情によって、展開モデルを柔軟に選択していただけます。

高度なセキュリティ

Enterprise A2019はエンタープライズレベルのセキュリティを備えています。
また、プライバシーを重視したクラウドサービスであり、GDPRなどの規制に対するプライバシー コンプライアンスが確保されています。

下記表は横にスクロールできます。
プライバシーファースト
  • —ユーザデータは全て Bot Runner側
  • —常にユーザ側から開始される接続性
  • —サービスは運用データのみを保管
例:スケジュール、メタデータ
規制要件をみたすセキュリティ
  • —GDPR
  • —SOC2
  • —GLBA
  • —FISMA
  • —OWASP
暗号化対策 HTTPS + SSL/によるNWセキュリティ
保存データにはAETLS1.2S256暗号化

TCO(総保有コスト)を削減する

Enterprise A2019の特長はTCOの削減に貢献します。
例えば、以下のようなポイントがあります。

下記表は横にスクロールできます。
Webブラウザベースのプラットフォーム
  • —メンテナンスが不要
  • —導入、拡張が迅速かつ容易に可能
  • —クライアントのローカルインストール不要
マルチプラットフォーム OSに依存しないため、LinuxとWindowsのどちらでも動作します。

日立ソリューションズのRPA業務自動化ソリューション

RPAに関することなら
日立ソリューションズにおまかせください

見積依頼、製品・ソリューションへのご質問
お問い合わせ
製品・ソリューションカタログ
ダウンロード
RPAに関するセミナー・展示会情報
イベント情報を確認
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ