ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『Web Aviator』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

AWSで稼動するクラウドアプリケーション開発基盤Web Aviator

Amazon Web Services(以下、AWS)で高品質なWebアプリケーションの開発・検証・本番稼働を迅速に実現する「クラウド開発基盤」です。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決

AWSで稼動するクラウドアプリケーション開発基盤 Web Aviator 概要

日立ソリューションズは、Webアプリケーションの開発及び、検証・本番環境にAWSを採用されたお客様のニーズに応えるために、開発・保守コスト削減を実現可能なキヤノンITソリューションズ株式会社の「Web Aviator」を開発ツールとして採用しました。AWS環境の提供及び、日立ソリューションズが提供する製品・ソリューションと連携したサービスを提供します。

AWSで稼動するクラウドアプリケーション開発基盤 Web Aviator イメージ

AWSで稼働するクラウドアプリケーション開発基盤 Web Aviator イメージ

AWSで稼動するクラウドアプリケーション開発基盤 Web Aviator 特長

クラウドで開発。どこでも稼働。 スピード開発・稼働ポータビリティを実現する「クラウド開発基盤」。
Web Aviatorは、高品質なWebアプリケーションの開発・検証・本番稼働を迅速に実現する「クラウド開発基盤」です。 開発は、AWSとWeb Aviatorの利用により工数やコストを大幅に削減できます。検証、本番は、AWSや他クラウド・オンプレミスで稼働する実行エンジンの提供によりポータビリティが確保できます。

クラウドでスピード開発

開発環境をクラウドにすることで、コストメリットはもちろんのこと、サーバ構築の手間、時間、場所などの制約から解放されます。具体的には、Web Aviatorの開発環境の構築は、AWS上に用意されたAMI(Amazon Machine Image)から起動するだけ。これにより、優れたGUIを搭載した開発ツールをAWSクラウド上で即座に利用できるため、スピード開発が実現できます。

実行環境の稼働ポータビリティを確保

Web Aviatorの実行環境は、AWSはもちろん、パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスの、どこでも稼働する実行エンジンにより、それぞれの環境に構築できます。 これにより、最初はオンプレミスを選択しても、AWSや他クラウドに簡単に移行できるため、将来的なパブリッククラウドへの移行やディザスタリカバリー対応など、お客さまのクラウド利用を柔軟に支援できます。

モバイルファーストの実現

開発ツールから、画面やロジックを直感的に定義するだけで、マルチブラウザ環境に対応したWebアプリケーションが開発できます。これにより、PCはもちろん、スマートデバイスでも稼働するモバイル用Webアプリケーションがスピーディに開発できます。

サービス内容

環境提供サービス Web Aviatorの開発及び、検証・本番環境の構築サービスと、AWS支払い代行サービスを提供します。 個別見積り
DB設計支援サービス お客様が設計されたDB構成について、システム要件を考慮した確認をお客様と共に実施します。

価格

お問い合わせください。

最終更新日:2015年7月8日