ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『SysTrack』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

仮想デスクトップパフォーマンス管理SysTrack

SysTrackは、仮想デスクトップの利用者が「快適に使えているか」(=ユーザーエクスペリエンス)を可視化し、パフォーマンスに影響を与えた原因を明らかにすることで、IT投資の最適化・利用者の生産性向上に寄与するアナリティクス ソリューションです。

※上部の分析画面はイメージです。実際の画面とは異なります。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • テレワーク環境(仮想デスクトップ環境)が、「重たい」「遅い」などパフォーマンス面で課題がある

    利用者目線のパフォーマンスを可視化して、状況を把握。
    原因に手を打つことで改善が可能。

  • テレワーク環境の調子が悪いとき、原因特定が困難、または時間がかかっている

    あらゆるエンドポイントから集めたデータを駆使した分析ができ、パフォーマンスに影響を与えた原因を特定。

  • パフォーマンスの問題発生時など利用者からの問い合わせが多く、対応しきれない

    パフォーマンス低下の予兆を把握したら、早期にユーザー周知することで問い合わせ件数を抑えることが可能。

概要

ユーザー目線のシステム監視で、トラブルを早期解決に導く

「ユーザーが感じる使用感(ユーザーエクスペリエンス)」の変化をトリガに、あらゆるエンドポイントから集めた詳細なデータを分析し、関連性を明らかにします。使用感を悪化させた原因箇所を特定でき、トラブル解決が可能になります。
SysTrackの特長は、「ユーザー目線のサービスレベル」が軸であること。リソース監視上は問題がない状態であっても、 独自の観点でユーザーエクスペリエンスの悪化を見つけ出し、テレワーク環境の安定稼働を支えます。

独自に定義した多数の確認項目によりAgent側の情報を分析。仮想化デスクトップ環境におけるユーザー目線のサービスレベルが可視化できる

多種多様な分析ができるからこそ、
快適なIT業務環境を利用者に提供できる

SysTrackは、多くのダッシュボードを備えており、多種多様な分析が可能です。日立ソリューションズでは、更なる戦略的な分析観点が必要な場合、要件に応じてカスタマイズした分析環境(カスタムダッシュボード)を作成し、ご提供致します。

多種多様な分析が可能。さらに日立ソリューションズなら、お客様独自の分析官点追加にも対応

仮想デスクトップも物理環境も、クラウドもオンプレミスも、
あらゆる環境に合わせた導入が可能

日立ソリューションズでは、オンプレミス・クラウドの基盤構築・運用を幅広く手掛けており、多くの実績があります。
お客様の環境に応じて、最適な分析環境をご提供致します。

実績豊富な日立ソリューションズが、お客様の環境にマッチした分析環境を提供

特長

4つのポイント

USER EXPERIENCE ユーザー体感の可視化

ユーザーが感じている使用感を定量的に可視化します。

ANALYTICS 原因分析

パフォーマンスに影響があったとき、何が起こっていたのか分析することが可能で、原因を特定します。

PRODUCTIVITY 生産性向上

快適な仮想デスクトップ環境を維持することで、利用者全体の生産性向上に寄与します。

SECURITY セキュリティ

パフォーマンスのみならず、古いバージョンやパッチ未適用の環境の検出など、セキュリティ面にも効果があります。

ワークスペース アナリティクス

ユーザーの生産性向上、およびヘルプデスクの負荷低減に寄与

クラウド版・オンプレミス版のラインアップ

日立ソリューションズだからできること

solution 01

お客様の課題にマッチした環境をご提供

多くの基盤構築・運用の経験があるので、お客様固有の課題に向き合い、最適な環境のご提供が可能です。分析観点のカスタマイズも承ります。

solution 02

日立製品群と組み合わせた機能を提供予定

JP1など、日立の豊富なラインアップと組み合わせた、機能提供を予定しています。

導入までの手順

価格

個別のお見積となります。
資料請求・お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

※SysTrackは、Lakeside Software Japan株式会社の登録商標です。

最終更新日:2022年5月13日