ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『セキュア開発eラーニング(シノプシス社)』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

セキュア開発eラーニング(シノプシス社)

クラウド・IoT・モバイルなどITシステムの多様化、DX推進に伴う高速開発への対応、巧妙化するサイバー攻撃への対応など、情報セキュリティへの要請はさらに多様化・複雑化しています。これに対応するため、セキュリティの専門家だけではなく、広くアプリケーション開発にかかわる全ての開発者がセキュリティ実装にかかわる深い知識とスキルを身に着けることが喫緊の課題となっています。

シノプシス社のeラーニングは、アプリケーション開発者がセキュアな製品・サービスを開発するために必須となる知識の修得を支援します。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 【開発責任者、トレーニング責任者】
    セキュア開発を推進するにあたり、アプリケーション開発者にどんな知識をどこまで身に着けてもらうべきか判らない

    豊富かつ包括的なトレーニングコース

    開発者の役割、開発対象、スキルレベルに応じた様々なトレーニングコースを提供しており、目的やスコープに応じた教育を実施できます

  • 【開発責任者、トレーニング責任者】
    セキュア開発トレーニングを実施した結果、本当にメンバーに必要なスキルを身に着けてもらえたかどうか把握できない

    充実したトレーニングマネジメント機能

    チームの開発対象やスキルレベルに応じてコースの構成をカスタマイズしたり、学習の進捗状況や評価スコアを見える化して管理することができます

  • 【アプリケーション開発者(受講者)】
    セキュア開発トレーニングで身につけた知識を、実際の開発において、具体的にどこでどのように適用すればいいかが判らない

    開発実務とトレーニングの統合

    Coverity(ソースコード静的解析ツール)と本サービスを併用することにより、開発者はセキュリティ問題とそれへの対策を実務に即して学習することができます

概要

シノプシス社のeラーニングは、アプリケーション開発者がセキュアな製品・サービスを開発するために必須となる知識の修得を支援します。

ソフトウェアセキュリティについての基礎知識、セキュリティ要件やアーキテクチャの考え方、遵守すべきセキュリティコンプライアンス、セキュアコーディング技術など広範な知識エリアをカバーしており、役割やスキルレベルに応じたさまざまなトレーニングをご用意しています。また、実例に基づくケース・スタディの学習を通じて、実践的なノウハウを身に着けることができます。

特長

豊富かつ包括的なトレーニングコース

開発者の役割、開発対象、スキルレベルに応じた様々なトレーニングコースを提供しており、目的やスコープに応じたセキュリティ教育を実施できます。(以下はコースの一例です)

ソフトウェアセキュリティの基礎

  • ソフトウェア・セキュリティの原則
  • アーキテクトと開発者のための暗号化の概要
  • Javaセキュリティの基礎

セキュリティ規格コンプライアンス

  • PCI DSSのセキュリティ
  • OWASP Top 10(2017)
  • 開発者及び設計者のためのGDPR

セキュアアーキテクチャ

  • アーキテクチャ・リスク解析
  • 攻撃と防御
  • リスクベースのセキュリティ・テスト戦略

フロントエンド開発

  • JavaScriptセキュリティ
  • 安全なパスワード・ストレージ
  • Angular.JSのセキュリティ

バックエンド開発

  • Java高度で安全なコーディング
  • MongoDBのセキュリティ
  • Amazon Web Services(AWS)のセキュリティ

モバイル開発

  • モバイル・セキュリティの基礎
  • Androidセキュリティ
  • iOS向けセキュア・プログラミング

充実したトレーニングマネジメント機能

管理者がチームに応じてトレーニングコースの組み合わせ(カリキュラム)をカスタマイズすることができます。

<カスタマイズの例>

また、割り当てたトレーニングについて、学習の進捗状況や、修了条件に達しているかなどを見える化できダッシュボード機能があります。これにより管理者は、チームやメンバーのスキルレベルの現状を把握し、継続的にトレーニングの計画や改善を実施することができます。

開発実務とトレーニングの統合

シノプシス社のセキュリティ製品群と本サービスを併用することにより、開発者はソフトウェアの実装に起因するセキュリティの問題と問題への対処法を実務に即して学習することができます。

具体的には、自作コードのセキュリティ課題に対するガイド(問題個所とその修正案、関連するトレーニングコンテンツのレコメンド)を、開発中、リアルタイムに受け取ることができます。

<セキュリティ製品とeラーニングの連携の例>

*Coverityと本eラーニングを連携するには、シノプシス社のCoverity™ をご導入いただく必要があります。

価格(税別)

お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

最終更新日:2020年2月27日