ページの本文へ

Hitachi

RPA業務自動化ソリューション RPA業務自動化ソリューション

RPA業務自動化ソリューション

活文 Intelligent Data Extractor

活文 Intelligent Data Extractor
社外から受領した請求書や注文書などの、多様な形式の紙書類に記載されている情報を自動抽出します。紙書類のシステム入力業務にかかる作業コストを低減し、業務効率化を支援します。

こんな課題ありませんか?

【社外から受領した紙書類の情報を社内システムに登録する際、人手で行う入力作業が発生し、大きな作業負荷となっていませんか?】

  • EDIでの取引ができれば良いがなかなか難しく、紙書類の扱いが減らない。
  • 取引先毎にフォーマットが異なるため、膨大な数の抽出定義が必要で、OCR導入が進まない。
  • そもそも作業量が多く、手入力では大変。大人数で対応せざるを得ない。

紙のデータをAIで自動処理

  • 会社ごとにフォーマットの異なる書類でも様式を自動認識・機械学習
  • RPAと連携し、書類記載情報のシステム入力作業を大幅に効率化
下記表は横にスクロールできます。

会社毎にフォーマットが異なる場合、各社ごとに抽出定義が必要

下記表は横にスクロールできます。

会社毎にフォーマットが異なる場合でも、抽出定義は一つでOK!

下記表は横にスクロールできます。
  • ・スキャンした書類に含まれるテキストを解析し、データを自動抽出します
  • ・抽出結果はAIが自動学習し、次回以降は学習内容をもとにデータ抽出が行われます
活文 Intelligent Data Extractorのメリット
  • ・人手で行っていた入力作業やOCRの読取位置定義の作業負荷軽減
  • ・自動学習による確認作業の効率向上

日立ソリューションズのRPA業務自動化ソリューション

RPAに関することなら
日立ソリューションズにおまかせください

見積依頼、製品・ソリューションへのご質問
お問い合わせ
製品・ソリューションカタログ
ダウンロード
RPAに関するセミナー・展示会情報
イベント情報を確認
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ